矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯ぐきマッサージの実施方法について|お口の健康維持のためのメリット
-->
矯正歯科
2017.07.18

歯ぐきマッサージの実施方法について|お口の健康維持のためのメリット

はじめに

歯の健康を維持するためにはしっかりとした歯磨きをすることが一番ですが、そのほかにも歯ぐきの健康を維持することができるマッサージがあることはご存知でしょうか。
「歯ぐきのマッサージ」と聞いてもすぐにはピンとこないかもしれませんが、歯ぐきのなかには目には見えない非常に細い血管がたくさん通っています。そのためマッサージをすれば歯ぐきの血行を促すことができますし、それによりさまざまな場面で思いがけない効果が得られることがあるのです。

よって今回は「歯ぐきのマッサージ」の効果によるメリットやその方法についてご紹介したいと思います。

歯ぐきのマッサージの効果
歯ぐきのマッサージの効果

歯ぐきは、ただ歯の骨を覆っているだけの粘膜組織と思われがちかもしれません。
しかし歯周病になれば歯肉炎になることで危険サインを出し、歯周病菌が出した毒素を体外に排出する役割を持っています。

また歯ぐきのなかには唾液腺があり、虫歯予防において重要な唾液が分泌されているのも歯ぐきからです。

このように歯の健康にとって歯ぐきはとても重要なものであり、「歯ぐきのマッサージ」をすることは歯の健康にもつながっていくということです。

そこで「歯ぐきのマッサージ」によるさまざまな効果とメリットをご紹介します。

■歯周病の改善
「歯周病」になると歯ぐきが赤く腫れあがり、出血や膿が出たり歯がグラグラするなどの症状が出てきます。

また歯ぐきの腫れがひどい場合、歯を磨きたくても歯ぐきに歯ブラシがあたることで痛みが出てしまい、なかなかうまく磨けなくなってしまいます。

しかし歯を磨かなくてはいつまでも症状は改善されないため、歯ぐきの腫れを早く落ちつかせる必要があります。そんな時に「歯ぐきのマッサージ」が効果を発揮するのです。
歯ぐきが腫れているのは歯周病菌が出した毒素により歯ぐきが炎症しているためであり、この毒素を早く排出させることで症状を落ちつかせることができます。

また特に問題がない時でも「歯ぐきのマッサージ」をすることで歯ぐきのなかの血流を促し、代謝を良くする効果も得られます。

歯ぐきのなかにある静脈血管は老廃物を心臓に送る役割があるため、歯ぐきの血行を循環させることで新しい組織が作られるようにするのです。それにより歯周病にかかりにくい健康的な歯ぐきを維持できるというメリットもあります。

■唾液の量が増える
「唾液」は食事をしたことで酸性よりに傾いた口内環境を中性に戻したり、ミネラルが失われた歯の再石灰化を促したり、口臭予防や胃の消化の助けなどもしています。
その「唾液」の分泌を促すには、ガムを噛んだり酸っぱいものを食べたりすることで唾液腺を刺激することで可能になります。しかしそればかりしていると歯に負担がかかってしまうことになるため、「歯ぐきのマッサージ」をすることで唾液の分泌を促すことも可能です。

またマッサージの際には「唾液」が分泌されるツボを刺激するとより良いとされています。

そのツボは上下左右の4ヶ所にあり、それぞれ糸切り歯とその隣の4番目の歯のあいだで、歯の根元付近にあります。そこにあるツボをそれぞれ指で押して刺激することで唾液腺が刺激され、「唾液」の分泌が促されます。

■矯正治療の痛みの緩和
矯正治療をしているとある程度の痛みが必ず伴うものです。特に装置をつけている歯は常にしめつけられるような感覚と歯を動かされる痛みに苛まれます。

そんな時に「歯ぐきのマッサージ」を行うと歯が感じる苦痛を緩和させることができます。

矯正による全体的な歯の痛みは、歯ぐきのなかを通る毛細血管の収縮によって血行が悪くなっていることが原因です。そのためマッサージを行うことで意図的に血行を促進させれば少しずつ痛みを緩和させることができます。それにより矯正装置に早く慣れることも可能です。

また通常の矯正治療は装置を外せませんが、インビザラインなどのマウスピース矯正の場合は装置を外してマッサージができるため、矯正をはじめる方はそちらもおすすめです。

マッサージの方法
マッサージの方法

ではここで「歯ぐきのマッサージ」の仕方についてご説明します。

マッサージは指を使った方法と歯ブラシを使った方法があります。どちらの方法で行っても大丈夫ですので、自身の好みと状況によって選ぶと良いでしょう。

またマッサージをする際は歯磨きも終わり、特にすることがない時が良いです。
歯ぐきはデリケートなため、つい慌てたり乱暴にしてしまったりすると傷つけてしまうおそれもあります。そのことに注意をしながら必ず鏡を用意して行いましょう。

■指を使ったマッサージ
まずは「指を使ったマッサージ」の方法です。

歯ぐきを傷つけないように、あらかじめ爪は短く切り、手も洗っておくと良いでしょう。雑菌が付着している場合は口のなかに何らかの菌が入り込んでしまうおそれもあります。

マッサージは右下、左下、右上、左上の四分割にエリアを分けて行います。どの場所からはじめても結構ですが、最初は前歯から奥歯に向かってマッサージを行います。

使う指は人差し指のみであり、指の腹で歯ぐきをゆっくりと円を描くように撫でるようにしてマッサージをします。片方の手は歯ぐきをマッサージし、片方の手は唇を引っ張り歯ぐきがよく見えるようにしましょう。

それを前歯から糸切り歯まで、糸切り歯から奥歯までとゆっくりとしたペースで行い、3セットずつ繰り返します。それを4ヶ所ずつ行ったら、最後に両手の人差し指を使い、歯ぐきの根元と唇の粘膜の境目あたりを前歯から奥歯までやさしく撫でるように往復します。それも3回繰り返したら完了です。

またマッサージをしている最中に唾液がたくさん分泌されることもあるため、口元にタオルをあてながら唾液が垂れてこないようにすると良いかもしれません。

■歯ブラシを使ったマッサージ
次に「歯ブラシを使ったマッサージ」です。
指でやる場合に比べ、道具を使うことで手に力が入りやすくなり、毛の硬いブラシを使うと歯ぐきを傷つけてしまいます。そのためなるべく普通よりやわらかめの歯ブラシを使うようにしましょう。

マッサージの方法は指でする場合と同じであるため、歯ぐきを全体的に歯ブラシでやさしくゆっくり撫でるようにマッサージをします。

また電動歯ブラシをお持ちの方はそちらを使ったマッサージを行っても良いでしょう。超音波による振動は、手を動かすよりも効率的に適度な刺激で歯ぐきをマッサージできるためです。ただし電動歯ブラシの種類によっては振動の強さを調節できるものとできないものがあります。振動を調節できるものであれば、一番弱い振動でマッサージをするようにします。

もし調節できない場合、歯ぐきが痛みを感じないようであれば問題ありませんが、痛みを感じる場合は普通の歯ブラシに変えて行っていきましょう。

歯ぐきを大切に

歯を虫歯や歯周病から守ることも大切なことですが、歯を支えている歯ぐきをやさしく労わることも歯を長持ちさせることにつながっていきます。

また歯ぐきと口の粘膜の境目付近には全身につながるツボがあり、マッサージをすることで歯ぐきだけでなく全身のツボを刺激するメリットもあるのです。

これまでは気に留めたことがなかった歯ぐきの健康を守るマッサージを、ぜひ今日からはじめてみてはいかがでしょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション