マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > インビザライン中の虫歯予防で見落としがちな歯磨き事情
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2017.05.16

インビザライン中の虫歯予防で見落としがちな歯磨き事情

はじめに

歯列矯正の中でも、目立たず取り外し可能なマウスピース型矯正治療であるインビザラインが注目を集めています。従来の矯正に比べ、歯みがきがしやすいため虫歯になりにくいと言われていますが、実はそこに意外な落とし穴があるのです。そこで今回はインビザラインと歯みがきの関係について考えてみました。

インビザラインの特徴
インビザラインの特徴

インビザラインの特徴はなんといっても、取り外し可能な矯正治療ということです。一般的な歯列矯正はブラケット(歯の表面に付けるボタンのような金属)とワイヤーを使って歯を動かしていきます。

金属素材のため、口を開けたときや笑ったときなどに目立ってしまうことが大きなデメリットです。またワイヤーやボタンの部分に付着した汚れが歯ブラシで落としにくく、虫歯リスクが高くなることもデメリットです。

これに対しインビザラインは透明なアライナー(マウスピース)のため、装着しても目立ちません。そして取り外し式という大きな特徴は、口腔内ケアの行いやすさにも直結します。食事時は取り外すことができるため、食後の歯磨きが行いやすいことから虫歯リスクも従来型に比べると低くなることは大きなメリットです。

虫歯対策を行いやすいインビザライン

矯正治療中は虫歯になりやすいと言いますが、取り外し式というインビザラインの特徴は口腔内ケアを行いやすく、虫歯リスクを抑えることが可能です。

特にインビザラインは、最初に行った型取りを元にアライナーが作製されるため、治療途中で虫歯になってしまうと、場合によっては作製したアライナーが使えなくなることがあります。

そうなるとまた型を取り直して再作製しなければいけません。その分余分に費用もかかってしまうため、虫歯予防対策をしっかりと行う必要があります。

取り外し式のため食後の歯ブラシやフロスなどで食べかすや口の中の汚れを綺麗にしやすいことから、インビザラインは従来型よりも虫歯対策を行いやすいと言われています。しかし虫歯予防をいやすいはずのインビザラインに、思わぬ落とし穴があるのです。

インビザラインの落とし穴
インビザラインの落とし穴

いくら綺麗に磨いても、歯ブラシの保管状況などによっては逆にインビザラインが虫歯を増やしてしまう可能性が否定できません。

例えば歯ブラシの保管ですが、間違った保管方法で逆に雑菌を繁殖させてしまうことがあります。インビザラインを行う前に虫歯治療を済ませてしまいますが、インビザラインによる歯列矯正を始めた途中で虫歯が発見されると、途中でアライナーを再作製しなければいけなくなることがあります。

ごく小さな虫歯であれば、少し削って詰める程度で作製したアライナーも問題なく使えますが、根の治療が必要なほど虫歯が進行していては、これまで作ったアライナーが使えなくなり、再作製が必要となってしまいます。

歯ブラシの保管方法

歯ブラシが雑菌だらけにならないためには、歯ブラシの置く場所に気を使う必要があります。

<ユニットバスでの保管方法が雑菌を繁殖させることも>
まず洗面所とトイレが一緒になったユニットバスで保管する方法が挙げられます。ユニットバスの洗面台では、トイレの雑菌が歯ブラシに繁殖する可能性があり、これは雑菌の中で保管するようなものです。トイレから遠い場所で保管する必要があります。

<毛先が開いた歯ブラシは細菌がたくさん付着している可能性が>
歯ブラシの毛先が開いている場合も要注意です。歯ブラシの毛先が広がるほど長期間使用したことになり、その分歯ブラシにたくさん細菌が繁殖している可能性が高くなっていると考えられます。

歯ブラシは1ヶ月に1度交換が目安ですが、少し毛先が開き始めたら交換するようにして下さい。口の中は雑菌だらけのため、長く使えば使うほど大量の雑菌が付いています。定期的に交換することで改善を試みます。

<歯ブラシを濡れたままにしておく>
例えばキッチンなど水周りがヌルヌルしていることはありませんか?それはシンクに残った水分に雑菌が繁殖することで増加します。歯ブラシも同様で、歯みがきの後濡れたままになると、雑菌が繁殖しやすくなります。

また濡れたままの歯ブラシに歯ブラシキャップを付けることは、細菌を閉じ込めてしまうことになります。使用後の歯ブラシはタオルやティッシュなどを使って水分をしっかりと取り除くことが必要です。

このように歯ブラシは歯を綺麗にする道具であると同時に、保管方法を誤るとあっという間に口の中に雑菌を繁殖させます。

日頃から虫歯に気を付けている人も、歯ブラシが元凶とは思わないかもしれません。保管場所に注意し、いつまでも良いコンディションを保つよう気をつける必要があります。

歯ブラシだけではない!使うグッズによっては歯に悪影響がおきてしまうこと

歯ブラシの保管方法だけでなく、インビザライン治療中に起こるトラブルが他にも存在します。それは通称「歯の消しゴム」と呼ばれている、歯の汚れ落とし専用のメラミンスポンジです。

掃除に使うメラミンスポンジのようなもので、歯に付いた着色を消しゴムの要領でこすり、汚れを落とすためのグッズです。しかし歯をこすることで歯の表面に傷が付いてしまい、そこに虫歯菌が入り込んでしまうことで虫歯のリスクが高くなります。

このような間違ったケアにより虫歯ができてしまうと、せっかく作ったアライナーは使えなくなってしまうことがあります。虫歯対策は丁寧な歯磨きと歯科医院でのチェックやメンテナンスが基本です。

正しいケアで虫歯予防を

インビザラインは取り外し式という大きな特徴を生かした虫歯予防が可能です。日常の歯磨きにフロスや歯間ブラシ、洗口剤などを使うことで汚れを隅々まで取り除いてからアライナーを装着して下さい。

またアライナーの中にフッ素ジェルなどを流し込んでから装着する方法もあります。アライナーを付けることでフッ素が閉じ込められ、長く歯に浸透させることでしっかりとフッ素を取りこむことができます。

大きな虫歯が出来てしまうと、また一から治療が必要になります。せっかく作ったアライナーを再度作製し、余分なお金と費用をかけないよう気をつけなければいけません。綺麗な歯並びを得るための虫歯予防には万全を期す必要があるでしょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション