部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 抜歯後のすき間を部分矯正で治療できるケースも!インプラントにするか悩んでいる方へ
-->
部分矯正
2017.02.9

抜歯後のすき間を部分矯正で治療できるケースも!インプラントにするか悩んでいる方へ

はじめに

歯はできるなら抜きたくないものです。しかし何らかの理由で歯を抜かなければならなくなった場合、その部分にすき間ができてしまいます。この失った部分の歯を補わなければいけませんが、インプラントにするのは抵抗があると考える方も当然いらっしゃいます。

抜歯後の歯のすき間を埋めるためには、インプラントしか方法はないのでしょうか。

歯を抜いたままによる影響
歯を抜いたままによる影響

「歯並びが良い」とはどういうことでしょうか。歯が綺麗に揃った見た目の美しさはもちろんですが、最も大切なことは「噛み合わせ」です。歯並びが良ければ噛み合わせも正しく機能しています。しかしせっかく歯並びが良くても、歯を一本失うだけで、歯車が大きく狂ってきます。

歯を失う理由は、深い虫歯や修復不能な歯のヒビなど色々ありますが、抜歯をしてそのままにしておくと、まず噛み合わせに変化が生じます。噛み合わせはわたしたちの健康に大変大きな役割を果たしており、噛み合わせが悪くなることで肩凝り、頭痛、顎関節症など様々な悪影響が起きます。また顔つきにも変化が起き、口元や顔全体のゆがみなどが生じてしまいます。

このように噛み合せは非常に重要なため、歯を失ったら噛み合わせの変化をふせぐために、失った歯の部分を補わなければいけません。一般的な治療の選択肢は、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントです。

外科処置を伴うインプラント治療

インプラントは、失った歯を補う機能としてとても優れています。機能や見た目はもちろん、他の歯に治療の影響を与えない良い治療法です。

しかし、インプラントは手術という外科処置を伴うこともあり、不安を抱える患者さまも多いのではないでしょうか。また顎の骨の状態や体質によっては、インプラント治療が行えない場合もあります。

<いちどインプラントを入れると、取り出すことは困難>
インプラントは顎骨に人工歯根を埋めて骨と結合させます。歯の部分である人工歯はともかく、インプラント体は余程のことがない限り取り出すことはまずありません。このため、いちどインプラントを埋めると再び取り出すことは困難であり、リスクも高くなります。

部分矯正で歯をうごかしていく
部分矯正で歯をうごかしていく

ではこのすき間を埋める方法は、インプラント以外に存在しないのでしょうか。

インプラント以外の治療法として考えられる方法は、歯のすき間箇所の部分矯正です。部分矯正は、歯並びが気になる箇所だけに装置をつけて矯正を行う治療法で、前歯などによく行われます。方法が可能なケースがあります。

このケースでは、対象となる歯にブラケットとワイヤーを装着して歯を移動させ、スペースを埋めて治療を行って抜歯後の隙間を直します。

<歯はどうやって動くのか>
歯列矯正と聞くと、歯を抜いて治すイメージがありますが、そもそも歯はいったいどうやって動いていくのか疑問に思う方も多いでしょう。歯をワイヤーなどで一定の方向に持続的な力を加えると、押された部分が貧血のような状態になります。

そこに破骨細胞という、顎の骨を溶かす細胞が作り出されます。顎の骨が溶けるということは、少しずつ歯が揺れ動き始めるということです。つまり歯に力がかかることで歯に動揺が生じ、徐々に動いていくことになります。

矯正治療が終了し、ワイヤーやブラケットを外して歯に力をかけなくなれば、再び骨が造られて歯が固定されていきます。主な矯正方法として、全体にブラケットと金具を着けて歯を動かす全体的な矯正と、必要な部分だけ行う部分矯正があります。

部分矯正のメリットとデメリット

部分矯正のメリットは、本格的な矯正治療に比べて治療期間が短いこと、気になる部分だけを治療できること、そして装置を付ける歯が少ないため費用を抑えられることです。

デメリットは、症例が限られること、そして全体的に矯正治療するよりも見劣りがする点が挙げられます。またブラケットやワイヤーは食べかすが残りやすいため、虫歯になる可能性があります。口腔内管理がきちんとできない方は、歯列矯正は向きません。

慎重に噛み合わせを考慮し、治療可能か精査する
慎重に噛み合わせを考慮し、治療可能か精査する

抜歯後のすき間を部分矯正で治療可能かどうかは、状態次第と言えます。

例えば、大臼歯を抜歯したケースで親知らずが生えている場合は、この親知らずを利用して歯を矯正していく方法が考えられます。この場合、親知らずが虫歯でなく、大臼歯の役割を果たす状態であることが前提となります。

もし両側に親知らずがある場合、抜歯をしてから部分矯正を始めます。歯が動き、抜歯したすき間がなくなっていくまでかなり期間を要しますが、全体を矯正するよりは部分矯正のほうが、期間が短くて済みます。歯の移動が終わり、すき間がなくなったところで噛み合わせに問題がなければ、治療は終了となります。その後も後戻りがないかなど、経過を観察し、噛み合わせなどをチェックします。

<歯並びそのものを矯正したい場合は有効手段>
抜歯部分だけでなく、歯並びが気になり、なんとか治したいと思われる患者さまにも、部分矯正は有効な治療法かもしれません。抜歯部分と、歯並びが気になる部位を部分矯正することで、すき間を埋めるだけでなく、歯並びも改善される可能性があります。特に前歯などよく目立つ部分を矯正治療することを視野に入れた治療は、一石二鳥かもしれません。

このようにインプラントに悩む方は、部分矯正という手段があります。しかしあくまで治療可能な症例に限られるため、噛み合せに問題がないかなど、良い結果の出る治療が出来るかどうかは歯科医師と相談が必要です。どんな治療においても、噛み合わせがいちばん大切になります。

選択肢の幅を広げて、自分にあった方法を選ぶこと

このように、抜歯した部分のすき間をなくす方法に、インプラントの他に、部分矯正による治療が可能かもしれないということをお伝えしました。

インプラントは機能面に優れ、他の歯に影響を与えない治療として優れています。しかしインプラントにする決心がつかない場合や、入れ歯やブリッジにも抵抗を感じる場合は、部分矯正が治療法としてひとつ選択が増えたことになります。

治療が可能な症例かどうかは歯科医師の判断によりますが、治療法はひとつではありません。歯科医師に相談し、納得のいく治療法を選ぶようにして下さい。

またインプラントでも部分矯正でも、自分の歯を守ることが大切です。セルフケアや歯科医院でのメンテナンスを怠らないようにすることが大切です。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション