部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正メリット > 部分矯正のメリット|予算・期間・対象の歯について
-->
部分矯正
2016.06.3

部分矯正のメリット|予算・期間・対象の歯について

見えるところを治す矯正治療

人から見えてしまう前歯が少しだけ曲がっている、といったような、決して深刻ではないけれども気になってしまうちょっとしたお悩みをお持ちの方に、部分矯正をおすすめいたします。

部分矯正は、前歯という限定的な場所の歯並びをきれいにする矯正治療であり、大がかりな矯正治療に比べ、少ない期間と費用で治療することができます。

また、歯を失わずに保存していく治療が重視されてきている現在の歯科医療において、同じく保存治療に適した部分矯正を積極的に扱っている医師は増えてきています。ここでは、部分矯正の魅力とその特徴についてお話しいたします。

短い期間で終わる矯正治療
短い期間で終わる矯正治療

部分矯正ができるのは基本的に前歯のみになります。前歯は奥歯と違い、歯の根が1本だけであるため、奥歯と比べて歯が動きやすいことから従来の矯正と比べ、短い期間で治療を終えられることができます。たとえば、全体的な歯の矯正を行う場合、不正歯列もしくは不正咬合の複雑さによって期間は変わってくるものの、最短でも1年以上かかります。

それに対し、前歯だけ行う矯正治療は、どんなに長くかかっても約6ヶ月程度で治療が終えられます。また、矯正の際にどういった矯正装置を使用するかによって、治療期間がさらに変わってくることがあります。この場合、歯の表側につけるワイヤー矯正装置が治療を早く終わらせることに向いています。症例の程度によって多少の期間は変わりますが、約2ヶ月~3ヶ月で歯をきれいに並べることができます。しかしこのワイヤー矯正は、装置が少々目立ってしまうというデメリットがあります。逆に目立たない装置を使用した場合、歯の裏側にワイヤー矯正装置をつけることで、最短で約6ヶ月~8ヶ月かかるといわれています。また、透明なマウスピース(アライナー)タイプの矯正装置を使用した場合は、最短で約6ヶ月~1年かかるといわれています。

このように、矯正で使用する装置がより目立たないものへ移行するごとに、治療期間や治療が終わるまでの見通しが変わってきます。しかし、マウスピースタイプの場合、ワイヤー矯正装置よりも装着していることに違和感がないため、装置を長い期間つけていても苦にならないというメリットが効果的になってきます。

苦痛を感じない矯正治療
苦痛を感じない矯正治療

部分矯正では、矯正する場所が前歯になってくるため、従来の全体矯正と比べて違和感が少なく、痛みも感じにくいといわれています。その理由は、歯の根が3~4本ある奥歯を動かす全体矯正の装置は、大きく耐久性のある装置を使用しなくてはいけません。

それに対し、前歯は歯の根が1本だけであり、従来のものよりも小さな装置で優しく歯を動かすことができるため、違和感や痛みをあまり覚えないようです。痛みに敏感な人によっては、装置をつけたばかりのうちは多少の痛みを感じる場合もあるようですが、だいたい2~3日で症状は落ち着くことがほとんどのようです。

また、マウスピースタイプの装置の場合は、ワイヤー矯正に比べて歯を動かす力が劣るため、そのぶんだけ痛みも感じにくくなっています。ただし、前歯をきれいに並べるためのスペースが足りなかった場合などは、歯のサイズを小さくするために歯を削らなくてはいけないといったケースもあるようです。

自分でできる矯正治療
自分でできる矯正治療

部分矯正の治療のひとつである床矯正は、ワイヤー矯正やマウスピースタイプと異なり、患者自身が矯正を管理する治療です。

ワイヤー矯正の場合、歯が動くごとに、医師による調節が必要になります。またマウスピースの場合も、歯が動くごとに新しいものに作り替えなくてはいけなくなります。そういった矯正の段階に応じて通院が必要になるワイヤー矯正やマウスピースに対し、床矯正の装置は中にあるネジを調節することで矯正を進めていくことができます。そのため、治療を自分で管理でき、通院はほぼ定期検診のみになり、治療にあまり負担を感じることがありません。

治療にかかる費用
治療にかかる費用

すべての歯に矯正を行う全体矯正と比較し、圧倒的に費用を抑えることができるのが部分矯正の最大のメリットです。

全体矯正の場合、不正歯列および不正咬合の複雑さによって費用は変わってきますが、最低でも100万円以上はかかるといわれています。

それに対し、部分矯正の場合は、ワイヤー矯正の場合は10万円~40万円程度に費用を抑えられます。またマウスピース矯正の場合は、ワイヤー矯正と比較すると少々費用があがってきますが、それでも30~40万円と全体矯正の1/3に抑えられます。

装置は目立ちにくく、治療に時間がかかってしまうものほど費用が高くなってきますが、どの治療も全体矯正より高くなってくるものはありません。そういったリーズナブルさから、部分矯正が患者様にとって治療を始めやすい矯正治療という印象を与えているようです。

審美治療と比較して
審美治療と比較して

前歯は見た目がとても重視される場所であるため、被せ物を作ることできれいにする方法を取ることもあるようです。しかしこの方法は、被せ物をつける歯をたくさん削らなくてはいけなくなってしまいます。細くなってしまった歯は、非常にしみやすくなり、生活に影響してしまう可能性があるため、歯の中の神経を取り除く治療をすることがほとんどです。そうすることで、歯の症状は出なくなりますが、神経を取った歯は将来的に割れてしまう可能性があるため、あまり良い方法とはいえません。

また、形のいい被せ物を入れるために問題のない歯を抜かなくてはいけないこともあり、さらに歯を喪失することへつながることもあります。しかし、矯正治療に比べ、治療の期間をさらに短くできることから、審美治療を選択する場合もあるようです。歯を失わずに、そのままの歯をきれいに並べていく部分矯正は、先を見通した治療ともいえるようです。

部分矯正には正確な診断が不可欠

前歯の歯並びは、その部分だけに影響している場合と、すべての歯から影響している場合があります。部分矯正が有効的なのは、その部分だけに影響している歯並びであるため、必ずしもすべての前歯の歯並びを矯正できるわけではありません。また簡単な方法で矯正ができるかどうかは、矯正医の正確な診断が必要になる場合もありますので、事前に専門医に相談をしてから部分矯正を始められるといいかもしれません。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション