マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > 女性の需要だけではない!成人男性にもおすすめのインビザライン
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2017.03.11

女性の需要だけではない!成人男性にもおすすめのインビザライン

はじめに

大人の矯正治療は、女性が主にするものだとお考えの方は多いのではないでしょうか。歯並びを気にしている方は必ずしも女性ばかりとは限りません。矯正治療が流行りはじめた昨今、男性のあいだでも矯正治療をはじめる方が増えてきています。

しかし、矯正装置をつけたまま社会生活を送ることに強い違和感や抵抗を感じてしまう方は少なくないかと思われます。そういった矯正を考えていてもなかなか始めることができない悩める男性の方々に、今回は矯正治療の重要性と今からでも始められるおすすめの矯正治療をご紹介します。

矯正治療のメリット
矯正治療のメリット

歯並びをきれいに整えることは、歯の見た目をよくすることだけが目的ではありません。その理由は、歯並びはさまざまなことに影響するからです。まずは今からでも矯正をはじめることのメリットについてご紹介します。

<虫歯や歯周病の予防>
歯並びを矯正することは、虫歯や歯周病の予防につながります。虫歯と歯周病は普段からよく歯みがきをしているつもりでもなってしまうものだとお考えの方がいるかもしれませんが、それはとんだ思い違いです。十分に行き届いた歯みがきは虫歯と歯周病をしっかり予防することができます。

ただし、歯みがきが行き届くするようにするためには歯が歯みがきをしやすい歯並びである必要があります。たとえば、矯正が必要なケースで特に日本人に多く見られる「叢生」と呼ばれる歯並び。これは歯がデコボコに並んでいるために虫歯と歯周病のリスクが高くなることから積極的に矯正をするべきであるとされています。なぜならば、歯がデコボコに並んでいるとどうしても歯ブラシがあたる場所とあたらない場所ができてしまうからです。

十分に磨けていないところは次々と虫歯や歯周病に罹患してしまい、将来的に早くすべての歯を失ってしまう可能性が高くなるのです。歯並びを整えることで初めて歯みがきの際にすべての歯に歯ブラシがあたるようになり、行き届いた歯みがきができるようになるのです。そのため「きれいな歯並び」とは必然的に健康な歯を維持できることにつながっていくのです。

ちなみに十分な歯みがきができている場合とできていない場合とで歯医者のプロのクリーニングを行った場合、治療に要する時間も半分以上変わってきます。汚れの付着が少ない歯のクリーニングは僅かな歯石の除去で済むことが多く、非常に汚れがついている歯はクリーニングに時間をかけなくてはいけなくなるためです。矯正をすることは治療にかかる時間も少なく済ませる効果もあるのです。

<口臭予防>
矯正をすることで十分な歯みがきができるようになるということは、虫歯や歯周病の予防につながるとともに口臭の予防効果にもつながります。口臭の多くの原因は口腔内環境にあり、歯の汚れは口臭の原因のひとつだからです。

歯の汚れであるプラークは細菌の塊のようなものであり、プラークのなかにいる細菌たちは歯や歯肉に有害な毒素を吐き出しています。この毒素が異臭を放つため口臭の原因となるわけです。

歯みがきが行き届くようになるとプラークコントロールができるようになり、歯に付着するプラークの量を減少させることができます。よって口臭を抑えることが可能になるのです。

<発音に影響する歯並び>
言葉の発音は「舌の状態」によって決まると言われていますが、歯並びも全くの無関係とは言えません。前歯の歯並びの状態で発音が変わると言われているのが「さ行」と「た行」の言語です。

まず「さ行」について説明します。我々は「さ行」の言葉を発音する時に、必ず口のなかに空気を溜めてから「さ、し、す、せ、そ」と発音しています。また、この「口のなかに空気を溜めること」ができることで「さ行」は明瞭に発音することができます。しかし、歯並びによって口のなかに溜めようとした空気が抜けてしまうと不明瞭な発音になってしまうため、「さ行」にとって前歯の歯並びは重要なものなのです。

