マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > マウスピース矯正(インビザライン)Q&A
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.21

マウスピース矯正(インビザライン)の疑問|差し歯やインプラントがある場合

マウスピース矯正(インビザライン)を考えている方へ

現在、国内の歯科診療において、最新の矯正システムといわれるマウスピース矯正(インビザライン)が広まってきています。マウスピース矯正(インビザライン)による苦のない矯正に強い関心を示している方は多く、特に、矯正治療に苦手意識を抱いている人たちの間では大きな注目を浴びています。しかしそんななか、はたして自分の歯がマウスピース矯正(インビザライン)によって本当に矯正ができるのか、疑問や不安を持たれている方もいらっしゃるかと思われます。そこで、マウスピース矯正(インビザライン)はどのような歯を矯正できるのか、そしてどのような状態の歯を矯正できないのかを、詳しくお話しをしていきたいと思います。

コラム全文を読む

マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.19

口臭の原因と矯正との関係|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

歯並びと口臭の関係性

口臭の原因のほとんどはお口の中にあると言っても過言ではありません。さらにその中でも、歯並びが悪い人は、歯並びがきれいな人に比べて口臭が強くなりがちであると言われています。
歯の矯正治療は、現在、目立たず痛みを感じない矯正装置であるマウスピース矯正(インビザライン)が広まってきており、これにより矯正に苦手意識を抱いていた人たちも、治療に積極的になってきています。そのことから、歯科医師も口臭改善の治療として、歯の矯正を積極的にすすめるようになってきました。
では、歯並びと口臭にはいったいどのような関係性があるのか、その疑問についてお答えしていきます。

コラム全文を読む

マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.10

抜歯が必要になることもあるの?|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

矯正治療では必要な抜歯

歯科矯正では、非常に複雑な歯並びや噛み合わせを矯正する際に、歯をきれいに並べる隙間を作るための抜歯をすることがあります。それは、不正な歯並びや噛み合わせの多くの原因が、歯の本数に対する顎の大きさが釣り合わないことによるスペース不足だからです。
歯は、上下左右を合わせて32本あります。その中でも不要とされる歯を抜歯することで、十分なスペースを作り、本来の正常な歯並びに矯正するのです。特にワイヤー矯正では不要な歯の抜歯は珍しくないことなのですが、では、新しい矯正治療であるマウスピース矯正(インビザライン)はどうなのでしょう。はたして抜歯は必要になることがあるのでしょうか。ここで、矯正に伴う抜歯への疑問についてお答えしながら、抜歯を伴わないマウスピース矯正(インビザライン)をした場合についてお話ししていきます。

コラム全文を読む

マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.7

痛みを感じる治療なのか|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

矯正治療の第一印象

みなさんが矯正治療へ抱かれている印象のひとつは、「強い痛みを感じる」ことではないでしょうか。そのため、歯の矯正が必要であると自覚をされている方でも、そのほとんどの方が治療を躊躇ってしまっていたことと思われます。
しかし、ワイヤーを使用せず、痛みが少ない矯正治療と言われたマウスピース矯正(インビザライン)が国内に広まってきたことにより、矯正に対するこれまでの印象は払拭されつつあります。では、マウスピース矯正(インビザライン)はワイヤー矯正を比較し、どれほど痛みを感じなくなるのでしょうか。また、初めて矯正をする方たちにとっても痛みのない治療として受け入れられるのでしょうか。ここでは、マウスピース矯正(インビザライン)で感じる痛みと、それへどう対応すればよいのかについてお話ししていきます。

コラム全文を読む

マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.4

出っ歯に最適な矯正治療は|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

そもそも何故出っ歯になるのか?

出っ歯になる要因としては、大きく分けて2つあります。
1つ目は遺伝による骨格のアンバランスから来る先天的のもの、2つ目は幼い頃の指しゃぶりや爪を噛む癖、舌で前歯を押したり舌を噛む癖、それに口呼吸を含めた5つが出っ歯になる代表的な後天的要因とされています。
遺伝による出っ歯はやむを得ないところがありますが、後天的な要因は日々の生活習慣による癖がほとんどです。特に子供の頃の癖が大人になっても直っていない場合には、他人に指摘されないとなかなか直せないものです。可能であれば幼少期に親御さんが癖に気づいてあげて、癖そのものをなくすことが出来るのが理想的です。

コラム全文を読む

マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.1

矯正治療前後に気をつけたい食事|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

普段通りの生活ができる矯正治療

一般的な矯正治療と比較すると、マウスピース矯正(インビザライン)はいくつもの魅力があります。その中でもっとも注目を集めているのは、装置が非常に目立たず、また取り外しが可能であるというポイントです。しかし、そういった大きなメリットを得られる分だけ、この治療をする上では注意をしなくてはいけないことが出てきます。そのひとつが「食事」です。では、矯正治療中の食事には、具体的にどういった注意が必要になってくるのか、その疑問についてお話ししていきます。

コラム全文を読む

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション