マウスピース矯正(インビザライン) コラム
トップページ > コラム > マウスピース矯正(インビザライン) > マウスピース矯正(インビザライン)Q&A > マウスピース矯正(インビザライン)差し歯 > マウスピース矯正(インビザライン)の疑問|差し歯やインプラントがある場合
-->
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.07.21

マウスピース矯正(インビザライン)の疑問|差し歯やインプラントがある場合

マウスピース矯正(インビザライン)を考えている方へ

現在、国内の歯科診療において、最新の矯正システムといわれるマウスピース矯正(インビザライン)が広まってきています。マウスピース矯正(インビザライン)による苦のない矯正に強い関心を示している方は多く、特に、矯正治療に苦手意識を抱いている人たちの間では大きな注目を浴びています。しかしそんななか、はたして自分の歯がマウスピース矯正(インビザライン)によって本当に矯正ができるのか、疑問や不安を持たれている方もいらっしゃるかと思われます。そこで、マウスピース矯正(インビザライン)はどのような歯を矯正できるのか、そしてどのような状態の歯を矯正できないのかを、詳しくお話しをしていきたいと思います。

自然な歯と差し歯が入った歯
自然な歯と差し歯が入った歯

マウスピース矯正(インビザライン)による治療ができるのは、基本的に自然な状態といえる歯であれば矯正が可能と言われております。また、全体の歯の矯正を希望している場合に対し、前歯のみという限定的な範囲を希望している場合でも、マウスピース矯正(インビザライン)では矯正が可能と言われております。しかし、矯正を考えている歯の中に、大きな差し歯を入れている状態の歯がある場合、マウスピース矯正(インビザライン)では矯正が難しくなることもあるようです。その理由は、差し歯を入れている歯の状態にあります。差し歯は、1本の歯につけられている物だけでなく、複数の歯をつないだ状態で被せられている物、いわゆるブリッジと呼ばれる物があります。ブリッジは、連結状態の差し歯を複数の歯に装着することで、その歯の動きを固定してしまっていることにもなります。僅かな装置の厚みを利用し、少しずつ歯を動かすことで矯正をするマウスピース矯正(インビザライン)では、つながった状態の歯を動かすにはパワーが足りないため、矯正が難しくなってしまうようです。また、1本ずつの単独の歯に差し歯を入れている場合でも、その中の歯の状態により、矯正ができるかできないかの判断がわかれてくることがあるようです。しかし、だからといって矯正を諦めなくてはいけないわけではなく、矯正をしたいと考えている歯の差し歯の状態を変えることにより、矯正が可能になることがあります。差し歯を入れた状態の歯がある場合でも、その歯を如何にすることでマウスピース矯正(インビザライン)が可能になるのかを、医師とよく相談することが大切なことになってきます。

インプラントがある場合
むインプラントがある場合

ブリッジを入れている歯のほかにも、インプラント(人工歯根)を入れている方は注意が必要です。ここで、自然な歯とインプラントの状態の違いを説明いたします。自然な歯は、歯を支えている歯槽骨(顎の骨)との間に歯根膜というネットのような軟らかい組織を挟んでおり、そのため歯に力を加えると僅かに動く性質があります。また、歯は力を加えられ続けると、骨の代謝により歯の位置そのものが動かされるため、矯正が可能になってきます。それに対し、インプラントの場合は、人工の歯根を歯槽骨に埋め込み、骨の組織と定着させる必要があります。骨と定着したインプラントには自然な歯のように歯根膜はなく、しっかり固定されたその位置から動かすことはできないため、矯正はできません。以上の理由から、矯正を考えている歯の中にインプラントがある場合、治療は難しくなってしまうことが考えられます。しかし、インプラントを入れている位置の関係と、インプラントを除いたその他の歯の矯正をするといった場合、治療が可能になることもあるようです。いずれにしても、既にインプラントを入れられている方は、矯正を始める前に必ず医師へ申告し、よく相談をしましょう。

矯正は何歳になっても始められる
矯正は何歳になっても始められる

自然な歯を可能な限り保存していく保存治療が推し進められていることにより、矯正治療は既にいくつか歯を失われている方にも勧められるようになってきています。そのため、既にブリッジやインプラントを入れられている方でも、まだ残されている自然な歯のために、積極的な矯正治療をおすすめします。また、矯正をされる方には、痛みや負担が少ないマウスピース矯正(インビザライン)による治療をおすすめします。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション