マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > インビザラインで行うストリッピングについて
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.08.19

インビザラインで行うストリッピングについて

ストリッピングとは?

インビザラインで矯正を進めていくにあたり、ストリッピングという工程を挟む場合があります。では、ストリッピングとはどのような治療なのでしょうか?
矯正で歯を動かしていくにあたり、歯を動かすスペースが確保できないケースもあります。スペースを作るには、歯を外側に並べる、歯を削る、歯を抜歯する、の大きく3つのパターンに分類することが出来ます。抜歯をしてスペースを作る方法はなかなか敬遠されがちです。もちろん総合的に判断して抜歯をした方が歯に悪影響を与えないという判断のもと、抜歯でスペースを作る場合もあります。
しかしながら、歯を抜きたくなかったり、歯の本数を減らしたくないということもあるかもしれません。

ストリッピングとは歯のサイドを削り、小さくすることで歯を移動させるスペースを作る作業です。抜歯に比べ、見た目を大きく変えることなく治療を行うことが出来るものです。
実際には、歯と歯の間にやすりを入れて削っていく作業になります。歯を削ることで不安に思う方もいるかもしれませんが、削る場所は歯のエナメル質の一部です。歯は中心に歯髄があり、象牙質、エナメル質という層で構成されています。
一番外側にあるエナメル質の厚みは2ミリあるといわれており、歯の健康に影響が出ない範囲で治療を行うので安心な治療法です。削る際に振動はありますが、痛みはありません。もちろん、虫歯になりやすいという症状も出ませんので心配はありません。

ブラックトライアングル解消の可能性も
ブラックトライアングル解消の可能性も

その他にはブラックトライアングルをなくす効果も期待できます。ブラックトライアングルとは、歯の間に隙間が生じてしまうことによって黒い三角の空間が出来る状態を指します。歯肉が下がってしまうと、このような状態になりがちです。それによって見た目が悪くなってしまうのです。

ブラックトライアングルを防ぐためには、歯の接触部分から歯茎まで5ミリ以内である必要があるといわれています。ストリッピングを行うことによって、出来たスペースに両側から力が加わり、歯肉を押し上げます。それにより歯肉が空間を埋め、ブラックトライアングルが解消できる場合もあるのです。

まとめ

インビザライン矯正を進めていく中で、歯のスペースが不足しており、矯正で歯の移動がしにくくなってしまう場面に見舞われるケースもあります。

そのような場合には、抜歯という選択肢もありますが、大きなスペースが必要でない場合には、歯を削ることで対応できる可能性もあります。抜歯というと抵抗を感じる人もいますが、歯を削るだけで済むのなら、出来れば抜きたくないと思う方も多いものです。

ストリッピングと呼ばれる治療は、歯の間にやすりを入れ、動かすことで歯を削って、スペースを作るための治療法です。それによって、エナメル質を削り、スペースを作っていくのです。エナメル質は厚みがあるため、歯の健康には影響を与えない範囲での削合が可能です。安心して治療を受けることが出来ます。

また、歯を削って矯正を行うことによるもう1つのメリットはブラックトライアングルの解消です。歯の隙間に生じてしまう黒い三角の空間は見た目もよくありません。歯肉が下がってしまうことにより、起きるこの現象はストリッピングにより解消される場合もあるのです。削ることによって出来たスペースのおかけで歯茎が押し上げられ、隙間を埋めることが出来るのです。

一度下がった歯肉を戻すのはなかなか大変なものですが、矯正治療のなかで、再生できる可能性もあり、大きなメリットとなるかもしれません。

まずは、カウンセリングを通じ、治療計画を歯科医師と話し合いましょう。ストリッピングが必要なのか、そのままで治療を進めることが出来るか綿密に打ち合わせをすることをおすすめします。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション