部分矯正 コラム
部分矯正
2016.07.23

歯ぎしりをしてしまう方の治療|部分矯正の疑問

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりをしていると、歯がすり減りダメージを受けるのはもちろん、顎関節にも悪影響があります。最悪の場合、知覚過敏を起こしたり、顎関節症により、口が開かなくなってしまうこともある恐ろしいものです。
では、歯ぎしりの原因は何なのでしょうか?一つの原因はストレスです。ストレスにより、日常的に筋肉が緊張をしていると睡眠時に噛みしめたりする症状が引き起こされます。人は普段リラックスしている状態では、上と下の歯は離れている状態になっています。普段から歯を噛む癖がある方は歯が触れている状態になっていることもあります。普段から歯が咬み合わないよう意識することも大切です。
また、虫歯の治療をして、詰め物や差し歯を入れていくうちに歯の咬み合わせが合わなくなってしまうこともあります。高くなっている場所があり、そこが当たることで歯ぎしりを発生させていることも。中には、歯ぎしりをする癖が付いてしまっている人もいます。パソコンをしている最中や、テレビを見ているときなど、無意識に歯を咬み合わせていることもあるので注意が必要です。
元々、咬み合わせが悪い方もいますので、そうなると普段から歯を噛みしめる習慣が付きやすい場合もあります。一部だけ歯の並びが悪い場合には、部分矯正を行い、スムーズにものを噛むことができるようにすることもおすすめです。

コラム全文を読む