次に「た行」です。「た行」の発音をする際、我々は舌を上の前歯の裏側に当てています。この時、上の前歯の歯並びに何らかの異常があると舌がうまく歯の裏側にあてられず、不明瞭な発音になってしまいます。

またこのほかにも上の前歯の歯並びの状態によって発音が変わるのが「な行」と「ら行」と言われています。自身の発音が気になっているという方は、歯並びが関係している可能性があるかもしれません。

しかしここで注意がひとつあります。歯並びを改善するだけでは発音は大きく変わりません。きれいな発音に必要なのは「きれいな歯並び」と「舌の動き」です。矯正をした上で、さらに発音のトレーニングをすることで初めて聞き取りやすい言葉が発音できるようになります。そのため、発音を良くするために矯正を始められるのであれば、矯正とともに舌の動きのトレーニングを行っているところで治療をすると良いでしょう。

インビザライン矯正(マウスピース矯正)のメリット
インビザライン矯正(マウスピース矯正)のメリット

金属の装置をつけたまま仕事をしたり人と会うことには抵抗感がある。矯正治療にそういったコンプレックスを感じるのは女性も同じことです。そのため、働きながら人の目を気にすることなく矯正することができることで話題となっているのが『インビザライン』というマウスピース矯正です。ここで、『インビザライン』のメリットについてご紹介します。

<目立たない装置>
『インビザライン』は無色透明のプラスチック素材を使用した装置で矯正をします。また装置の厚みも非常に薄く、パッと見ただけでは歯に矯正装置をつけているようには見えません。しかし逆に、そんな装置でしっかり矯正ができるのかと不安に感じる方も多いかと思います。

もちろん装置はプラスチックでできているために熱に弱く、強い圧力がかかったりすると破損してしまうこともあります。しかし重要なのは装置にはそういった弱点があることを理解し、しっかり管理することです。そして歯は強い力をかけなくても、一定の力を長時間かけ続けることで移動させることができます。ちなみに歯はゴムの伸縮する力によって動かすことも可能です。よって金属の装置でなくても歯を矯正することは可能なのです。

<取り外しができる>
マウスピース矯正の大きなメリットは、必要な時に装置を外すことができることです。『インビザライン』もまた装置を外すことができ、思い思いの食事を摂ることができます。また普段どおり歯を磨くこともできるため、矯正治療中に虫歯のリスクがあがることもありません。

しかし注意が必要なのは、自身で装置を外すことができてしまうために装置をつけ忘れてしまうことです。『インビザライン』では装置を20時間以上装着していることを義務付けられており、20時間を下回ってしまうと歯は思うように動いてくれません。よって治療の管理を自分で行わなくてはいけないのがこの治療のデメリットです。

<通院は最小限で済む>
『インビザライン』では矯正を開始する前の患者の歯並びの状態をスキャンし、それをもとにコンピュータで矯正治療のシミュレーションを行います。そのため治療開始から終了までの歯の動きがすべて計算されており、治療の段階ごとの装置を作ることができるのです。よって矯正が進むごとに装置を換えるための通院をする必要がなく、一定期間ごとに自身で装置を交換するだけで良くなります。ただし、新しい装置を受け取ったり経過観察のために一ヶ月から二ヶ月に一回の通院は必要になります。

今後増加する男性の矯正

女性のあいだで部分矯正やブライダル矯正が人気になってきたのはごく最近のことであり、今後は男性のあいだでも矯正が人気になることが予想されています。というのも、女性は男性の顔を見た際に男性の口元に目がいくそうであり、女性から見た男性の第一印象は歯並びによって左右するとも言われています。

歯並びによって印象の良し悪しが分かれるのであれば、ぜひインビザラインによって健康的で美しい歯並びを得られてみてはいかがでしょうか。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション