矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 初期虫歯はどのくらいのレベルを言うの?削らない治療と削る場合の違い
-->
矯正歯科
2017.03.29

初期虫歯はどのくらいのレベルを言うの?削らない治療と削る場合の違い

はじめに

一般的に『虫歯』と聞くと、多くの方は必ず歯医者で治療をしなくてはいけないという印象を抱くものかと思われます。ところがそれは思い込みに過ぎません。そんな方々に今回は『虫歯のレベル』についてご紹介します。『虫歯のレベル』とは虫歯の進行度を段階ごとに表したものです。『虫歯』には軽度の段階から重度の段階があり、症状の段階においてレベルがつけられています。今回は歯科医療における『虫歯のレベル』と、レベルごとに必要となる治療などについてご紹介します。

虫歯のメカニズム

日課的に歯を磨かなくては歯が虫歯になることは、小さな子供からお年寄りまで周知のことかと思います。しかし、歯を磨かないことで虫歯になる理由やその詳細までは歯医者でもあまり語られることがありません。そこで『虫歯のレベル』について触れる前に、歯がなぜ虫歯になるのかについて簡単にご説明します。

虫歯は厳密には口のなかにいる細菌が糖分を利用して歯を溶かす酸を生み出し、その酸によって歯が脱灰する現象(歯からカルシウムが失われること)を指します。そのため糖分を含んだ食べ物の食べカスが口のなかに残っていると歯にとって良くないということになるのです。よって虫歯は口のなかにいる細菌が原因の感染症であると同時に、糖分を控える食事により虫歯を予防できることから、生活習慣病とも捉えられています。

余談ですが、虫歯予防の効果があることで有名な「キシリトール」は砂糖と並ぶ糖質の一種です。しかし食べることで虫歯予防につながる理由は、細菌がすべての糖質を利用して酸を生み出せるわけではないからです。細菌が酸を生み出す性能をもっとも発揮できる糖質は砂糖の主成分である「スクロール」であり、もっとも発揮できないのは「キシリトール」と言われています。そして「キシリトール」は虫歯の原因菌の代表である「ミュータンス菌」の活動を抑制する効果があるため、「キシリトール」を食べることにより虫歯予防につながっていくのです。

レベルごとの治療
レベルごとの治療

虫歯は必ずしも歯に穴があいているものだけではありません。先程、虫歯のメカニズムで「脱灰」の現象について触れたように、口のなかにいる細菌が生み出した酸によって歯のカルシウムが失われることが『虫歯』の正体です。また歯は脱灰をしているだけならば目に見えるような大きな変化は表れません。そのため虫歯とはいえ穴があいていないケースもあり、治療を必要としないことがあるのです。ではここで『虫歯のレベル』と、そのレベルごとの治療についてご説明します。

<レベルC0~レベルC1>
まずはレベルC0とレベルC1です。C0およびC1は一般的に初期虫歯と呼ばれており、非常に軽微な虫歯である場合を指します。C0の場合、おもに脱灰により歯の表面が白く変色していたり、奥歯の溝が黒く変色しているケースが該当します。そのため治療は歯科衛生士によるクリーニングやフッ素塗布にとどまり、あとは十分なセルフケアを行うよう指導されるのみで歯は削らないことがほとんどです。

C1の場合、歯が脱灰しているところをこすってみたら小さな穴があいたといったケースや、歯の溝にわずかに穴があいているといったケースが該当します。そのためC0のようにクリーニングやフッ素塗布をするだけではなく、穴があいているところをコンポジットレジンやシーラントといった充填剤で塞がなくてはいけません。よってC0は虫歯を削らないものの、C1からは虫歯を削る治療が必要となってきます。

昨今の虫歯治療は歯を削る際に痛みが伴わないよう、あらかじめ麻酔を打ってから治療を行なうことが多いものです。しかしC1の場合、非常に浅い虫歯であるため削っても痛みを感じることはほぼなく、麻酔を必要としないケースがほとんどです。よってC1の治療は、虫歯治療のなかでも極めて簡単な方であると考えると良いでしょう。

<レベルC2>
レベルC2は初期虫歯よりさらに進行した虫歯を指します。またC2と判断される基準は、虫歯がエナメル質からさらに象牙質まで進行していること、冷たいものや甘いものを口に含むとしみる症状があることなどです。C1と判断された虫歯の進行はエナメル質までにとどまっており、冷たいものや甘いものがしみるケースはほとんどありません。

C2のようにエナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した場合に初めてしみる症状が表れだし、自身が虫歯であると自覚しやすくなるのです。この場合、虫歯を除去する必要があるため歯を削らなくてはいけません。

しかし虫歯がしみる症状が出ているということは、そのまま削ろうとすれば強い痛みが伴う可能性は十分あります。よってC2の治療をする場合は麻酔を使用する必要性が出てきます。また穴が大きいためにコンポジットレジンで充填するだけでは治療が難しい場合、インレーやクラウンといったタイプの被せ物を作らなくてはいけない場合もあります。

<レベルC3~レベルC4>
レベルC3からレベル4は、レベルC2の虫歯がさらに進行した場合を指します。そのため虫歯になった歯を見ると非常に大きな穴があいているケースが多く、一目でC3からC4と判断することができます。C3の場合、虫歯が象牙質よりもさらに深く進行し歯の神経のなかまで到達していることが多いです。そのためC2のようなしみる症状よりも強い痛みと歯肉の腫れといった症状が出るようになり、腫れているところを冷やすと症状が落ちつくといった特徴があります。

さらにC4の場合は既に歯の神経が機能しておらず、虫歯による細菌が歯の根を通り歯の骨まで入り込み、内側から感染して溶け出すという症状にいたることがあります。よって痛みを感じるのはレベルC3までであり、C4になってくると歯の神経が死んでいるケースが多くあまり強い痛みを感じることはありません。

また歯にあいた穴を塞ぐ治療だけではなく、細菌が入り込んだ歯のなかをきれいに洗浄する治療も行なわなくてはいけません。この時、麻酔を使用しなくてはいけないのはC3のように強い痛みを感じている時であり、C4のように痛みを感じていない場合は麻酔を使用することはあまりありません。

しかし、虫歯があまりに大きいために歯を削ったらほとんどの歯が残せなくなってしまうといった最悪の場合、抜歯を行うこともあります。そういったケースの場合は麻酔を使用することになるでしょう。

歯並びと虫歯の関係
歯並びと虫歯の関係

虫歯と歯並びの関係はとても密接していると言えます。なぜなら虫歯は歯についた汚れをしっかり落とすことができていれば未然に防ぐことができる病気だからです。風邪やインフルエンザもまた手洗いとうがいをしっかり行っていれば予防できるように、虫歯も同じことが言えるのです。

しかし歯をきれいに磨こうにも、歯並びが悪いために歯ブラシが届かない部分があったり、自身ではどうしても磨くことができない部分があったりすると予防はできません。歯はきれいに並んでいて初めて十分なセルフケアを行うことができるようになるのです。そのため矯正治療は歯の見た目を良くするだけではなく、虫歯の予防を目的としていることもあります。

虫歯によって大切な歯を失わないようにするためにも、矯正治療はとても価値がある治療と言えるのです。

大切な歯を削らないようにしよう

虫歯は初期虫歯のように目に見えにくいものから、非常に大きな穴があいている深刻なものまでさまざまであり、必ず削らないといけないとは限りません。また近年では削らずに虫歯を治す方法も編み出されてきており、なるべく歯を長く残すことを優先的に、治療を行なっている歯科医院が増えてきています。どうすれば虫歯から歯を守ることができるのか、自身に合った方法で今からでも虫歯予防を始めてみてはいかがでしょうか。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション