部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正デメリット > 部分矯正のデメリット|全体矯正と比較しながら治療イメージを
-->
部分矯正
2016.06.3

部分矯正のデメリット|全体矯正と比較しながら治療イメージを

部分矯正の向き不向き

全体矯正と比較し、安い費用と短い期間で行える部分矯正は、患者様にとって気軽に行える矯正治療として人気を集めています。また、全体矯正のように使用する装置をワイヤー装置などに限定されないことから、患者様の希望により矯正方法を選ぶことができる点も魅力的なところといえます。そして痛みを感じない矯正治療ができることも、部分矯正が選ばれるポイントといえます。

しかし、前歯という非常に限定的な場所の矯正は、その奥の歯を動かすことができないため、きれいに並べることにある程度の限界が生まれてしまいます。そのため、奥歯も含めたきれいな歯並びを求める方には、全体矯正が適切になってきます。そういった部分矯正でできることと、全体矯正でなくてはできないことについてお話ししていきます。

噛み合わせの改善
噛み合わせの改善

前歯はその形状から、奥歯よりも上下の歯が噛み合わさる時に接触する面積が少ないため、歯と歯が噛み合わせられなくても、そのことに違和感を覚える人はあまりいません。

しかし、前歯は食べ物を細かく噛み切るハサミとしての役割があり、それが食べ物を噛み砕く時に奥歯にかかる負担を軽減させています。そうすることによって、将来的に奥歯が長く使えるようにしているのです。

そのため、上下の歯が噛み合わさっていない前歯は、奥歯に負荷をかけてしまっていることになります。そういったケースの矯正治療は、部分矯正よりも全体矯正が適切であることが多くなってきます。特に、上顎と下顎が極端にずれてしまっていることが前歯を噛み合わせられない原因となっている場合は、全体矯正による治療が必要になってきます。

でこぼこした前歯の改善
でこぼこした前歯の改善

歯と歯の隙間が不足しているために、前歯が重なり合ってでこぼこしてしまっている場合、部分矯正ではきれいに並べることにある程度の限界が出てしまいます。その理由は、体がある程度成長してから生えてくる一番奥の歯と、さらに奥から生えてくる親知らずが隙間不足に至る原因となることが多いからです。

親知らずは、体の成長がほぼ止まった頃に生えてくるため、きれいに生えるためのスペースが足りないことが多く、そのほとんどが抜歯に至るケースが多いようです。それに対し、一番奥の歯は食事をする上で大切な歯になってくるため、やむを得ない理由がない限り、滅多に抜いたりすることはありません。そうすると、奥歯が生えてきたために前歯がでこぼこになってしまった場合は、前歯だけを矯正してもきれいに並べることは難しくなります。そのため、この場合では全体矯正がふさわしくなってきます。それでも費用や治療にかける期間が限定されてしまうことから部分矯正を選ばれた場合、歯と歯の間を削ることでスペースを作るという方法もあります。しかし、矯正後の見た目は全体矯正をした後に比べて劣る可能性が出てきてしまいます。そういった場合を想定した、ある程度の妥協も必要になってきます。

突出した前歯の改善
突出した前歯の改善

上の前歯の先端が前方に飛び出したような状態の、いわゆる出っ歯と呼ばれる前歯は、部分矯正よりも全体矯正が適切であることが多くなります。その理由は、出っ歯のおもな原因は上顎の骨の形にあるからです。顎の骨の形が原因で前歯が突出してしまっている場合、これを上顎前突症といいます。上顎前突症は、先天的なものと後天的なものがあります。先天的なケースは、生まれつき上顎の骨が下顎よりも発達している遺伝的な原因がある場合です。後天的なケースは、指をしゃぶる、タオルを噛んで引っ張る、爪を噛むなどの上顎を内側から外へ押し出すような原因となる癖があった場合です。

上顎前突症は、極端な出っ歯となる重度の場合、部分矯正のような歯列を整える方法では完全に治すことはできません。場合によっては抜歯を含む全体矯正や、上顎の外科治療が必要になってくる場合もあります。また、先天的に上顎前突症の傾向があったとしても、重度に至る原因はおもに後天的な原因によるところが大きいようです。そのため、早いうちに悪癖を改善することで、重度に至ることを避けられる場合もあるようです。もしご家族やご親戚のお子様にそういった心当たりがある方は、普段から悪癖をしていないかを注意して観察してみるといいかもしれません。

お子様の矯正治療
お子様の矯正治療

大人になってから行う成人矯正と比べ、子供の矯正治療は部分矯正よりも全体矯正が適切といわれています。その理由は、子供は体の成長とともに顎の骨も広がっていく上に、乳歯から永久歯に生え変わることで噛み合わせも変化し続けるからです。生え変わる歯の順番は基本的に決まっており、下の前歯から生え変わりが始まると、最後は上の奥歯が抜け変わっていきます。その生え変わりの順に応じて顎の骨も成長していき、乳歯よりも大きな大人の歯が出てこられるように体が準備をします。それに合わせた矯正治療を行うためには、部分的な矯正では対応できないため、すべての歯を矯正できる全体矯正が適切になってきます。特に、歯の生え変わりに合わせて顎の骨を人為的に大きく広げていく床矯正治療は、将来的に抜歯を含んだ矯正をする必要がなくなる全体矯正として注目されてきています。

この矯正治療は、取り外しが可能なプレート状の装置を使用しているため、ワイヤー矯正などに比べ、むし歯になるリスクは低く、学校へ行く時は外していくことができます。また、治療自体は自身で装置を調節して行えるため、負担を感じにくいものになっており、ゆるやかなスピードで治療を進められるため、痛みも感じにくくなっています。この矯正は、早く始めることでより効果を発揮するため、お子様の歯並びが気になる方はご相談くださいませ。

矯正の理想と現実

患者様が求める治療と医師が推奨する治療が食い違ってしまうと、必ず治療に妥協点が生まれてしまうものです。また、そういった場合は医師から教えられた自身の歯の状態を自覚しつつ、治療に対する要望を重視した治療をするかどうかを選ぶ必要が出てきます。しかし、治療を受けられる患者様自身がしっかり納得しなくては、どのようないい治療もあまり意味をなしません。治療に対して求める結果とその効果を正しく理解し、自身に合った治療をしてくことが大切なことになっていきます。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション