部分矯正 コラム
-->
部分矯正
2016.07.27

中学生以下での治療について|部分矯正の疑問

早いうちに矯正を始めるメリット

矯正治療は早いうちに始める方がいいという声も聞くかもしれません。では、子供のうち矯正治療進めることでどのようなメリットがあるのでしょうか?
矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために、顎を広げる治療を行う場合もあります。その際、顎が柔らかい子供は将来、歯を抜歯せずに治療を進められる可能性が高まります。大人の矯正治療では、大きく歯を動かすのに時間がかかったり、移動が難しいケースも出てきます。そういった事態に陥る前に治療をし、進めてしまうことが出来るのです。
その他には、顎の発育を妨げるような歯並びや癖がある場合、それを改善して、顔が成長していくバランスを整えることが出来ます。そのままにしておくと、後々、顎の関節が痛くなったりして、手術をしなければ治らないケースも出てきます。そういったリスクを抑えることも出来るのです。こういった成長のコントロールは、成長期の限られた年齢の時期しか出来ない矯正治療でもあります。中学生以下であれば一部にワイヤーをかけるだけの部分矯正で済む場合もあるのです。
しかしながら、矯正治療によるデメリットも存在します。子供の矯正は多くの場合において、顎の骨の成長が終わる中学生頃まで経過を観察する必要があります。それにより、必然的に治療期間が長くなることもあるのです。また、矯正の治療をしていると、一時的に見た目が悪くなるものです。口を開けたり、笑った際に矯正装置が見えるものです。それにより、一時的に歯並びが悪く見えることもあります。
小児矯正を行った後に、大人になっても矯正治療が必要になることもあります。受け口の方は、大人になってから外科的に治療が必要になる可能性が高くなります。そして、小児矯正に使用する装置は、家庭でお子様に装着してもらうタイプのものということもあり、本人が治療に協力的でないと、よい結果が出にくくなることがあります。小さなお子様をもつ保護者の方としては、頭が痛い問題です。

コラム全文を読む

部分矯正
2016.07.25

出っ歯と原因と削る必要性|部分矯正の疑問

出っ歯の原因とは?

出っ歯の原因は様々ですが、原因の一つとして、顎の大きさがあげられます。上顎が大きい、下顎が小さい、等の状態であれば前歯が出ているように見えるものです。顎の大きさは遺伝に影響されることもあり、一概に原因は特定できません。そのため、治療法も様々な種類があります。咬み合わせに問題がなく、前歯が出ている箇所だけを治す場合には、部分矯正で治療が可能なケースもあります。
このような出っ歯の原因としてまずあげられるのが、前歯の大きさです。前歯が生え始める際に歯に栄養が多く行き渡り、結果としてサイズも大きくなってしまうことも考えられます。サイズが大きくなるとスペースに歯が収まりきらず、前に出てきてしまいます。親知らずが生え始めると、歯並びが悪くなる原因の一つともいわれています。
また、子供の場合には、普段の癖が原因で前歯が前に出てきてしまうこともあります。出っ歯になる原因として、よくあげられるのが、子供の頃に癖があるなど、日常的な生活習慣の問題です。噛み合わせや歯並びが悪くなることの原因といわれています。
例えば、一般に言われていることとして、赤ちゃんの時に、おしゃぶりを歯で咬み、破ってしまう、指や爪を噛んでいたりする、頬杖をつくなど悪い姿勢の人などが、出っ歯になる可能性が高くなることがあると言われています。
しかしながら、このような癖が出っ歯の原因であれば、出っ歯を治すことができる可能性が高くなります。歯を引っ込める治療を行ったとしても、癖を治すことができないと、その後、元に戻ってしまうというリスクが高くなります。 後天的な出っ歯の場合では、歯だけではなく、生活習慣や癖も一緒に治すようにすることが大切です。
その他には、指しゃぶりや舌を前に突き出してしまう癖をはじめ、爪を噛む、口呼吸なども原因の1つです。こうした癖により、前歯に力が加わり、一か所だけ向きが変わってしまう、前に飛び出てきてしまうことが考えられます。子どものうちは、その癖を治すだけで歯並びが改善される可能性もあります。大人になってしまうと、長年の生活で付いた癖はなかなか解消出来ないものです。まずは、歯科医院で癖を治す治療から進めることをおすすめします。

コラム全文を読む

部分矯正
2016.07.23

歯ぎしりをしてしまう方の治療|部分矯正の疑問

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりをしていると、歯がすり減りダメージを受けるのはもちろん、顎関節にも悪影響があります。最悪の場合、知覚過敏を起こしたり、顎関節症により、口が開かなくなってしまうこともある恐ろしいものです。
では、歯ぎしりの原因は何なのでしょうか?一つの原因はストレスです。ストレスにより、日常的に筋肉が緊張をしていると睡眠時に噛みしめたりする症状が引き起こされます。人は普段リラックスしている状態では、上と下の歯は離れている状態になっています。普段から歯を噛む癖がある方は歯が触れている状態になっていることもあります。普段から歯が咬み合わないよう意識することも大切です。
また、虫歯の治療をして、詰め物や差し歯を入れていくうちに歯の咬み合わせが合わなくなってしまうこともあります。高くなっている場所があり、そこが当たることで歯ぎしりを発生させていることも。中には、歯ぎしりをする癖が付いてしまっている人もいます。パソコンをしている最中や、テレビを見ているときなど、無意識に歯を咬み合わせていることもあるので注意が必要です。
元々、咬み合わせが悪い方もいますので、そうなると普段から歯を噛みしめる習慣が付きやすい場合もあります。一部だけ歯の並びが悪い場合には、部分矯正を行い、スムーズにものを噛むことができるようにすることもおすすめです。

コラム全文を読む

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション