マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > インビザライン中の歯の強い痛みで考えられる非歯原性歯痛とは
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2017.04.10

インビザライン中の歯の強い痛みで考えられる非歯原性歯痛とは

はじめに

インビザラインはマウスピースを使用する矯正治療です。マウスピース矯正では、一般的なワイヤー矯正と比較して痛みが少ない治療法と言われています。しかしながら、インビザラインでも強い痛みを感じる場合もあるかもしれません。では、いったい何が原因で痛みを感じるのでしょうか?今回は、インビザラインでの痛みについてご紹介していきます。

インビザラインは痛みが少ない?
インビザラインは痛みが少ない?

ワイヤー矯正は治療開始や定期的なワイヤー矯正後に痛みを感じるケースが多いと言われています。また、食事の際にも装置は付けたままになることから、噛み合わせの際に痛みを感じることもあります。ワイヤー矯正の場合では、ワイヤーが当たりお口の中が切れてしまったり、口内炎を発症してしまうなどの症状が見られることがありますが、マウスピース矯正では、こうした可能性を低くすることが出来ます。

ワイヤー矯正には、ワイヤーを使用する前段階としてプレートを使用し、歯を並べるスペースを押し広げる方法もあります。プレートによる歯の移動の際にはワイヤー矯正とはまた違う違和感や痛みがあります。奥歯にものが挟まったり、歯が押し広げられている感覚に近いといわれています。

インビザラインをはじめとしたマウスピース矯正では、約2週間ごとに新しいマウスピースへ付け替え、少しずつ歯を動かしていきます。そのため、根への負担が抑えられ、痛みも少ないと言われています。マウスピース矯正の中でもインビザラインの治療計画はコンピューターより、綿密に計算されているため、一度の歯の移動でかかる付加を最小限にすることが出来ます。マウスピース全体で支えるため、それぞれの歯への負担も小さくなります。

新しいマウスピースに変えたときにはきつさを感じることはありますが、それも一時的なもので、時間の経過とともに解消されていきます。

また、マウスピースの形によってはお口の中で、舌などに当たり痛みを感じることもあります。その場合には、マウスピースをカットするなどして調整を行います。

インビザラインの痛みはどの程度?使用した人の声は

インビザラインの痛みは実際にはどの程度なのでしょうか。インビザラインを実際に使用した方の声からも痛みが少ないことが分かります。装着後、一週間では、痛みを感じる方も多く、40%の患者さまが痛み止めを飲んだと回答しています。しかしながら、虫歯の痛みとは異なり痛みの程度も少ないようです。

また、インビザラインが舌に当たり痛みを感じるケースもありますが、これは歯科医院で調整をしてもらうことですぐに治まります。

慣れないうちはインビザラインの着け外しでも痛みを感じることもあります。治療中はアタッチメントと呼ばれる突起を付け、歯の移動をサポートしていきますが、このアタッチメントにより痛みを引き出すケースもあります。食事の際にはマウスピースを外すためアタッチメントがお口中で当たる場合もあります。

矯正中の痛みの原因とは?
矯正中の痛みの原因とは?

矯正開始直後には痛みを感じるとよく言われています。この痛みの原因とは何なのでしょうか?矯正治療で歯が動く仕組みは、一定方向に力が加わることで、押された側の歯槽骨が壊れ、逆に空いたスペースには新たな骨が生成されます。それにより、歯が動いていきます。この際、圧迫された部分の血流が悪くなり、痛みとして現れます。本来であれば、この圧迫により生じる炎症などは矯正治療開始後、1,2週間で収まります。装置の装着した夜をピークに5日後には弱まっているケースが多いものです。収まらない場合には、他に原因がある可能性もあります。

痛みを抑える方法として食塩水を使用する方法もあります。コップ一杯の水にスプーン1杯の塩を入れた食塩水でお口をすすぐと痛みが軽減されます。また、電動歯ブラシを使用して歯ぐきをマッサージすることで血行が良くなり、痛みが緩和されることもあります。痛みの原因は歯の移動による血行不良のため、これらの方法により血行が改善されることで痛みも和らぐ可能性があります。

鎮痛剤を飲む方法もありますが、飲み過ぎると胃の粘膜にも負担が掛かるため、あくまで一時的な措置にとどめておくといいでしょう。

その他にはワイヤー矯正の留め具などが頬や唇に当たることで痛みとして感じることもあります。実に6割の人が矯正を始めて一週間以内に装置が当たることによる痛みを感じています。気になる方には痛み止めのワックスを装置に付けることで痛みを緩和させる方法もあります。

痛みの原因が歯ではない可能性も 非歯原性歯痛とは?

歯が痛くなると歯科医院へ行き、治療を受けますが、歯の痛みにもかかわらず原因が歯にないケースもあります。それが非歯原性歯痛です。矯正治療中に歯の痛みがなかなか収まらない場合には、歯以外の原因を疑ってみることも1つの方法です。

では、 非歯原性歯痛ではどのようなケースがあげられるのでしょうか?動脈硬化もその原因の1つです。動脈硬化になると血流が悪くなることから心筋へ十分に血液が行き届かず、歯の痛みとなって現れるのです。

また、非歯原性歯痛で最も多く見られるのが、 筋・筋膜痛です。顎にある筋肉には動かすことで痛みを感じる箇所がありますが、噛み締めなどにより、歯に痛みを感じることがあり、筋肉痛に近いものといわれています。上下の奥歯で多く見られる症状です。症状は人によって様々で、短い間だけの方から1日中という方までそれぞれです。

痛みのきっかけとなる場所(顎の筋肉)に慢性的に負担がかかると痛みとして症状が現れやすくなります。そのため、マッサージやストレッチなどで筋肉をほぐしておくことで予防にもつながります。急な場合には 消炎鎮痛剤で対処する方法もあります。

まとめ

矯正治療では痛みを伴うケースも多くあります。比較的痛みの少ないマウスピース矯正ですが、それでも強い痛みを感じることもあります。一時的なもので痛みがすぐになくなる場合もありますが、症状が改善されない場合には、歯以外の筋肉が要因となり痛みを引き起こす非歯原性歯痛の疑いもあります。非歯原性歯痛といってもきっかけとなる筋肉には様々な種類があるため、医師に相談をしてみましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション