部分矯正 コラム
部分矯正
2016.06.3

部分矯正のデメリット|全体矯正と比較しながら治療イメージを

部分矯正の向き不向き

全体矯正と比較し、安い費用と短い期間で行える部分矯正は、患者様にとって気軽に行える矯正治療として人気を集めています。また、全体矯正のように使用する装置をワイヤー装置などに限定されないことから、患者様の希望により矯正方法を選ぶことができる点も魅力的なところといえます。そして痛みを感じない矯正治療ができることも、部分矯正が選ばれるポイントといえます。

しかし、前歯という非常に限定的な場所の矯正は、その奥の歯を動かすことができないため、きれいに並べることにある程度の限界が生まれてしまいます。そのため、奥歯も含めたきれいな歯並びを求める方には、全体矯正が適切になってきます。そういった部分矯正でできることと、全体矯正でなくてはできないことについてお話ししていきます。

コラム全文を読む