マウスピース矯正(インビザライン) コラム
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.19

口臭の原因と矯正との関係|マウスピース矯正(インビザライン)の疑問

歯並びと口臭の関係性

口臭の原因のほとんどはお口の中にあると言っても過言ではありません。さらにその中でも、歯並びが悪い人は、歯並びがきれいな人に比べて口臭が強くなりがちであると言われています。
歯の矯正治療は、現在、目立たず痛みを感じない矯正装置であるマウスピース矯正(インビザライン)が広まってきており、これにより矯正に苦手意識を抱いていた人たちも、治療に積極的になってきています。そのことから、歯科医師も口臭改善の治療として、歯の矯正を積極的にすすめるようになってきました。
では、歯並びと口臭にはいったいどのような関係性があるのか、その疑問についてお答えしていきます。

歯並びと歯みがき
歯並びと歯みがき

みなさんは、ご自分の歯が十分に磨けていると実感したことはありますか?
自分の歯を、鏡を見ながらよく磨いているつもりでも、いざ歯医者さんにお口の中を見てもらうと、磨き残しや歯石がたくさんついていると言われたことはないでしょうか。 その原因は、歯並びの状態にあるのかもしれません。歯は、きれいに並んだ状態でいることで、歯ブラシをあてた際にすべての歯に均一にブラシが接触します。そのため、磨き残してしまう部分が少なく、セルフケアだけできれいな歯を維持できるのです。
しかし、でこぼこした八重歯のような歯並びの場合、歯ブラシはすべての歯に均一に接触せず、ごく一部の磨きやすい歯だけを磨いているような状態になります。そうなると、磨けていない歯には多くの汚れが付着したままになり、口臭の原因になってしまうのです。

むし歯や歯周病の原因にも?
むし歯や歯周病の原因にも?

歯に付着したままの汚れは、知らないうちにむし歯や歯周病が進行する原因になることがあります。その理由は、お口の中にいるあらゆる菌は、歯についた食べ物の食べかすをエサにして増殖しているからです。また、歯並びだけでなく噛み合わせも悪い状態である場合、十分な咀嚼を行うことができず、それにより唾液の分泌も少なくなり、汚れが多く付着したままになることもあります。
そのままの状態を放置し過ぎると、歯のお掃除のプロである衛生士にケアをしてもらっても、健康な歯や歯肉を維持することは難しくなってしまいます。

歯の保存にもつながる矯正
歯の保存にもつながる矯正

口臭だけでなく、むし歯や歯周病のなりやすさにまでつながってくる歯並びの状態は、将来的に残る歯の本数にも影響してきます。十分な歯みがきを行うことができず、歯が次々とむし歯や歯周病により失われていき、最終的に入れ歯やインプラントを入れる必要性がでてきてしまうことも考えられます。
そういったことから、口臭の改善だけでなく、将来的に自分の歯を多く残してもらうことを目的とした矯正も強くすすめられてきています。
自然な歯は、違和感のない食事ができる唯一のものであり、大人の永久歯は乳歯と違い、一度失われてしまっては二度と取り返すことはできません。また、治療にかける費用も、むし歯や歯周病の治療と入れ歯やインプラントを作ることよりも、将来的に自分の歯を残すための治療にかける方が、価値があると強く感じる方は多いのではないでしょうか。

マウスピース矯正(インビザライン)で苦のない矯正治療を

従来の矯正治療と打って変わり、負担や痛みを感じずにマイペースで歯の矯正ができるマウスピース矯正(インビザライン)は、歯並びが原因となり、口臭やむし歯、歯周病に悩まれている多くの方の治療ができるよう、現在も研究と開発が進められています。
口臭、むし歯、歯周病は、歯医者さんで行う治療だけでなく、普段のセルフケアによる予防も、とても重要です。目立たない装置を使用し、また歯に痛みを感じづらいマウスピース矯正(インビザライン)を取り入れている歯科医院は増加してきています。
そのため、まだ口臭に悩んでいない、もしくはむし歯や歯周病になっていないからといって、歯並びをそのままにしてしまっている方。そんなあなたに、症状があらわれる前の対処として、早めに歯の矯正をされることをおすすめいたします。