マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > 親子で考えよう!マウスピース矯正の注意点も把握した上での治療
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.09.28

親子で考えよう!マウスピース矯正の注意点も把握した上での治療

昔は歯並びの矯正治療はあまり必要とされていませんでした。しかし時代が進むにつれて食文化が変わり、それに伴い矯正をする人が増えていき、今は矯正をすることが当たり前のようになってきています。そのため、従来のワイヤーを使ったブラケット矯正装置では見た目が気になり、痛みなどの負担も大きいことからそれらを改善した装置が広まってきています。その代表となるのがマウスピース矯正です。

進化してきた矯正治療
進化してきた矯正治療

マウスピース矯正は、歯の見た目を悪くすることなく、痛みも感じにくい上に自身で装置の取り外しができることから人気となっているこの装置。

しかし、その特徴のためにブラケット矯正装置と比較するといくつか劣る点もあります。それをよく把握せずに矯正をしてしまうと、期待していたものと違うと思ってしまう場合もあるでしょう。

特に最近はマウスピース矯正が小児矯正にも対応できるようになってきたため、今回は親子で始める矯正治療における「マウスピース矯正」について紹介します。

小児矯正について

本来の歯列矯正は永久歯に生え替わってから行うのがベストと考えられてきたため、歯が生え替わる時期に行われる小児矯正にはあまりメリットがないとされてきました。しかし、近年では生え替わりが終了するまでに顎の発育を促す矯正をすることで、その後の矯正で抜歯をせずに済んだり、治療期間を短くできることが判明しました。それにより子供のうちから積極的な矯正をするべきという声があがるようになり、以前よりも小児矯正が広まりつつあります。

小児矯正には、歯が生え替わるまでに行う「第一期治療」と生え替わりが終わったあとに行う「第二期治療」があります。「第一期治療」はおもに顎の成長を促すことと上顎と下顎の成長バランスを整えることがメインとなり、「第二期治療」の準備期間のようなものになります。そして「第二期治療」で生え揃った永久歯をきれいに並べる矯正をしていきます。そのため、いかに「第一期治療」によって顎の成長を促せるかによって「第二期治療」がどれくらいかかるかが決まっていくと言ってもいいでしょう。

マウスピース矯正の良い点
マウスピース矯正の良い点

マウスピース矯正は、ブラケット装置と比較すると痛みや違和感も少ないため、多くの人が矯正治療を受けやすいというのが最大のポイントです。プラスチックの素材のわずかな厚みを利用して少しずつ矯正するため痛みはほとんどありませんが、ブラケット装置に比べて矯正にはどうしても時間がかかってしまいます。

しかし子供の場合はまだ骨が軟らかいため、マウスピースのわずかな厚みでも十分な矯正の効果が期待できます。またブラケット装置はその物々しい見た目から大人でも抵抗を覚える方は多く、さらに子供にとっては矯正を受け入れることを難しくしている対象にもなっています。しかしマウスピース矯正の装置は透明であるため、見た目では歯に装置をつけていることが本人でもわからないほど目立ちません。これが矯正に対するコンプレックスの意識をなくす効果を発揮し、矯正治療を受け入れやすくしています。

また装置は歯型に合わせて作られている単純構造のため付け外しも行いやすく、慣れれば親の手を借りることなく子供自身にもできてしまいます。それにより子供の自立心を育てることにもつながり、装置の付け外しは本人が行い、親は確認だけをするといったように矯正ができることもあります。

マウスピース矯正の注意点

ブラケット装置と比べ安価で負担が少なく、見た目を悪くすることがないことから多くの方が受け入れやすいマウスピース矯正。しかしその特徴のためにいくつかの注意点があります。そのひとつとして、取り外しができるためにブラケット装置のようにしっかり矯正効果を得ることが難しくなるという点です。ブラケット装置はしっかり歯に固定されている上に24時間歯を矯正し続けているため、確実に矯正効果を得られます。

またマウスピース矯正は親の管理が不可欠です。学校で生活をしている間はどうしても親の手から離れてしまうため、学校に行く際は矯正装置を外すというケースがほとんどです。そのため矯正が可能になる時間が、学校に行っていない時間帯と土曜日曜などの休日、夏休みといった長期休業と限られてしまいます。

さらに装置をつけている間は歯に唾液が十分行き渡らなくなるため、通常よりも虫歯のリスクが上がります。そのためしっかりとした虫歯予防を行わなくてはいけず、医師にも定期的に検診をしてもらう必要があります。またマウスピース矯正は治療が進むにつれて装置を新しくしていくため、何度も歯形を取らなくてはいけません。口腔内に異物を入れることにより嘔吐感を覚えてしまう子供にとってはストレスになってしまう可能性があります。

保険の適用はできるのか
保険の適用はできるのか

時代が進むにつれて歯の矯正治療は広く行われてきていますが、小児矯正と成人矯正はどちらもまだ保険の適用を認められていません。その理由は歯の矯正は審美治療のひとつとされているからです。

しかし「顎変形症」と診断された場合の矯正治療では、保険の適用が可能になることがあります。「顎変形症」とは歯列矯正だけでは改善が難しい難症例のことであり、下顎が上顎より発達してしまった場合や異様に前歯が突出している状態などがあります。「顎変形症」は歯列矯正に加え、顎を正しい位置に動かす外科治療(手術)が必要になることがあり、この場合に保険適用の治療と認められます。

また「顎変形症」の本格的な治療は体の成長が止まってから行われます。その理由は、もし成長期に治療を行った場合、その後の骨格の成長とともに顎の位置がまた治療をする前の状態に戻ってしまうことがあるからです。ちなみに「顎変形症」と診断を受けても歯列矯正のみを行う場合は保険の適用にはなりません。外科処置とそれに伴う入院が必要となった場合に保険が適用されますので注意しましょう。

マウスピース矯正への正しい理解

一見簡単で誰でもできそうな矯正治療でも、必ず注意点があります。しかしそれを正しく理解し、矯正医の指示通りに矯正ができていれば痛みがなく負担も少ない楽しい矯正ライフが送れます。小児矯正は将来の本格矯正の負担を軽くできるだけでなく、親子で協力し合い、子供にとっても成長の一歩となります。子供の矯正について悩まれている方は、ぜひマウスピース矯正を考えてみてはいかがでしょうか。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション