マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > インビザライン(マウスピース矯正)治療中に必要な「アライナーチューイー」とは?
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2017.02.24

インビザライン(マウスピース矯正)治療中に必要な「アライナーチューイー」とは?

はじめに

インビザライン治療について、今回はこの治療にとって必要性の高い「補助アイテム」についてご紹介します。

ワイヤー矯正において「顎間ゴム」という矯正アイテムが使われるように、インビザラインにも治療を進めるためにとても必要性のあるアイテムがあるのです。

アライナーチューイーについて

インビザライン(マウスピース矯正)に欠かせないアイテム、それは『アライナーチューイー』といいます。『アライナー』とは装置のことを指し、『チューイー』とは『噛む(Chewy)』ということを指します。つまり単純にインビザラインをしながら噛むアイテムなのです。

しかしインビザライン治療において、なぜ『アライナーチューイー』というアイテムを使うのでしょうか。その理由については2点あります。

<装置をしっかりつけるため>
ひとつはアライナー(装置)をしっかり歯にはめこむことが目的です。アライナーは基本的に手を使い、着脱を行うものです。しかし手でアライナーをしっかり押し込んでも、実際は完全にはまっていないことが多いのです。その理由は、インビザラインのアライナーが僅かな歯の隙間にも入り込むように非常に精密に作られているためです。

さらに矯正をはじめたばかりのうちはまだ歯が動き出していないため、どうしても装置がしっかりはまりにくいのです。

よってアライナーを手で強く押し込んでも、よく観察すると僅かにアライナーが浮いているところが見られます。それは効率よく歯を動かすために「アタッチメント」という突起を歯につけて矯正をしているケースであれば、よりアライナーがしっかりはまっていないことがあります。

アライナーがしっかりはめられていなくては、医師の指示通りにアライナーを装着していても確かな効果は表れません。よって、アライナーをつけたあとに『アライナーチューイー』を噛むことで初めてアライナーがしっかりはめられるのです。

しかしアライナーをしっかり装着するだけであれば、普通に歯をカチカチと噛み合わせればいいのではと考える方もいるかもしれません。確かに人の「噛む力」は、最大で自身の体重と同じくらいの力が出るとされています。ところがその「噛む力」は、何か「噛むもの」が口のなかにあってこそ発揮できるものなのです。

「噛む力」は顔の筋肉を使うことで発揮されるため、筋肉はただ動かすだけではパワーを発揮できません。よって噛むことにより、その噛む力を押し返すような弾力があるものが口のなかにあることで、初めて顔の筋肉がパワーを発揮し「強く噛む力」を出すことができるわけです。そのためアライナーを僅かな隙間もなく装着するために『アライナーチューイー』は必要なものになるのです。

<治療を早く進めるため>
さらに『アライナーチューイー』を使う理由はもうひとつあります。それは矯正治療を効率よく進めるためです。ちなみに矯正では、ワイヤー矯正やマウスピース矯正を問わずに治療を効率よく進めるために「顎間ゴム」というものを使用することがよくあります。これはゴムの伸縮する力により、歯を動かすことを目的としています。

そして本題の『アライナーチューイー』の場合、歯がアライナーに早く馴染むようにするために行います。というのも、矯正をはじめたその日から5日ほどの間はアライナーによって歯を動かされることに慣れなくてはいけない期間となります。その間はアライナーもしっかり装着しづらく、歯もアライナーによって動かされることに慣れていないため『アライナーチューイー』を噛むことが効果的なのです。

『アライナーチューイー』を噛むことでアライナーがしっかり歯に装着できるだけでなく、噛むことにより歯も動かされることになります。それにより早いうちから効率よく歯を矯正できるのです。

またインビザラインのアライナーの交換のタイミングは2週間前後となっています。これを『アライナーチューイー』を継続して使うことで、交換のタイミングを数日早めることも可能になることがあります。よって『アライナーチューイー』を積極的に使用することで矯正期間の短縮にもつながりやすくなります。

<唾液の分泌を促す効果>
『アライナーチューイー』を噛むという行為は唾液腺を刺激するため、唾液(よだれ)が多く出る効果にもつながります。唾液(よだれ)は口のなかの乾燥を防止するため、雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

また唾液(よだれ)のなかには多くのミネラルが含まれているため、歯がそのミネラルを吸収することで再石灰化することができます。そのため、唾液(よだれ)は多く出れば出るほど虫歯の予防につながります。

アライナーチューイーの使い方
アライナーチューイーの使い方

ここで『アライナーチューイー』の正しい使い方や注意点についてご説明します。ぜひ参考にしてみて下さい。

<『アライナーチューイー』の使い方>
アライナーは『アライナーチューイー』を一度や二度噛むだけではしっかりはまりません。よって奥歯から前歯まで満遍なくアライナーをぴったり装着するために、順序に従って『アライナーチューイー』を噛むようにしましょう。

まず奥歯から『アライナーチューイー』を噛み始め、2~3分ほど噛んだら手前の歯に『アライナーチューイー』を移動させましょう。そうして前歯まで『アライナーチューイー』を移動させ、これを左右交互に行います。

奥歯から前歯に向かって『アライナーチューイー』を噛んでいき、これを左右両方の歯でやることで1セットとします。これを3セット繰り返すか、20分間行うようにしましょう。

<継続して使用できる>
『アライナーチューイー』は、一度だけでなく数度にわたり使い続けることができます。そのため一度使ったあとは水でよく洗い、乾燥させてからまた使うようにしましょう。

ちなみに『アライナーチューイー』は使い続けるうちに弾力性が失われていきます。もし噛み応えを感じなくなってきてた時は新しいものに交換しましょう。

<やりすぎに注意>
『アライナーチューイー』を継続して使用することで矯正が効率よく進められるからといって、『アライナーチューイー』をやりすぎるのには要注意。顎を痛めてしまう原因になることもあります。そのため『アライナーチューイー』を使うのは一日一回、噛む時間は20分~30分程度にとどめるようにするといいでしょう。

アライナーチューイーの重要性

インビザライン(マウスピース矯正)にとって『アライナーチューイー』がいかに必要なものであるかがご理解いただけたかと思います。

しかしこの『アライナーチューイー』は、インビザラインを行っている医院であればどこでも使っているとは限らないようです。もしインビザラインを始めるのであれば、効率よく治療が進められる『アライナーチューイー』を扱っている医院を選ばれるとよいかもしれません。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション