部分矯正 コラム
部分矯正
2016.06.3

部分矯正の費用 | 全体矯正との違いと保険適用の有無

部分矯正について簡単に解説

矯正と聞くと歯全体に、矯正装置をつけて治療を行うというイメージを持つ人も多いかもしれません。しかしながら、気になる箇所だけ、治したいなど矯正の範囲が狭い場合には、部分矯正を行うことができます。前歯の並びだけを綺麗にしたいなど、部分的に矯正装置を付けて治療を進めていきます。

インプラントが入っている方は歯全体に負荷がかかる全体矯正では、インプラント自体に負担がかかり、トラブルの原因になります。そのため、お口の中の状況によっては部分矯正の方が向いていることもあります。また、違和感が少なくなるというメリットもあり、全体にワイヤーが入ると口内炎などが心配、という方にも向いています。

部分矯正は全体矯正と比べて治療期間が短くなるというメリットもあります。通常、全体矯正において、治療が終わるまでの期間は2、3年といわれています。ワイヤー治療が終わっても、歯が元の位置に戻ってしまわないように、マウスピースで固定します。部分矯正においても、マウスピースで戻りを防ぐ点は変わりませんが、ワイヤー矯正の期間が短くなります。治療が終わるまで、半年から1年といわれています。

実際に患者様がやってしまいがちな例をあげると、汚れを落とそうとするあまり、硬いブラシでゴシゴシとこすってしまい、表面に傷が付きやすくなってしまうという点があります。そうして付いた小さな傷の隙間にまた汚れが入ってしまい、さらに汚れやすくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。そのため、研磨剤を含む洗剤のような、傷が付きやすいグッズでのお掃除も避けましょう。

コラム全文を読む