マウスピース矯正(インビザライン) コラム
マウスピース矯正(インビザライン)
2016.06.3

マウスピース矯正(インビザライン)の費用 | 価格の理由と医療費控除の概要

マウスピース矯正(インビザライン)は高額?

一般的にマウスピース矯正(インビザライン)の費用は通常のワイヤー矯正よりも高額になるといわれています。では、その理由は一体どんなところにあるのでしょうか?

ワイヤー矯正の場合、多くのケースでまず歯科医師が矯正の計画を立てます。そして、近場もしくは国内の歯科技工所へ矯正装置の製作を依頼する流れになっています。かつては個人の歯科技工士がおり、近所の技工士に依頼することも多かったのですが、ここ最近は大規模な企業として、歯科技工所を運営しているケースが大半となってきました。ごくまれに歯科医院内にいる歯科技工士が院内で製作を行うこともあります。

ところが、マウスピース矯正(インビザライン)の場合、製作の流れが大きく変わります。矯正の計画と設計までは歯科医師が行いますが、その後、データをアメリカへ送付し、そこで製作を行います。その後の製作も歯科技工士の手ではなく、機械によって行われています。こうした、製作工程や流れの違いにより、費用が高額になってしまうことがあるのです。

また、ワイヤー矯正では、定期的にワイヤーを締め上げることで歯を動かしていきます。そのため、装着する矯正装置の数が多くなることも要因の一つとなります。それに対し、マウスピース矯正(インビザライン)においては2週間ごとに動いた歯に合わせて製作した、新しいマウスピース矯正(インビザライン)を装着することで、歯を動かしていきます。治療が終わるまでには、いくつものマウスピース矯正(インビザライン)を付け替える必要があります。

コラム全文を読む