マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > 30代女性からの人気を集めるマウスピース矯正が求められる理由
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.09.1

30代女性からの人気を集めるマウスピース矯正が求められる理由

30代を超えると職場でも重要な役割を担うようになってきたり、そろそろ管理職を見据えることができるようになってきたりと、仕事関係で活躍することが増えてくる時期です。そうなると人前にでて話すことが多くなったり、様々な人と関わることが増えるようになるのも事実です。

そんな中、自分の歯並びがガタガタだと自信を持ってうまく笑えない、クライアントやお得意様、上司の前で笑った時どうしても気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった方に人気を集め、おすすめしたいのがマウスピースという器具を使った歯列矯正方法です。通常の矯正とは違い、歯自体に矯正器具を取り付けるものではないので目立つこともなく比較的取り組みやすいものです。

今回はマウスピースという器具を使った歯列矯正方法をご紹介します。

マウスピースとは?
マウスピース

マウスピースとは、透明な素材で目立たず、歯列矯正ができる器具のことを指します。そして取り外しが可能ということで、歯磨きの際はマウスピースを取り外し、磨くことができるのできちんとケアができ、歯に直接取り付ける矯正器具(ブラケット等)に比べ、虫歯になりにくいというメリットがあります。さらに、取り外しができるので、マウスピース自体も清潔に保つことが可能です。

毎日マウスピースをつけ続け、歯が移動してきたらまた新しいマウスピースをつくり、といったことを繰り返していく矯正方法です。マウスピースの装着時間は毎日平均して20時間ほどです。眠る時もつけっぱなしが基本です。最初は違和感があり眠ることができないかと思いますが、人間はいつか慣れることができます。それまでの辛抱と言えるのではないでしょうか。

また、日中の装着がどうしても嫌だ、抵抗があるという方は1日8~10時間の装着で済むマウスピースもあります。ですがこういったマウスピースは歯科によって取り扱っていなかったりします。歯科にどんな種類のものがあるのか、よく確認することが大切です。

マウスピースのメリット
マウスピースのメリット

マウスピースは、歯に直接取り付ける矯正器具とは違い、比較的トラブルが少ないものです。歯に直接取り付けるものだと取れてしまい、忙しい合間を縫って歯医者に行かなくてはならなくなったり、歯に違和感があって見て欲しくなったりと歯科に通う頻度が高くなってしまいます。ですが、マウスピースだと歯に嵌め込むだけなので、比較的トラブルが少ないのも忙しい女性にとって嬉しいことです。

そして、近金属アレルギーをもつ方のも安心して行うことができる矯正方法です。マウスピースは金属を使わない矯正方法なのでアレルギーをもつ方、少しでも心配な方にとっては安心して取り組むことができる矯正方法です。

そして、趣味などで激しいスポーツをしている方にもおすすめなのがマウスピース矯正です。金属を使った矯正だと激しくスポーツをした際、口の中を切ってしまう恐れがないとは、言い切ることができません。それに比べ、マウスピースの矯正だとスポーツ用のものも用意しています。

そして透明で目立たないので、比較的人にばれにくいということが大きなポイントです。人前で話さずデスクワークの時はずっとつけっぱなし、会議などどうしてもばれたくない、隠しておきたい場合は外しておくことも可能です。女性にとって見た目というのは、とても大切で重要なことですよね。にっこり笑った時に矯正器具が付いている歯と、そうでない歯では、やはりついていない歯の方が見栄えよく映りますものね。

こういったことを踏まえ、マウスピース矯正というのは女性にとってメリットが多い矯正方法と言えます。

マウスピース矯正のデメリット

メリットをお話しましたので、デメリットも合わせてご紹介していきます。

●きちんとマウスピースをつけることを習慣にできない場合
マウスピース

マウスピースは基本的にはつけっぱなしで生活することが前提です。マウスピースというものは付けっぱなしにすることで歯並びを整えていく矯正器具です。そのため付けている時間が極端に短すぎたり付けたり付けなかったりする時があると効果が激減してしまいます。

そしてそのためにせっかく綺麗になった歯並びが元に戻ってしまったり、治療が長引いてしまったりします。矯正のためのマウスピースは全て計算して作られているので、付けているのが億劫で放置してしまい、合わなくなると全て無駄になってしまいます。

●歯ぎしりの強い方
マウスピース

夜寝ている時に歯ぎしりしている方、ストレスやなんらかの理由で歯ぎしりをしてしまう方はマウスピースの矯正はおすすめできません。歯ぎしりによってマウスピースが壊れてしまうことがあるからです。マウスピースは夜眠る時も使用する必要があるため、眠っている時歯ぎしりをしてしまうと壊れやすくなってしまいます。

そして歯ぎしりというのは思っている以上に大きな力がかかっているものです。そのため、歯ぎしりの習慣がある方にはおすすめできない矯正の方法です。

まとめ

マウスピースというものは比較的女性にとって取り組みやすい矯正方法と言えます。仕事上、人前で話す時は少しの間外し、そうでない時は使う。プライベートの時には、きちんと長時間使用したりと応用して使うことができるうえ、透明で目立たないということも女性にとっては嬉しいことです。マウスピース用の可愛らしい入れ物も歯科によっては用意してあるので、それを使うことでマウスピース管理もしやすいといえます。

しっかりと歯科に自分のライフスタイルを伝え、歯科医師と相談したうえで矯正方法、使用するマウスピースを決めることをおすすめします。そして歯科によってその方法や口にすることは様々です。きちんと歯科医師や歯科助手の説明を聞いたうえ、自分が信頼できる歯科で治療を受けることが大切です。矯正治療というのは思っているよりも時間がかかり、根気のいる治療です。一度で治してもらう虫歯治療とは違い、長い付き合いになるのが矯正治療です。をれらをきちんと理解していただき、歯科医師と二人三脚で行っていくことが矯正治療を成功させるうえで大切なことと言えます。

今よりも綺麗な歯並びを求めている方、自信を付けたい方、マウスピース矯正という方法があるということを知っていただけたら幸いです。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション