部分矯正 コラム
部分矯正
2016.07.23

歯ぎしりをしてしまう方の治療|部分矯正の疑問

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりをしていると、歯がすり減りダメージを受けるのはもちろん、顎関節にも悪影響があります。最悪の場合、知覚過敏を起こしたり、顎関節症により、口が開かなくなってしまうこともある恐ろしいものです。
では、歯ぎしりの原因は何なのでしょうか?一つの原因はストレスです。ストレスにより、日常的に筋肉が緊張をしていると睡眠時に噛みしめたりする症状が引き起こされます。人は普段リラックスしている状態では、上と下の歯は離れている状態になっています。普段から歯を噛む癖がある方は歯が触れている状態になっていることもあります。普段から歯が咬み合わないよう意識することも大切です。
また、虫歯の治療をして、詰め物や差し歯を入れていくうちに歯の咬み合わせが合わなくなってしまうこともあります。高くなっている場所があり、そこが当たることで歯ぎしりを発生させていることも。中には、歯ぎしりをする癖が付いてしまっている人もいます。パソコンをしている最中や、テレビを見ているときなど、無意識に歯を咬み合わせていることもあるので注意が必要です。
元々、咬み合わせが悪い方もいますので、そうなると普段から歯を噛みしめる習慣が付きやすい場合もあります。一部だけ歯の並びが悪い場合には、部分矯正を行い、スムーズにものを噛むことができるようにすることもおすすめです。

マウスピースでの治療
マウスピースでの治療

歯ぎしりの防止策として、マウスピースの着用があげられます。睡眠時に付けるナイトガードと呼ばれる歯ぎしり防止専用のマウスピースです。お湯につけて柔らかくなったところを装着する市販のタイプもありますが、自分の歯にフィットさせるためにも、歯科医院で製作することをおすすめします。製作は保険が適用されるため、約5,000円~作ることが出来ます。
マウスピースの着用によって歯を守ることが出来ますが、根本的に歯ぎしりを防ぐことは出来ません。しかしながら、歯ぎしりによる歯の摩耗を防ぐことが出来るため将来的な歯の寿命を長くすることが出来るのです。年齢を重ねるごとに歯は削れていきますが、歯ぎしりによる磨耗は歯の寿命を極端に短くしてしまいます。歯ぎしりによって歯の表面が削れ、歯周病、虫歯を引き起こしてしまうこともあるのです。
また、セラミック等を入れている方は強度の高いセラミックを入れていたとしても、割れや欠けの原因を作ってしまいます。特に奥歯には強い力が加わるので、セラミックの表面に使われる陶材等は簡単に欠けてしまうこともあります。歯ぎしりの癖がないと思っている方でも、実は無意識に行っている可能性もあるので、注意が必要です。

まとめ
まとめ

歯ぎしりには様々な要因がありますが、いずれも簡単には改善が難しいものです。ストレスが原因の場合もあれば、日常的な癖で歯を噛みしめてしまっている場合もあります。咬み合わせが悪いことで常に歯が当たり、歯ぎしりを誘発していることもありますが、その場合には矯正治療を行い、歯並びを整えることで改善されるケースもあります。歯の一部分だけの治療であれば、部分矯正で治療できることもあります。
また、歯ぎしりの影響により歯が削れたり、欠けたりするだけでなく、差し歯にも悪影響を与える恐れもあります。高額なセラミックを入れる際には、まず歯ぎしりの癖がないか確認し、すぐに割れて作り直すことがないように気を付けましょう。
マウスピースの装着により、歯を守ることが出来るため、まずは歯科医院で製作し、寝るときには必ずつける習慣を作ることが大切です。保険適用で製作が出来るため、少しでも早くマウスピースの製作を行うことをおすすめします。
マウスピースにはソフトタイプとハードタイプがあります。ソフトタイプは柔らかいため、違和感が少なく装着が出来ますが、穴が開きやすいことから噛みしめるタイプの歯ぎしりに向いていると言われています。反対にハードタイプでは違和感が大きく、気になる方もいますが、丈夫で壊れにくいメリットがあります。