マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > インビザラインで必要なリテーナー
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.08.22

インビザラインで必要なリテーナー

リテーナーってなに?

インビザラインは時間の経過とともに、新たなマウスピースを付け替えながら歯を動かしていく治療法です。少しずつ歯を動かし、最後のマウスピースを付け終わると理想の歯並びになっていることでしょう。しかしながら、矯正治療はこれで終わりではありません。マウスピースのあとには、リテーナーと呼ばれる保定装置の装着が必要になります。

リテーナーはマウスピースに近い素材、形をしていますが、異なるのは歯を動かすのではなく、固定するための装置という点です。歯には矯正で動かした後、元の位置に戻ろうとする後戻りという現象が発生します。そのため、矯正で動かした歯をそのままにしてしまうと、せっかくの歯並びが元に戻ってしまう恐れがあるのです。このような後戻りを防ぐため、リテーナーで歯を固定する必要があるのです。

特に、矯正を行った直後は歯が動きやすい状態にあるので、注意が必要です。歯根膜を再生させることによって歯を動かしていくのですが、歯根膜が完全に修復していないため、乳歯が抜けるような感覚を持つ方もいるのです。

保定期間が終わっても、咬み合わせの癖などが抜けないと、歯が戻ってしまう可能性も出てきます。そのため、歯の動きが落ち着いた後も、夜間だけリテーナーを装着することをおすすめします。

リテーナーを付ける期間
リテーナーを付ける期間

矯正が終わってもリテーナーで歯が動かないよう固定する保定期間が必要になります。歯が理想の並びになると治療が終わったかのように思いがちですが、実は歯の根っことなる歯根膜、歯槽堤には歯のねじれが残っています。そのため、リテーナーを装着し、歯の動きを抑える必要があります。

では、リテーナーはどれくらい装着していればいいのでしょうか?基本的には24時間装着していることが望ましいです。実際には、ずっと装着しているのはなかなか難しい場合もあるため、食事や歯磨きの際には取り外しても問題ありません。インビザラインを装着している期間とさほど生活習慣は変わらないため、特にストレスを感じることはないかもしれません。しかしながら、症例によってはリテーナーの方が、マウスピースが厚くなってしまうこともあるため、違和感をもつケースもあります。保定期間は出来るだけ長い方が好ましいですが、半年から1年の期間を設定する歯科医院が多いです。

インビザラインは2週間で新しいものに付け替えますが、リテーナーは同じものを使用し続けます。そのため、インビザライン以上にお手入れには気を使う必要があります。食後には、しっかりとお手入れをしてリテーナー、そしてお口の中を清潔にしておくことが大切です。

まとめ

リテーナーは矯正治療後に、歯の後戻りを防ぐためのマウスピースです。矯正が終わり、歯並びが美しくなっても、歯根膜などはねじれが解消されていないケースもあります。そのため、歯が元の位置に戻ってしまわないよう、矯正後もリテーナーを装着している必要があります。

リテーナーを装着している期間は、基本的には24時間が望ましいですが、食事と歯磨きの間は外すことで清潔に保つことが出来ます。期間は半年から1年など症例や歯科医師の治療方針によってことなりますが、完了後も寝るときだけはリテーナーを装着することが望ましいといわれています。

また、インビザラインと異なり、長い期間を使うことから、しっかりとお手入れをしていくことが大切です。その際は歯磨き粉や洗剤等は使用せず、水洗いを行い、頑固な汚れは使い終わった歯ブラシで、軽くこすることで大半の汚れは落とすことが出来ます。

歯科医院によっては、洗浄剤を置いているところもありますので、汚れがひどく気になってきた場合には相談してみることをおすすめします。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション