部分矯正 コラム
部分矯正
2016.07.27

中学生以下での治療について|部分矯正の疑問

早いうちに矯正を始めるメリット

矯正治療は早いうちに始める方がいいという声も聞くかもしれません。では、子供のうち矯正治療進めることでどのようなメリットがあるのでしょうか?
矯正治療では、歯を並べるスペースを作るために、顎を広げる治療を行う場合もあります。その際、顎が柔らかい子供は将来、歯を抜歯せずに治療を進められる可能性が高まります。大人の矯正治療では、大きく歯を動かすのに時間がかかったり、移動が難しいケースも出てきます。そういった事態に陥る前に治療をし、進めてしまうことが出来るのです。
その他には、顎の発育を妨げるような歯並びや癖がある場合、それを改善して、顔が成長していくバランスを整えることが出来ます。そのままにしておくと、後々、顎の関節が痛くなったりして、手術をしなければ治らないケースも出てきます。そういったリスクを抑えることも出来るのです。こういった成長のコントロールは、成長期の限られた年齢の時期しか出来ない矯正治療でもあります。中学生以下であれば一部にワイヤーをかけるだけの部分矯正で済む場合もあるのです。
しかしながら、矯正治療によるデメリットも存在します。子供の矯正は多くの場合において、顎の骨の成長が終わる中学生頃まで経過を観察する必要があります。それにより、必然的に治療期間が長くなることもあるのです。また、矯正の治療をしていると、一時的に見た目が悪くなるものです。口を開けたり、笑った際に矯正装置が見えるものです。それにより、一時的に歯並びが悪く見えることもあります。
小児矯正を行った後に、大人になっても矯正治療が必要になることもあります。受け口の方は、大人になってから外科的に治療が必要になる可能性が高くなります。そして、小児矯正に使用する装置は、家庭でお子様に装着してもらうタイプのものということもあり、本人が治療に協力的でないと、よい結果が出にくくなることがあります。小さなお子様をもつ保護者の方としては、頭が痛い問題です。

コラム全文を読む