部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正のメリットは?治療が向いてる症状とは?
-->
部分矯正
2017.02.12

部分矯正のメリットは?治療が向いてる症状とは?

はじめに

部分矯正は、最近ではプチ矯正とも呼ばれ、気軽に矯正治療を始められると希望される方が多い治療法です。気になる部分にのみ、矯正装置を付けて歯並びを改善する治療方法で、歯並び全体に装置を付ける一般的な矯正治療と比較すると、楽に、早く、安く治療を受けることができます。

装置を付けることに抵抗がある方や、時間やお金を掛けずに矯正治療をしたい方にとっては、とても魅力的な部分矯正ですが、全ての病状に適応できる治療法ではないようです。部分矯正とはどのような治療で、向いてるのはどのような病状なのでしょうか。

部分矯正のメリットは?
部分矯正のメリットは?

部分矯正は楽に、早く、安く治療を受けることができますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

<気になる部分だけを治すことができる>
部分矯正は奥歯の噛み合わせをそのままに、気になる前歯だけを動かして歯並びを整えることができます。全体的な矯正治療では、奥歯の噛み合わせが変わってしまうので、噛み合わせに慣れる必要がありますが、部分矯正ではその必要はありません。

また、部分矯正は一部の歯を動かすので、全ての歯に力をかける全体的な矯正治療に比べて痛みが少なくなります。

さらに、全体的な矯正治療では装置の違和感に慣れるのに時間がかかりますが、部分矯正だと比較的早く装置に慣れることができるので、楽に治療を進めることができます。
装置の種類によっては取り外しができるタイプもあるので、歯磨きがしやすく、口の中を清潔に保つことができるのもメリットです。

<治療期間を短くできる>
部分矯正は、基本的に軽度の凹凸などを治す場合に用いられるため、歯を動かす量が少ないと言えます。したがって、全ての歯を動かす全体的な矯正治療と比べて、治療期間を短くすることができます。

全体的な矯正治療は2〜3年かかるのに比べて、部分矯正は病状が軽度であれば、半分以下の6ヶ月〜1年程度で治療を終えることができます。ただし、治療後に整った歯並びをキープする為のリテーナーと呼ばれる保定装置をつける必要があり、これは全体的な矯正治療後も同じです。

<費用を安くできる>
部分矯正は使用する装置が少なく、治療期間も短いため費用を安くすることができます。全体的な矯正治療は60万円〜120万円程度かかりますが、部分矯正は5万円から30万円程度との費用で治療が行えます。

安いといっても、病状の程度やどのような装置を使うかによって費用は大きく違ってくるので、治療を始める前にしっかりと確認する必要があります。

具体的な治療方法は?

一言に部分矯正といっても、病状などによって治療法が異なります。担当医の診断の上、数種類の装置を組み合わせて効率的に治療する場合もあります。

<ブラケットによる治療>
ブラケットという装置を歯の表面に付けて、そこにワイヤーを通し、歯に力をかけて動かしていく矯正方法です。全体的な矯正治療でも一番多く使用する装置で、効率よく歯を動かすのに適しています。歯の表面に金具が付くため、なるべく目立たないように矯正したい場合には、目立たない色のブラケットを使用することもできます。

また、歯の内側にブラケットをつけて歯を動かす舌側矯正という方法もありますが、こちらは表面に装置をつけるのに比べて費用が高く、違和感が強い場合があります。

<マウスピースによる治療>
前歯のでこぼこや、歯のすき間が軽度の場合に有効なのがマウスピース矯正です。透明なマウスピースを装着して歯を動かす方法で、目立たず、取り外しができるのがメリットです。歯と歯の間を少し削って隙間を作り、マウスピースを装着して歯並びを整えていきます。

ひとつのマウスピースに歯並びが合ってくると、また次のマウスピースを作る方法で、何個ものマウスピースを使い、少しずつ歯を動かしていきます。長時間使わないと歯が動かないので、担当医から指示された装着スケジュールを守ることが必要になります。

マウスピースのみの治療だけではなく、ブラケットを付けた治療後の微調整として、補助的に使用する場合もあります。

部分矯正に向いてる病状は?
部分矯正に向いてる病状は?

部分矯正を進めるにあたって大切なのは、部分矯正に向いてる病状なのか見極めることです。無理に部分矯正を進めると、歯が思うように動かないなどのトラブルが起こる場合があるので注意が必要となります。

部分矯正は一部の歯を少しだけ動かすのに向いています。前歯のでこぼこが少し気になる、少し開いている隙間を閉じたいなど、比較的軽い病状の場合に有効な治療方法です。

また、矯正治療後に少し後戻りしてしまって、再度ブラケットを全体的に付けるのに抵抗がある場合にも用いられます。

さらに、前歯にセラミック製の被せ物を入れる、審美治療の前に部分矯正をする場合もあります。歯の根の位置を揃えてから被せ物を入れると、歯や歯ぐきと調和した美しい被せ物を入れることができます。

部分矯正に向かない病状は?

病状が重く、歯を動かす量が多い場合は、残念ながら部分矯正に不向きな病状と言えます。前歯の数本でもでこぼこが酷く、抜歯が必要な場合や、受け口などで骨格的な治療が必要な場合、奥歯の噛み合わせを改善したい場合などがこれに当たります。

このような病状には、全体に矯正装置をつけて治療をしたほうが、結果的に美しい歯並びに仕上がります。また、病状が軽度でも歯並びを完璧に治したい場合も全体的な矯正治療をおすすめします。

部分矯正に向いていない病状であっても、どうしても部分矯正を希望される場合は、少し歯と歯のスペースが残ってしまうことや、でこぼこが残ってしまう場合があることを理解した上で治療を受ける必要があります。美しい歯並びを手に入れる事ができる矯正治療ですが、時間も費用もかかります。そして、装置を付け始めた頃は痛みや違和感があったり、歯磨きがしづらかったりと、大変なこともあります。それなりの覚悟が必要な治療になるので、なかなか治療に踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

「前歯のこの部分だけ治したい」と思っている方にとって、部分矯正は非常に大きなメリットがある治療方法です。しかし、気軽に出来る分、適応できる病状は限られており、仕上がりが完璧ではない場合もあります。

ご自身の歯並びをどの程度改善したいのか、担当医にしっかりと伝えた上で、治療方法を選択する事が大切になります。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション