マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > マウスピース矯正中の虫歯予防 大人の場合はフッ素だけじゃ不十分?
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2017.01.19

マウスピース矯正中の虫歯予防 大人の場合はフッ素だけじゃ不十分?

はじめに

歯列矯正の方法として、歯にブラケットとワイヤーを固定して歯を動かすマルチブラケット矯正と、マウスピースのような形をした取り外し可能なマウスピース矯正があります。矯正中はどうしても虫歯になりやすいため、虫歯予防が必要になります。虫歯予防と聞くとフッ素塗布が一般的ですが、それ以外に出来ることはないでしょうか。

今回は、マウスピースやブラケット矯正中はなぜ虫歯になりやすくなるのか、その原因と対策を説明します。

マウスピース矯正のメリットとデメリットは

マウスピース矯正の最大のメリットは、装置が目立たないことです。マルチブラケット矯正は、歯の表面にブラケットとワイヤーを着けたまま過ごすため、どうしても装置が見えてしまいます。これに対し、マウスピース矯正は透明のマウスピース型を歯に装着する方法のため、見た目がほとんどわかりません。このため、周囲に矯正装置が見えにくく、仕事をしている人も気にせず矯正治療を行うことができます大人の場合は、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置が見えることに抵抗がある場合が多いため、矯正を行っていることがわかりにくいところが大きなメリットです。またブラケット矯正と違い、マウスピースは自分で取り外しが可能です。そのため食事のときはマウスピースを取り外して食事ができるため、ブラケットやワイヤーなど矯正装置に食べ物が付くわずらわしさがありません。そのため歯磨きなど口腔内のケアが行いやすいところもメリットです。

デメリットは、症例にによっては別の治療と併用する可能性があること。またどこの歯科医院でも行なわれているわけではないので、歯科医院に確認が必要です。また、歯ぎしりが強い人もマウスピースが割れてしまう可能性が高いため、マウスピースによる矯正は難しくなります。

矯正中は虫歯になりやすい
矯正中は虫歯になりやすい

矯正装置をつけていると、装置部分が磨き残しやすいため、どうしても虫歯になりやすくなります。歯みがきをきちんと行うことが基本ですが、それだけでは不十分で、プラスアルファの虫歯予防対策が必要です。

<フッ素塗布>
子どもの場合、虫歯予防としてフッ素塗布を行うことが一般的です。フッ素は歯の再石灰化を促す作用があるため、歯科医院でもよく使われます。食べかすなどに付着した虫歯菌が出す酸により、歯のエナメル質が溶け始めることを脱灰と言いますが、この脱灰が続くと虫歯になります。虫歯にならないためには、歯の再石灰化が必要となり、フッ素塗布を行うことで再石灰化を促し、エナメル質を補修します。子どもの場合は、生えたばかりの永久歯はまだエナメル質が柔らかく脱灰しやすいため、フッ素塗布は効果的ですが、マルチブラケット矯正中はブラケットが取れやすいという欠点があります。

<キシリトール配合のタブレットなどを摂取する>
フッ素同様、キシリトールも歯の再石灰化を促します。キシリトール配合のガムを噛むことが効果的ですが、矯正中はガムの粘着性のためブラケットが取れやすくなります。代わりにおすすめが、キシリトールタブレットです。タブレットは歯や装置にくっつく心配がないため、ガムを噛むよりも安心です。特に歯科専売の商品はキシリトール100%配合のものがほとんどのため、より高いキシリトールの効果が得られます。

<フッ素配合の歯磨き粉やジェルを使用する>
最近の歯磨き粉は予防効果をうたったものが多く、子供用から大人用までフッ素配合の商品がたくさん発売されています。毎食後の歯磨きをフッ素入りの歯磨き粉を使って磨くことは基本の予防策です。また寝る前の虫歯予防対策として、フッ素ジェルも効果が期待できます。歯磨きのあとにフッ素ジェルを歯の隅々まで行き渡らせ、一度だけうがいをします。フッ素は長く口の中にとどめておかなければ効果が薄いため、寝る前のフッ素ジェルはうがいを控えるか、一度だけにしておきます。寝ている間は唾液分泌が少なくなるため、虫歯菌をはじめとした細菌が多く繁殖します。そのため、就寝前のフッ素コーティングは虫歯予防として非常に有効と言えます。

フッ素塗布だけでなく、セルフケアと歯科医院でのメンテナンスを

虫歯は、歯と歯の間から広がっていきます。そのため、フロスの使用は欠かせません。歯の表面の汚れはブラッシングで落とす事ができても、歯と歯の間の食べかすはなかなか綺麗に落とすことができません。矯正中はまだ歯並びも整っていないため、どうしても磨き残しが出てしまいます。まずはフロスを使って、歯と歯の間の汚れを取り除きます。歯ブラシの毛先では届かない隙間も、フロスなら綺麗に取り除くことができます。マウスピース矯正はマルチブラケット矯正のように装置が固定されていないため、歯磨きやフロスがやり易いでしょう。またマウスピースは取り外しができるため、マウスピースそのものを、入れ歯洗浄剤などを使って除菌できます。一日使ったマウスピースは唾液中の細菌が付着しているため、清潔にしておく必要があります。

マウスピースは、長時間マウスピースを装着することで歯に唾液が行き渡りにくくなります。唾液は虫歯菌などの細菌を洗い流してくれる作用があるため、マウスピースを装着していると、どうしても歯の再石灰化が行われにくくなります。そのため、食後の歯磨きまた寝る前にマウスピースにフッ素ジェルを流し込んで装着すると、フッ素が行き渡りやすくなります。そして、定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けることで、落としきれていない汚れや歯石などを除去することも大切です。自費治療になりますが、MIペーストやリナメルなど、歯の再石灰化を促進するものを塗ってもらうことで、さらに虫歯予防効果が高まります。

このように、歯列矯正は虫歯予防がとても大切です。せっかく歯並びを綺麗にしても、虫歯ができてしまっては台無しです。子どもの虫歯予防はフッ素と日常の歯磨きでほぼ予防ができますが、大人の場合はフッ素にプラスの要素としてフロスの使用と、歯科医院でのクリーニングや予防処置が虫歯予防の効果として期待できます。歯列矯正は、歯科医院だけでなく患者の努力が成功の分かれ道です。せっかくお金をかけて綺麗にするので、口の中のケアにもしっかり気を使い、美しい歯並びを手に入れるようにして下さい。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション