部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正期間 > 部分矯正短期間 > 各矯正箇所や状態によって異なる部分矯正の期間
-->
部分矯正
2016.08.2

各矯正箇所や状態によって異なる部分矯正の期間

部分矯正とは

部分矯正は治療を行う箇所や状態によって、治療の流れが変わってきます。全体を矯正するケースと比較して、治療期間が短くなる、費用が抑えられるというメリットがあります。部分矯正を行う箇所も様々ですが、特に人目につきやすい前歯だけを矯正するケースも多いものです。
例えば、奥歯の歯並びは問題ないけれど、前歯の2本だけが捻れているような並びになっているなどです。歯の並びで印象も大きく変わってくるので、人と接するお仕事の方など、部分矯正で前歯を治すという方も増えているのです。
その他にも、出っ歯、八重歯、隙っ歯と呼ばれる歯の状態にも、部分矯正で対応することが可能です。
しかしながら、部分矯正が出来ないケースも存在します。では、それは一体どのような状況なのでしょうか?歯のがたつきを治したい場合は部分矯正で対応が可能ですが、歯のがたつきが大きく、歯を抜歯する必要があるケースでは対応が難しくなります。歯を動かす距離が大きくなるため、歯全体の矯正が必要になってきます。
歯並び、咬み合わせによっては、部分矯正での治療が可能なケースもありますので、まずは歯科医院で相談、カウンセリングを受けることで、治療期間や治療の流れが分かります。

治療期間はどれだけ違う?
治療期間はどれだけ違う?

歯全体を矯正する場合、治療期間は1年以上かかるケースが多いものです。基本的に歯を1ミリ動かすために、必要な時間は1ヶ月と言われています。全体矯正の場合、奥歯を移動させスペースを作り、そこに歯を動かしていく手順が必要になるなど、治療期間が長くなりがちです。
特に、開咬と呼ばれる口を閉じた状態でも前歯に隙間が生じてしまうケースなど、咬み合わせにも問題が生じ、歯全体の治療が必要になると、長期の治療が必要になります。
その一方、部分矯正では、ケースにもよりますが、前歯のがたつきを治す治療で、6ヶ月で理想の歯並びへの治療が完了したという例もあります。通常の矯正と比べても、半分で治療を終えることが出来るのです。お仕事で通院の時間がなかなか取れない方など、歯科医院へ通う回数も少なくなるため、適しています。
部分矯正は笑顔の際など、目立ちやすい前歯で多く行われている治療法です。結婚や進学など人生の節目のイベントに応じて、前歯の矯正を行う方も多くいらっしゃいます。最近では、就職活動の面接へ向けて、好印象をもってもらうため、歯の矯正を行う方も増えてきています。
治療期間以外に治療費も抑えられる点も部分矯正が選ばれる理由の1つになっています。

装置によって特徴が異なる
装置によって特徴が異なる

部分矯正をするにあたり、様々な選択肢があります。一般的に矯正というとワイヤーで歯を動かす装置と思われがちですが、最近では矯正装置の種類も増えてきています。よく知られているワイヤーを使用した矯正装置はブラケット矯正と呼ばれるもので、基本的に着脱は出来ないタイプです。それに対し、患者様で着脱が可能なタイプがマウスピース矯正です。1日の多くの時間を装着している必要はありますが、食事や歯磨きの際など矯正装置を外すことが出来ます。ワイヤーを止める金具は金属性のものが多いですが、セラミックを使用したタイプもあります。白いセラミックを使用することで、目立ちにくく、矯正をしていることが分かりにくくなるメリットがあります。費用はやや高くなりますが、見た目を気にする方にはおすすめです。
その他には、インプラントを歯ぐきに埋め込み、そこからワイヤーを歯に固定し、矯正を行うインプラント矯正という矯正治療もあります。歯を動かす際に、ワイヤーをかけますが、インプラントを支点にワイヤーをかけることで、他の歯に複雑に固定をする必要がなくなります。治療後には、インプラントは撤去します。

まとめ
まとめ

部分矯正は、全体矯正と比べ、短い期間で治療を終えることが出来、さらに治療費も抑えられることから、注目されている治療法です。しかしながら、適応可能なケースは限られているため注意が必要です。
歯のがたつきが大きいケースや、抜歯が必要なケースは適応が出来ない場合もあります。抜歯を行うとほかの歯を動かし、スペースを埋める治療を行うため、全体の歯を動かし、並びを整える必要があるのです。
全体矯正が1年以上かかるケースが多いのに対し、部分矯正は半年で治療が終わる場合もあります。歯の状態でも治療計画や治療期間が変わるため、まずは歯科医師のカウンセリングを受けることをおすすめします。
部分矯正で行う治療法は、様々な治療法があります。以前はワイヤーで歯を動かす治療が一般的でしたが、近年では金属の留め具の代わりにセラミックを使用し、目立たなくする治療をはじめ、歯ぐきに埋め込んだインプラントを支点に、動かしたい歯にワイヤーをかけるインプラント矯正など、見た目を美しく、矯正治療を行うケースも可能になりました。女性をはじめ、接客業や営業を行う方など、年齢や性別を問わず、見た目を気にする患者様でも気軽に治療を受けられることから、矯正治療を行う方も増えてきています。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション