部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 抜歯しない親知らずを部分矯正で利用できるケース
-->
部分矯正
2017.03.20

抜歯しない親知らずを部分矯正で利用できるケース

はじめに

現在、社会人女性を中心に人気を集めている『部分矯正』。『部分矯正』は全体の歯並びのごく一部を矯正するものであり、全体矯正よりも費用が抑えられ、治療期間が短く済むことが特徴です。そのため、「全体の歯並びは問題ないものの、ごく一部の歯並びだけ気になっている」。「目立つところだけでも一時的に歯並びをきれいにしたい」といった要望を持つ方におすすめとなっている治療です。ところが『部分矯正』で治療できるのは目立つ場所だけとは限らないということはご存知でしょうか。今回は抜歯してしまうケースが多い親知らずを、意外なことに利用する『部分矯正』の例についてご紹介します。

奥歯の大切さ
奥歯の大切さ

すべての歯のなかで、もっとも大きな歯である2本の奥歯。いわゆる大臼歯は、全身に力を入れたり食事をしたりする時などに一番顎の力がかかるところでありながら、ほかの歯と比べると歯の根が短いために真っ先に失われやすい歯です。

そのため大きな虫歯になったり歯周病にかかってしまったりすると歯の寿命がとても短くなりやすく、長く持つことなく抜歯してしまうケースが多いのです。もし奥歯を2本とも失ってしまった場合、また新たに噛み合わせを作るためには「部分入れ歯」か「インプラント」しか歯を再現する方法はありません。「部分入れ歯」の場合、自然な歯と比べると強度と安定感が失われるため、以前のようにしっかり噛むことが難しくなります。

さらに「インプラント」の場合、「部分入れ歯」に比べると自然に近い噛み合わせを再現することができるものの、治療期間が長くかかる上に高額な治療費が必要になります。それに対し、奥歯が1本でも残っている場合、2本の歯を使い擬似的な歯を1本つけて3本の歯にすることができる「ブリッジ」を作ることができます。そのため奥歯は1本でも残っていることにより、治療期間が短く治療費も抑えつつ安定した噛み合わせを作ることができるのです。

抜いた奥歯をそのままにすると…

奥歯を2本とも失ったにも関わらず、まだ残っている歯で食事をすることができるからといって抜けた歯をそのままにしておくことはあまり良いことではありません。ここでは奥歯を抜いたままにしておくことで将来的に起こりえるケースについてご紹介します。

<他の歯を失いやすくなる>
左右のうち片方の奥歯を失うと、人は無意識のうちに奥歯が残っている方の歯を中心に使うようになります。これにより残っている方の奥歯は以前よりもたくさん使われることになり、言い換えれば重労働を強いられているような状態になります。そのため次は必然的にもう片方の奥歯が失われるリスクが高くなるのです。もし左右の奥歯を失ってしまえば今度こそしっかりと噛む力は失われ、次は残っている他の歯に負担がかかることになります。このようにどんどんと歯が失われていく負のサイクルが生まれてしまうことのなるのです。

<歯が伸び出す>
歯はある程度生えてくればそれ以上変化することはないと思い込んでいる方は非常に多いと思います。ところが我々の歯には、上から抑えるものがないとどこまでも伸び続ける性質があるのです。そのため上下の顎に歯が生えていることで互いに歯が伸びることを無意識のうちに制御しており、もし片側の奥歯が失われるともう片側の奥歯が伸びて出してきてしまうのです。

<歯が伸び出すことによる悪影響>
歯が伸び出してしまうと2つの悪影響が出てしまいます。

1つは長く伸びた奥歯が歯ぐきにあたり痛みが出ることです。要するに歯を抜いたところはそのままになっているため、上下の歯を噛み合わせた際に長く伸びてしまった奥歯が歯を抜いたままになっている歯ぐきへと当たるというわけです。

2つめは、新たに噛み合わせを作ろうとすると伸びた歯を削らなくてはいけないことです。実は歯科診療において被せ物や入れ歯などを作る際、歯科医師や歯科技工士は常に「クリアランス(隙間、空間という意味)」というスペースを考慮しています。その理由は、被せ物や入れ歯には長く使えるようにするためと、すぐに破損してしまわないようにするためにある程度の「強度」が必要であるためです。「強度」を保つためにはどうしてもある程度の「厚み」が求められ、その被せ物や入れ歯に「厚み」を作るためにはそのぶんだけの「クリアランス」がなくてはいけません。

もし「クリアランス」がない状態で厚みのある被せ物や入れ歯を作ってしまうと、被せ物や入れ歯を入れた部分だけ歯があたり、他の歯はすべて浮いた状態になってしまいます。その場合は被せ物や入れ歯を削ると強度が失われてしまうため、伸びてしまった自身の歯を削らなくてはいけません。

しかし自身の歯をたくさん削ってしまえば、今度は歯の厚みが失われるため、冷たいものがしみるようになってしまうこともあります。また歯の神経があるところまで削らなくてはいけなくなった場合は、最悪神経を取り除く治療もしなくてはいけません。このように歯が伸び出してしまうことには何のメリットもなく、ただ悪戯に治療を増やすことにしかならないのです。

親知らずを使ったブリッジを作る

親知らずはもともと、はるか昔からなぜ存在しているのかを疑問視されている歯でした。その理由は、遠い昔の人類の代から親知らずは滅多に生えてくることのない歯であり、生えてきたとしても正常に生えてくることはなかったからです。あるいはもともと親知らずを持たない例(先天性欠損)の方が今よりも多かったとのこと。そのため昔に比べると今の人類は親知らずを持っている人や親知らずが生えてくる人が多くなったということになるそうです。その影響により現代の歯科治療では親知らずの抜歯の治療が珍しくなくなったわけです。

しかしこの親知らずが生えてくるスペースがなかったために歯ぐきのなかに埋まった状態であるという人は、幸運と言えます。奥歯を2本とも失ってしまったものの、もし親知らずが抜かれずに残されている場合、この親知らずを利用してブリッジを作ることができる場合があるためです。その方法とは、歯ぐきのなかに埋まっている親知らずを外に出てくるようにすることと、できるだけ残されている歯に親知らずを接近させることです。

親知らずを移動させるためには、すべての歯まで矯正する必要はありません。よって『部分矯正』により親知らずを移動させるのです。そして親知らずがある程度まで残っている歯と接近したら、親知らずと残った歯をつないだブリッジを作ります。部分入れ歯とインプラントを作ることに比べると、残された自身の歯を利用した違和感のない噛み合わせができることから、実践することに意義のある治療と言えます。

個人差がある親知らず
個人差がある親知らず

親知らずは人によって形も状態も異なる場合があります。そのため歯がとても小さい場合や真横に傾いている場合など、あまり状態が良くないケースではブリッジに適さないこともあります。また親知らずを残しておくことで将来的な保険になる可能性があると言っても、多くの場合はトラブルになったことで親知らずが抜歯されているため、決して無理は禁物です。もっとも最良なのは2本の奥歯を失わないようにすることであるため、歯は大事に使うように心がけましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション