矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 大人になって出っ歯になる人は珍しくない!歯並びが悪くなる理由
-->
矯正歯科
2017.09.4

大人になって出っ歯になる人は珍しくない!歯並びが悪くなる理由

はじめに

子どもが出っ歯の場合、歯並びを心配して矯正治療を開始させる保護者の方は多いでしょう。しかし大人になってから歯並びが悪くなるとともに、出っ歯になってしまうケースがあります。ではなぜ大人になってから歯並びが悪くなるのでしょうか。


大人になってから歯並びが悪くなる
大人になってから歯並びが悪くなる

歯並びが悪いというとき、子どもの歯並びというイメージが強いかもしれません。出っ歯はその見た目から、からかわれることも多く、気にする子どもやその親も多いでしょう。しかしこの出っ歯は子どもだけに起こるものではありません。子どものころの歯並びに特に問題はなかったのに大人になってから少しずつ前歯が前に出て、気が付けば出っ歯になっていた、ということが時に起きてしまいます。

言い換えれば、大人になってから歯並びが悪くなることが出てくるのです。大人になってからの出っ歯の原因には色々ありますが、その大きな要因として、「奥歯の噛み合わせが低いこと」が考えられます。食べ物をしっかりと咀嚼するための奥歯ですが、奥歯の噛み合わせは歯並びにとても大きな影響があります。

奥歯の噛み合わせが低い理由とは

大人になってから歯並びが悪くなる原因となる奥歯の噛み合わせですが、噛み合わせが低くなると、上下の歯がよく当たるようになります。このため前歯が唇側に傾き、歯がだんだん前へ出て出っ歯になってきます。この噛み合わせが低いことで、色々な影響が出てきますが、そもそもなぜ噛み合わせが低くなるのでしょうか。考えられる理由として以下のことが挙げられます。

■ブリッジや被せ物、詰め物が低い
噛み合わせが低くなると、下顎が持ち上がって上顎に近づくため、顎の関節を圧迫します。奥歯の噛み合わせは、実は1本2本が原因で、全体の噛み合わせが大きく変わってしまうのです。噛み合わせが変わってしまうと、頭痛や肩凝りなどの不定愁訴をはじめ、顎関節症の引き金になるなど、深刻な影響が出てしまいます。

第一、第二大臼歯は虫歯になりやすく、詰め物や被せ物を必要とする治療が多く行われます。この詰め物や被せ物を着けることで、噛み合わせに変化が生じると言われていますが、特に被せものは、ほぼ100%噛み合わせが低くなるそうです。

■歯が抜けたままや虫歯になって低い
奥歯を虫歯や歯周病などで抜歯した場合、部分入れ歯やブリッジ、インプラント治療を行い、失った歯の機能を回復させなければいけません。ところが抜いたまま放置すると、抜けた部位の裏側の歯が前へ倒れてきたり、噛み合わせの歯が伸びてきてしまうことで噛み合わせが狂ってきます。また奥歯が虫歯になっていると、歯が溶けて噛み合わせが低くなります。虫歯治療を行うために歯を削っても、当然噛み合わせが低くなります。

■自分の歯が摩耗して削れて低い
歯ぎしりや食いしばりなどで奥歯が擦り減ることがあります。奥歯が擦り減ると当然噛み合わせが低くなり、前歯が強く当たるようになります。その結果、上の前歯が唇側へ傾斜し、出っ歯となってしまいます。また出っ歯になるだけでなく、歯と歯の間に隙間が生じたすきっ歯にもなってしまいます。見た目が悪くなる、また前歯で物を噛み切れなくなる機能障害が起きやすくなります。

その他にも舌で前歯を押すことで出っ歯になってしまうことから、舌癖が悪いことも大人の出っ歯の一因となります。

出っ歯による歯への悪影響とは

このように、子どもばかりが出っ歯になるわけではありません。大人になってからの出っ歯には、色々な悪影響が出てきます。

■虫歯、歯周病になりやすい
出っ歯になると口を閉じにくく、いつも口が開いた状態になります。そのため口の中が乾燥し、唾液が減ってしまいます。唾液が減ると口腔内に存在する細菌が増殖し、前歯の虫歯や歯周病が進行しやすくなります。

■顎関節症になりやすい
奥歯の噛み合わせが低くなることにより、下顎が持ち上がって顎の関節を圧迫するため、顎関節症になりやすくなってしまいます。

■口呼吸になりやすい
呼吸は本来、鼻で行うものですが、出っ歯になることでどうしても口が開きやすくなります。その結果、口で呼吸を行う口呼吸になってしまいます。口呼吸になると、細菌やウイルスなどが直接喉から体内に入り込むため、風邪を引きやすくなったり、インフルエンザになる、あるいはアレルギー体質になってしまうこともあります。また口呼吸はますます出っ歯を増長させてしまうとも言われています。

大人の出っ歯や歯並びの乱れを治すには
大人の出っ歯や歯並びの乱れを治すには

大人になってからの出っ歯を治すには、矯正治療を行うことが最も有効です。奥歯に問題があることが多いため、前歯だけを治す部分矯正よりも、正しい噛み合わせを重視した、全体的な矯正治療を行うほうが良いでしょう。

■マルチブラケット+ワイヤー矯正
最もスタンダードな矯正治療です。歯の表面にブラケットと呼ばれる小さなボタンを接着し、ワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていきます。ほとんどの症例に対し効果が期待できる方法ですが、金属素材を使用することでどうしても目立ってしまいます。最近ではセラミックやプラスチックを使ったクリアブラケットが目立ちにくく人気を集めています。

■リンガル矯正
歯の表面ではなく、歯の裏側にブラケットを装着する方法です。歯の裏側に着けること、目立たず矯正を行うことができます。特にこのリンガル矯正は、出っ歯の治療に適しています。ただし費用は、通常のブラケット矯正よりも高くなります。

■マウスピース矯正
歯型を取り、マウスピースを作成します。このマウスピースを装着し、決まった期間ごとにマウスピースを作り替えて少しずつ歯を動かして歯並びを整えていきます。

出っ歯を引き起こした原因を知り、適切な治療を行うことが大切

このように、大人の出っ歯は子どもと異なる理由で引き起こされることをお話ししました。奥歯に原因がある場合、それまでの治療に問題があったことが大きな理由です。噛み合わせは何よりも大切であり、そのことを考えた治療を行わなければいけません。噛み合わせを軽視し、その時の症状だけを治す治療では、のちの歯並びに大きな変化が起きてきます。

大人の出っ歯は見た目だけでなく、歯周病の進行など口腔内に深刻な影響が出てくるため、適切な治療を行うようにして下さい。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション