矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯の矯正は口内炎との戦い?口内炎を気にしない歯列矯正
-->
矯正歯科
2017.06.24

歯の矯正は口内炎との戦い?口内炎を気にしない歯列矯正

はじめに

矯正治療には必ずと言っていいほどつきまとう宿命である口内炎。矯正治療中に、口内炎に悩まされる人は非常に多いと言われています。歯並びや噛み合わせをきれいにするためとはいえ、口内炎を我慢するのは辛いものです。口内炎さえなければ矯正治療の辛さがかなり軽減されるのでしょうが、口内炎にならないようにすることはなかなか難しいものです。しかし、治療自体が難しくても、口内炎の痛みをあまり感じないように工夫することは可能です。

そこで今回は矯正治療を乗り越えるために口内炎とうまく付き合っていく方法についてご紹介したいと思います。

矯正ワックス

矯正装置はどうしても口のなかを圧迫していまい、お口のなかの粘膜や舌を刺激してしまうものです。近年の矯正装置はそういったことに配慮し、小さいパーツや細いワイヤーを使用する傾向にありますが、それでも限界があります。

そんな時に使用するアイテムが矯正用ワックスです。矯正用ワックスは装置から粘膜を守り、お口のなかが傷ついたり口内炎ができたりしてしまわないようにしてくれます。矯正治療を扱っている歯科医院であれば矯正用ワックスがあるはずですが、もし歯科医院に置いていない場合は市販で購入することができます。

矯正用ワックスには主に2種類のタイプがあります。

■一般的な矯正用ワックス
昔から広く使われているタイプのもので、粘土のように何度も形を調整することができるものです。短いスティック状のものがケースのなかに入っています。それをちょうどいい大きさに千切り、指で形を丸くします。それを口内炎にあたる部分を覆うようにしてつけます。このとき、あらかじめ手は清潔にしておき、装置は唾液を拭いておきましょう。湿った状態ではワックスがつきにくいので注意が必要です。

■シリコンワックス
シリコンタイプのものは、先程のワックスよりもはがれにくい特徴がありますが、何度も形の調整をすることはできません。2種類のワックスを混ぜ合わせて使うシリコンワックスは、時間が経つと固まってしまうため形を変えられなくなるのです。他のタイプのワックスより迅速に扱わなければならないので注意が必要です。一般的な矯正用ワックスとシリコンワックスを見間違えないようにしましょう。

口内炎の薬
口内炎の薬

もし口内炎ができてしまった場合はできるだけ早く治って欲しいものです。そういった時に使用するのが口内炎の薬です。これにもいくつか種類があるためご紹介させていただきます。歯科医院で処方してもらう薬もあれば、市販で購入できる薬もあります。

■軟膏タイプ
口内炎にも大きさや種類などさまざまな違いがありますが、どのタイプの口内炎にも使いやすいと言えるのが「軟膏タイプ」です。歯科医院で処方されることが多いのはこちらのタイプであり、市販でも購入できます。口内炎の大きさによって薬の量を調節でき、軟膏で口内炎を覆うことにより痛みが飛躍的に緩和されます。

口内炎に触れないように薬をつけたい場合は綿棒を使用すると良いでしょう。唾液で濡れているとうまく薬がつかない場合があるので、事前に乾燥させておくようにしましょう。

軟膏タイプにはステロイド系と非ステロイド系の2種類があります。それぞれの特徴を押さえて、自分に合ったタイプを選んでください。

■シールタイプ
口内炎があまり大きくない場合や、痛みが強い場合に活躍するのが「シールタイプ」の薬です。こちらも歯科医院で処方してもらうことができ、市販でも購入できます。口内炎をシールで覆うように薬をつけることができるため、軟膏タイプよりも装置があたるのを防ぐこともできます。またこちらのタイプはある程度唾液がついていても薬をつけることができるので便利です。しかし、口の奥の方に出来た口内炎など、部位によっては貼りにくいケースもあります。使用説明書をよく読んでから、正しい手順で貼りつけてください。シールタイプも、ステロイド系と非ステロイド系の2種類に分かれています。

■スプレータイプ
近年新たに登場したのが「スプレータイプ」の薬です。こちらは市販でのみ購入することができます。指の届きにくい場所や見えにくい場所にある口内炎にも簡単に薬を吹き付けることができます。ただし口内炎をカバーすることができないため、薬をつけたあとも痛みが継続する可能性があります。口内炎を触りたくない場合や薬の味に抵抗がある方などはスプレータイプを使用することが多いようです。

■うがい薬
実は、口内炎には「うがい薬」も効果があります。うがい薬も軟膏タイプやシールタイプのように歯科医院に処方してもらうか、市販で購入することができます。歯科医院で処方されるうがい薬で主なものはアズレイうがい液かネオヨジンガーグルです。市販品ではポビドンヨードを配合した殺菌力が高いものか、アズレンを配合した抗炎症作用があるものが主流です。

■薬以外の方法
軟膏や貼り薬を口のなかに入れることに抵抗を覚えてしまう方にオススメなのが「蜂蜜を口内炎に塗ること」です。蜂蜜には殺菌効果と炎症を落ち着かせる効果があるほか、ビタミンを多く含んでいるため、症状をやわらげるだけでなく、口内炎の治りを早くしてくれることがあります。ブドウ糖やショ糖などを加えたものではなく、100%純粋な蜂蜜を使用すると良いでしょう。

また、塩水でうがいをするのも口内炎には効果的です。蜂蜜と違いしみてしまいますが、塩水の殺菌効果が口内環境を改善する手助けをしてくれます。

装置の調整
装置の調整

口内炎ができてしまった場合の対策についてご紹介させていただきましたが、もし可能であれば装置があたらないように歯科医院で調整してもらうことをオススメします。装置がそのままだと、一旦口内炎が良くなっても再度同じところにできる可能性があるからです。装置を調整することで再発を防ぐことができるからです。

装置に慣れることも大切なことですが、ずっと我慢し続けるとどうしてもストレスになってしまいます。ある程度様子を見て、それでも装置があたるようであれば無理をせずに調整をしてもらうことも大切です。

まとめ

矯正装置による口内炎トラブルは多くの人が体験することですが、その分対策グッズも多く、自分で市販品を購入して対処することも不可能ではありません。きれいな歯並びと噛み合わせを得るためにも何とかうまくやり過ごして、治療の終わりを迎えましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション