マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > マウスピース矯正中に虫歯治療は可能?歯科矯正と同時で行える治療について
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.12.14

マウスピース矯正中に虫歯治療は可能?歯科矯正と同時で行える治療について

はじめに

歯を矯正している真っ最中なのに虫歯になってしまった、といった経験はありませんか?

従来のワイヤー矯正は歯の表面を装置に覆われてしまうため、歯ブラシが届きにくくなったりフロスが通せなくなってしまったりすることで虫歯のリスクがあがります。それにより矯正を中断し、虫歯の治療をしなくてはいけなくなってしまうケースは少なくありませんでした。

矯正中に虫歯は治せるのか?
矯正中に虫歯は治せるのか?

しかし近年は、マウスピースタイプの矯正装置が広まってきたことにより、マウスピースを使用した矯正治療が主流となってきています。ワイヤー矯正と比較し取り外しが可能であるこの装置は、矯正をしている最中でも普段どおりに歯みがきを行うことができるのがこの装置の特徴のひとつ。それにより装置の影響で虫歯になることはワイヤー矯正と比べて少なくなりました。しかしそれでも虫歯になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

今回は、マウスピース矯正の最中に虫歯になってしまった場合についてご紹介します。

矯正中にできる虫歯治療

結論からお答えすると、マウスピースによる矯正中の場合、矯正をしながらの同時の虫歯治療は可能です。ワイヤー矯正の場合、虫歯になった場所を治療しようとすると矯正の装置がどうしても邪魔になり精密な治療ができないため装置を外さなくてはいけません。しかしそうすると矯正を一度中断しなくてはならず、装置を外してまたつけるという二度手間にもなってしまいます。そのため緊急性がない虫歯の治療は、すぐに治療をせずにそのまま様子を見るということもあります。

虫歯は必ず治療をしなくてはいけないものとそうでないものとがあります。そのため、医師の判断により虫歯をあえてすぐに治療せずに、矯正が終わってから治療をすることもあるのです。ワイヤー矯正をしている時は、虫歯はできてしまっても当たり前であり、虫歯ができてしまったとしても焦らないというのが従来の考え方です。

しかし、患者のなかには虫歯の進行がとても早い人もいれば、虫歯があるのに治療をしないことに強い不安を覚える人もいます。無論虫歯が進行してしまえば虫歯の治療だけでなく歯の根の中の治療もしなくてはいけませんし、虫歯を治してもらえないことで医師に対する不信感も生まれてしまいます。そういった患者の場合は虫歯ができたとしてもすぐに治療することができるマウスピース矯正の方が、相性が良いと言えます。マウスピース矯正は装置をすぐに取り外すことができます。そのため、小さな虫歯の治療であれば治療後の装置への影響も少ないことから、すぐに虫歯の治療を行うことが多いのです。

ただし、マウスピース矯正は装置を長時間装着していなくてはならず、その間は全体の歯の唾液の循環をシャットアウトすることになります。それによっても虫歯のリスクはあがってしまいますので、装置を取り外しできるマウスピース矯正であれば虫歯にならないという勘違いをしないように気をつけましょう。

<矯正中に可能な治療>
マウスピースでの矯正中に同時にできる治療は虫歯の治療のほかにもあります。そのなかでも特に多くの医師が薦めているのは歯のホワイトニングです。その理由は、マウスピース矯正は長い時間装置を歯につけていなくてはいけないため、それを利用して歯を白くすることもできるからです。

ホワイトニングは、歯を白くする効果がある薬品ジェルをつけた装置を一定時間歯に装着することで行います。そのため、矯正で使用している装置に薬品ジェルを注入し、それを装着することで歯の矯正と歯の漂白を同時に行えるという寸法です。これは歯の並びだけでなく見た目までも美しくできることから、成人女性を中心に評判となっている治療です。

また、意外と知られていないのがインプラント治療と平行して行う矯正治療です。なぜインプラントと矯正が関係しているのか、と感じる方は多いと思われますが、実は歯の噛み合わせと非常に関係しているのです。インプラントは歯を失ったところにまた新たに人工の歯(噛み合わせ)を作る治療です。自然な歯は上下の歯を噛み合わせた時に歯にかかる負担を、歯の骨と根の間にある歯根膜という細胞のクッションが分散しています。しかしインプラントは歯の骨に直に埋め込まれるため、歯を噛み合わせた時にインプラントにかかる負担は分散されません。

またインプラントと自身の歯との噛み合わせのバランスが悪いと、後者にもダメージを与えることになり、顎関節症につながったりすることもあります。そのためインプラントにとって良い噛み合わせはとても重要なものであり、インプラントを入れるにあたり矯正を行い、噛み合わせを整える準備が行われるのです。

しかも、インプラント治療は矯正と同様に治療が終わるまで何ヶ月もかかるため、矯正と同時に行うには相性が良い治療です。このように、矯正と同時に行うと効果的な治療というものは複数あるのです。

<矯正中にできない治療>
一方で、矯正をしながら同時に行えない治療もあります。それは歯周病の治療です。ただし一言に歯周病の治療と言っても、治療にはステージがあります。スケーリングで歯の表面についている歯石を取る簡単な治療から、深いところに入り込んだ歯石を取る大がかりな治療まで、そのすべてを総称して歯周病の治療なのです。

そのなかでも深いところにある歯石を取る治療は、矯正と同時に行うことは難しくなります。なぜなら、この治療は外科治療に相当してくるからです。またこの治療にもステージがあり、ひとつは麻酔をして歯周ポケットの深いところにある歯石を掻き出す治療です。もうひとつは麻酔をしたあと、さらに歯肉を切り剥がして歯石を取る治療があります。

こういった治療をしたあとは必ず治療後の痛みが伴うものであり、歯に痛みがある状態で矯正を行うことはできません。そのため歯周病の治療は矯正を始める前に行うことがベストであり、矯正と同時にできるとしたらスケーリングといった簡単な治療くらいと考えるべきでしょう。

予防することも大切なこと
予防することも大切なこと

矯正治療と同時にできる治療とできない治療についてご紹介させていただきましたが、マウスピース矯正は装置を取り外すことができるため、こういったお話も出てきます。しかしマウスピース矯正のメリットのひとつである、装置を取り外せることで十分な歯みがきが行えるということを忘れてはいけません。

このメリットを十分活かすために、事前に歯みがき指導を受けることにより虫歯のリスクも歯周病のリスクも下げることができます。また矯正以外の治療をすることで余分な治療費をかけてしまわないためにも、装置を外して矯正ができるというメリットをしっかり活用するようにしましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション