矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 就職活動を有利にする?就職矯正のメリットとは
-->
矯正歯科
2017.06.6

就職活動を有利にする?就職矯正のメリットとは

はじめに

口元の美しさは、第一印象に大きな影響を与えると言われています。特に会社の面接など、大事な場面では第一印象が大変重要視されます。そのため最近では就職活動のために歯並びを矯正する若い人が増えてきています。今回はその事情とメリットをご説明します。

歯並びの良し悪しは相手に与える印象が異なる

歯並びが人に与える印象について見ていきましょう。

<歯並びの悪さはどんな印象を持たれているのか>
同じ笑顔でも、歯並びが整った笑顔とがたついた歯の笑顔では、相手に与える印象は大きく異なってしまいます。どんなに容姿が整っていても、歯並びがガタガタであるために残念…という意見も耳にします。

また歯並びが悪いと歯に対する意識が低い、という印象を持つ人も少なくないようです。ではなぜ矯正治療を行わなかったのでしょうか。そこには歯並びを治したくて矯正治療を行いたくても、家庭の事情等で矯正治療ができないという理由があります。また矯正治療は痛みを伴うため、怖くてできなかったという声も聞かれます。

<歯並びが悪いことのデメリット>
歯並びが悪いことで一番のデメリットは、「笑顔に自信を持つことができない」ことです。そしてその自信の無さが、就職活動において明暗を分けるといってもいいかもしれません。また歯並びが悪いと噛み合わせにも支障をきたすため、発音が不明瞭であること、滑舌が悪いなどが挙げられます。

そして歯並びが悪いと、歯みがきがし辛く、口腔内を清潔に保つことが難しい場合が多くなります。磨き残しによる歯肉炎や虫歯などになりやすい環境となってしまいがちです。このような症状があると、歯ぐきが下がっていたり黄ばんでいたりして、良い印象にはならないでしょう。

就職に向けて矯正を始めるメリットとは
就職に向けて矯正を始めるメリットとは

歯並びが悪いけど、矯正するタイミングを逃してきた、と言う方には就職は良い機会ではないでしょうか。

<歯並びを整えることのメリット>
歯並びを整えることは、あらゆる面でメリットがあります。まず何といっても「笑顔に自信を持つことができる」ことです。笑顔に自信を持つことは、面接にも積極的な気持ちで取り組むことができます。笑顔は社会人にとって必要な要素でもあります。

また発音もクリアになり、ハキハキと受け答えが出来ることも好印象に繋がります。そして歯並びが整っていると口腔内のケアも行いやすいため、プラークなどが溜まりにくく、虫歯が作られにくいというメリットもあります。

<就職に向けて矯正を行うにはいつごろから始めるのがベスト?>
矯正治療を始めるなら、できるだけ早いうちのほうが良いでしょう。矯正治療は個人差がありますが、治療に時間がかかるため、数年先を見越して始めるといいかもしれません。歯並びが綺麗に整った状態就職活動を行うためにも、始めるタイミングとしては入学してすぐくらいがベストではないでしょうか。

というのもこの頃は時間的にも比較的余裕があり、歯科医院へ通うこともそれほど難しくはないと思われます。また年齢的にも若い方が歯を動かしやすいため、治療もスムーズに進むことが考えられます。時間に余裕があるときこそ、歯列矯正を始めるチャンスでありベストなタイミングでしょう。

就職活動に向く歯列矯正とは

一般的に歯列矯正と聞くと、歯に銀色の矯正器具が付いているのを思い浮かぶのではないでしょうか。これは歯の表面にブラケットと呼ばれる金属でできたボタンのようなものを付け、ワイヤーを通して少しずつ歯を動かして歯並びを整える、最もポピュラーな方法です。ほとんど、どんな症例にも適応し、綺麗に歯並びを整えることができます。デメリットは目立つため、矯正治療を行っていることが周りにわかってしまうことです。金属素材が気にならない場合はこちらの方法が最も一般的ですが、目立たず行いたい場合は以下の方法がお薦めです。

<ブラケット+ワイヤー(透明タイプ)>
同じブラケットとワイヤーを使った矯正治療でも、金属素材ではなくセラミックやプラスチック素材のものなら目立たないため、矯正をしていることが周りから見てもほとんどわかりません。矯正の効果は金属のものと変わりませんが、費用面が金属に比べて高くなります。

<床矯正>
床矯正とは、専用の取り外し式装置を装着して顎の骨を拡大し、永久歯の歯並びスペースを確保、矯正する方法です。この矯正治療は主に子どもの乳歯から永久歯に生え変わるときに行われますが、大人でも歯並びの状態に応じて適用する場合があります。歯並びの乱れが少ない場合に行われる場合があります。

<マウスピース矯正、インビザライン>
取り外し式のマウスピース矯正やインビザラインは透明なマウスピースを装着して歯を動かす方法です。マウスピースが透明なため、矯正を行っていることがほとんどわかりません。また取り外し式のため、食後の歯みがきなどを行いやすく、口腔内を清潔に保つことができるところも人気です。

<部分矯正>
例えば前歯だけが気になる、下の歯が歪んでいるので綺麗にしたいなど、全体的な矯正を行うほどではなく、気になる部分だけ矯正治療を行う部分矯正を行う方法もあります。ただ部分矯正は症例が限られているため、全ての人に治療が適しているとは限りません。矯正医に相談する必要があります。

会社、企業は新入社員に何を求めるのか
会社、企業は新入社員に何を求めるのか

会社や企業側は、面接時に何を見て判断するのか。やはりそれは「明るい笑顔と清潔感」です。会社が新入社員に求めるのは明るさと爽やかさと清潔感であり、面接に来た瞬間に第一印象はほぼ決定すると言われているほどです。

また、矯正途中であっても会社側は、矯正を行っていることに対して悪いイメージは持たず、むしろ良いイメージを持つようです。面接における第一印象はとても重要で、相手に対する今後の印象をより良いものにするため矯正治療で歯並びを整えておくことは、就職活動にとても有利に働くでしょう。

併せて、口臭も気を付けなければいけません。歯列矯正とともに口臭対策もきちんと行っておくべきです。歯が綺麗に並んでいると、汚れも残りにくくなるので、それだけでも腔内を清潔にすることにつながります。

矯正治療には時間がかかります。できるだけ早い段階で歯列矯正を始めておくことが望ましいでしょう。矯正治療は痛みを伴い我慢することも多いでしょう。しかし、就職で良い結果を得られるためにも、今後の人生のためにも治療する価値は大きいのではないでしょうか。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション