マウスピース矯正(インビザライン) コラム
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.06.1

マウスピース矯正(インビザライン)のデメリット|欠点を理解して最適な矯正治療を

マウスピース矯正(インビザライン)を始める前に

これまでの矯正治療の概念を一新するマウスピース矯正、インビザライン・システムによる矯正治療は、アメリカ国内を始め、世界中の歯科医療機関からも注目を集めています。日本でも2006年より正式に導入が決まり、それ以降のマウスピース矯正、インビザライン・システムを扱う歯科医院は現在も増加してきています。

また、マウスピース矯正、インビザライン・システムにおいても、あらゆる不正歯列や不正咬合の治療に対応できるよう、新たな機能の導入や開発が進められています。従来のワイヤー矯正でしか治せなかった症例も、マウスピース矯正(インビザライン)によって治すことができれば、身体的負担や精神的負担は非常に軽くなることでしょう。しかし、マウスピース矯正(インビザライン)が自身にとって適切な治療であるか、問題なく行えるかどうかを判断しなくては、その治療の効果は発揮されません。マウスピース矯正(インビザライン)を始める前に、どういったデメリットがあるのか、注意が必要になってくるのかをここでお話ししていきます。

コラム全文を読む