部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正とは|プチ矯正の施術内容と使用装置
-->
部分矯正
2016.06.3

部分矯正とは|プチ矯正の施術内容と使用装置

矯正治療を考えている方へ

歯の矯正治療は、お口の中のすべての歯をきれいに並べる全体矯正と、一部の歯をきれいに並べる部分矯正とがあることをご存知でしょうか?

一般的に、前歯から奥歯まですべての歯の不正歯列や不正咬合を矯正する場合に行う矯正治療が、全体矯正にあたります。

それに対し、前歯などのごく一部の歯列をきれいにする時に行う治療が部分矯正です。この治療は、全体矯正と比較すると、あまり費用をかける必要がなく、簡単かつ短期間に行えることが大きな特徴です。他の歯の歯列は問題がないのに、前歯の歯並びだけが気になるといったお悩みがある方には、この部分矯正が最適といえます。では、部分矯正とは具体的にどのような方法で治療を行うのかを詳しくお話ししていきます。

部分矯正の目的
部分矯正の目的

従来の矯正治療は、矯正をしたい歯が前歯のごく一部だけであっても、それ以外のすべての歯も含めて全体のバランスを見ながら矯正を行っていました。しかし、すべての歯の矯正を行うことで、治療期間と費用が大幅にかかってしまうことになっていました。また、本来矯正をする必要がない歯を動かしてしまうことで、却って噛み合わせに異常が出てしまうイレギュラーまで発生することがあったため、あまり効果的な治療とは言えませんでした。また、それに対し、歯を矯正するのではなく、歯に被せ物をつけることで見た目をきれいにするという審美治療もありました。

しかしこの方法は、被せ物を作るために歯をたくさん削らなくてはいけなくなるため、削った歯の神経の治療も併せて行わなくてはいけないといったことがありました。また、形のいい被せ物を作るために、あえて抜く必要がない歯を抜くという場合もありました。

この治療は、矯正治療と比べて治療期間を大幅に削減できるというメリットがありました。しかし、残せる歯を喪失しなくてはいけないというデメリットがあり、被せ物をつける歯自体に大きな負担をかけることになってしまいます。そのため、見た目は良くても、歯にとってはいい治療とは言えませんでした。そういった数々の問題点から、歯への負担と経済的負担が少なくでき、短期間で終えられる治療として考え出されたのが部分矯正でした。部分矯正は、矯正する歯自体にあまり負担をかけずに、なるべく自然な状態できれいに並べることを最大の目的としているため、痛みを感じない矯正治療としても評判を集めました。

部分矯正の治療内容
部分矯正の治療内容

前歯の見た目を悪くしている症例は、前歯が前方に突出している場合や、歯と歯の間が離れていて隙間ができている場合などの様々なケースがあります。たとえば、スペース不足により前歯が重なり合ってしまい、デコボコとした見た目をしているというケースでは、矯正する歯を少し削ることでスペースを作ります。そこに、矯正の装置をつけて歯を並べるといった治療をすることがあります。またそれに対し、歯のスペースには問題がないのに歯が正常な方向を向いていないといった場合は、歯を削ったりすることはあまりありません。矯正したい歯に装置を装着し、そのまま歯を正常な向きに動かしていくことで治療をしていきます。また歯並び以外では、前歯部の上下の歯が噛み合わせられないといった不正咬合の場合でも、部分矯正は有効な治療になることがあります。

このように、あくまで前歯部という限定的な範囲の歯列および咬合を整えることにおいて、部分矯正はその効果を発揮します。しかし、前歯に及ぶ不正歯列および不正咬合が、全体的な歯の並び方の影響によるものであった場合、部分矯正だけでは対応できない場合があります。それは自身で判断することは難しいため、矯正医の正確な診断が必要になります。

歯を動かさない矯正
歯を動かさない矯正

歯を動かす以外の方法として、顎の骨を大きくすることで歯を並べていく治療方法があります。これを床矯正といいます。この治療は、本来乳歯が生え変わる時期のお子様の、抜歯を必要としない矯正治療として、ドイツで生み出された治療方法でした。しかし大人の矯正にもこの方法は有効であるとして、一部の矯正歯科では成人矯正のひとつとして治療に取り入れているところがあります。

部分矯正で使用する装置
部分矯正で使用する装置

部分矯正の治療で使用される装置は、基本的にワイヤー矯正で使用する装置と、マウスピースタイプの2種類があります。ワイヤー矯正で使用する装置は、おもにワイヤーとブラケットのふたつを組み合わせたものです。ブラケットは金属のものと、白か透明の目立ちにくいタイプのものがあり、使用されるものは治療する医院によって変わってきます。また、装置は歯の表面につける場合と、裏側につける場合があり、矯正装置が目立つことを避けたい方には裏側につけられることがあります。

ワイヤー矯正の装置は、治療が完了するまで歯につけたままの状態になるため、食事や歯みがきの時に外すことはできません。ワイヤー矯正の装置に対し、マウスピースの場合は、透明のプラスチックの素材を使用し、歯を覆うようにして装置を装着します。

マウスピースは、ワイヤー矯正装置のように歯の動きに合わせて調節していくことはできないため、歯の動きに応じて、また新しい装置を作っていくことになります。マウスピースは着脱が可能なため、食事と歯みがきをする時には外すことができます。さらに、歯の矯正が完了した後は、必ずその状態をしばらく維持するために一定期間の歯の固定を行います。その際は、同じくワイヤーで固定する場合と、マウスピース(リテーナー)で固定する場合があります。

床矯正の場合は、顎の形に合わせて作ったプレート状の装置を装着します。これは、中に組み込まれたネジを回すことで、プレートが少しずつ拡大していく仕組みになっています。装置はマウスピースのように着脱が可能となっています。

多くの歯科医院で行われている部分矯正

部分矯正は、全体矯正のように複雑な歯列を治療する際の専門的な知識は必要としないため、矯正医以外の多くの歯科医師も積極的に行っている治療です。しかし、治療に使用する装置や、装置をつける場所によって、矯正の効果や治療に必要な技術が変わってきてしまうため、治療の際は慎重に矯正医を選ぶ必要があります。日頃から前歯の見た目が気になっている方は、今から短期間できれいな前歯を得ることができる部分矯正を始めてみてはいかがでしょうか。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション