部分矯正 コラム
トップページ > コラム > 部分矯正 > 部分矯正費用 > 部分矯正の費用 | 全体矯正との違いと保険適用の有無
-->
部分矯正
2016.06.3

部分矯正の費用 | 全体矯正との違いと保険適用の有無

部分矯正について簡単に解説

矯正と聞くと歯全体に、矯正装置をつけて治療を行うというイメージを持つ人も多いかもしれません。しかしながら、気になる箇所だけ、治したいなど矯正の範囲が狭い場合には、部分矯正を行うことができます。前歯の並びだけを綺麗にしたいなど、部分的に矯正装置を付けて治療を進めていきます。

インプラントが入っている方は歯全体に負荷がかかる全体矯正では、インプラント自体に負担がかかり、トラブルの原因になります。そのため、お口の中の状況によっては部分矯正の方が向いていることもあります。また、違和感が少なくなるというメリットもあり、全体にワイヤーが入ると口内炎などが心配、という方にも向いています。

部分矯正は全体矯正と比べて治療期間が短くなるというメリットもあります。通常、全体矯正において、治療が終わるまでの期間は2、3年といわれています。ワイヤー治療が終わっても、歯が元の位置に戻ってしまわないように、マウスピースで固定します。部分矯正においても、マウスピースで戻りを防ぐ点は変わりませんが、ワイヤー矯正の期間が短くなります。治療が終わるまで、半年から1年といわれています。

実際に患者様がやってしまいがちな例をあげると、汚れを落とそうとするあまり、硬いブラシでゴシゴシとこすってしまい、表面に傷が付きやすくなってしまうという点があります。そうして付いた小さな傷の隙間にまた汚れが入ってしまい、さらに汚れやすくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。そのため、研磨剤を含む洗剤のような、傷が付きやすいグッズでのお掃除も避けましょう。

部分矯正と全体矯正の価格の違い
部分矯正と全体矯正の価格の違い

全体矯正より治療期間が短くなる部分矯正ですが、では実際の治療費用はどれくらい異なるのでしょうか?ワイヤーを使用する矯正の場合、表面にワイヤーを付けるタイプや目立たない歯の裏側に付けるタイプなど種類があります。いずれのタイプもブラケットと呼ばれるワイヤーをつなげるための留め具を歯の表面に付け、そこにワイヤーを通していきます。そのワイヤーを締めることで歯の動きを調節していきます。全体矯正では歯全体の動きを見ながら、咬み合わせも含めて、理想的な歯の位置へ動かせるよう治療を行っていきます。治療期間も長くなることから、通院ごとにかかる処置料も多くなります。一般的に毎月の処置料+60万~120万といわれています。

部分矯正の場合、装着する歯の本数も少ないことから、治療費用も抑えられます。約5~30万円で、それに処置料が加算されますが、全体矯正と比べても安価で治療を行うことができます。もちろん、製作にかかる時間も全体矯正と比べて短いため、価格も抑えることが出来ます。

また、マウスピースタイプの矯正装置の場合は全体矯正と部分矯正でさほど費用は変わりません。コンピューターでデータを見ながら、設計、制作をしていきます。どのような設計でも製作するマウスピースは1つであることから、動かす歯の本数の影響を受けにくいのです。設計の手間はありますが、製作もコンピューターで行うことが費用面でメリットとなります。マウスピースタイプの場合、部分矯正にしても歯全体を覆うタイプで治療を行います。実際の治療でも一定の期間ごとに、マウスピースを付け替えていく作業になるため、部分矯正にしたからといって、治療費用に大きな変化はありません。

保険適用について
保険適用について

基本的に歯の矯正は自由診療です。虫歯の治療とは異なり、美容が目的となるケースが多いためです。歯科に限らず必要最低限の治療以上は自由診療となり、全額負担の場合がほとんどのため、歯科矯正は高価なものというイメージが付き物です。100万以上かかるというイメージを持っている人も多いかもしれません。セラミックやインプラント治療と並んで高価な歯科治療といえるでしょう。特に矯正治療は、治療期間が長期に及ぶため、トータルでの治療費用は高額になってしまうものです。なかなか、治療に踏み切れないと思われるかもしれませんが、実は従来の健康保険の3割負担で治療が行える場合もあるのです。

では、どういったケースで保険が認められるのでしょうか?まず大事な点は日常生活を送るうえで不便があるという点です。必要最低限の治療が保険の原則ですが、例えば咬み合わせが悪く、日常的な食事をするのも不便を感じるようであれば、それは治療が必要ということで保険が認められるケースもあるのです。

不正咬合であれば咬み合わせが反対になっていて、食事を食べるうえで困ることもあるでしょう(咬み合わせが逆になる反対咬合)。出っ歯といわれる上顎前突も当てはまります。あるいは、顎変形症と呼ばれる極度な受け口の咬み合わせなどで、上下で咬みあう位置がずれてしまう症状も適用されるケースがあります。顎変型症は、顎の大きさが左右で異なるなどの場合、外科的な手術も並行して行う必要がある場合もあります。そのような症状を持った患者様は保険適用で歯科医院へいくことができます。

まとめ

矯正には全体矯正と部分矯正があります。どちらが向いているなどはありませんが、部分矯正は気軽に始められるというイメージを持っている人もいるかもしれません。確かに部分矯正は治療期間も全体矯正と比べて短いものです。また、治療期間が短く、材料や調整の機会も少ないことから安価で始められる矯正でもあります。まずは前歯だけで治療を始める人もいます。全体矯正と比較して1/3以下の治療費用で矯正を行うことが出来るケースもあります。

しかしながら、全体の咬み合わせの修正には部分矯正ではカバーできないなどデメリットもあります。咬み合わせの矯正が入った場合には、全体矯正をおすすめしています。自分の症状や目的と比べて、最適な治療法を選択することが大切です。

また、高額な矯正治療ではありがたい、国の制度を活用する方法もあります。一般的に矯正は美容目的とされていて、自由診療の治療で行われることが多いですが、皆さんが加入している健康保険での治療が可能なケースもあるのです。虫歯などの治療は健康保険で行われていますがどのようなケースで健康保険が適用されるのでしょうか?顎や咬み合わせの病気など日常生活に不便が生じ、治療が必要なケースなど、症例によって適用される場合が限られてしまいます。ですが、費用面で矯正治療をあきらめている方は、一度検討してみるのもいいかもしれません。安価で行える治療法が見つかる可能性もありますので、カウンセリングだけでも行ってみるのもいいでしょう。まずは歯科医師に相談して、自分に合った治療法を見つけましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション