矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 矯正治療中に歯が欠けた!原因と治療法とは
-->
矯正歯科
2017.09.19

矯正治療中に歯が欠けた!原因と治療法とは

はじめに

歯科矯正治療中に、特にぶつけたなどの理由も無いのに歯が欠けてしまうことがあるのをご存知ですか。なぜそのようなことが起こりえてしまうのでしょうか。矯正治療に伴い歯が欠けてしまう場合の理由や、その処置方法などに関してご紹介します。ケースによっては致し方無いこともあるため、矯正治療をお考えの方や治療中の方には事前に知っていただきたいこともあります。ぜひ参考にご覧ください。


歯科矯正治療が原因で歯が欠けることはあるの?
歯科矯正治療が原因で歯が欠けることはあるの?

特に外部からの刺激もなく、歯科矯正治療中や終了してすぐに歯が欠けたことに気付いたとします。もしかするとその欠け方は、矯正治療をすることによって欠けてしまったのかも知れません。

■歯科矯正期間中に歯と歯の接触が強い場合
歯科矯正中は噛み合わせが徐々に変化していくため、動かす途中経過で噛み合わせが強く当たる部分が出ることがあります。食事の際など、噛み方によっては強く当たってヒビが入ってしまったり欠けてしまったりすることも考えられますので注意が必要です。またそのような時期には、生活の中での注意点や食事の際に気を付けること、食べないほうがよい食材などに注意を払いましょう。

■歯科矯正中に進行した「隠れ虫歯」で欠けた場合
歯科矯正用の器具や歯並びの重なった部分に隠れて虫歯ができている場合、気づかない間に進行してしまうことも考えられます。また、矯正のための調整で1ヶ月に1度のペースでお口の中を診てもらっているものの、矯正専門の歯科医師は虫歯に関して毎回注意深く検診するわけではありません。そして、隠れた虫歯は気づかないままの場合もないとは言えません。

■歯科矯正器具を外すときに欠けた場合
歯科矯正のために「ブラケット」という装置を歯の表面に接着剤を用いて装着しています。その装置を外す際に歯の表面のエナメル質をごくわずかですが剥がしてしまうことがあります。とはいえわずかな量なので、通常は十分自然に回復できる量です。

もしも外した際に大きく欠けてしまったとすれば、矯正治療中にブラケット周辺の歯の質が虫歯になっており、もともともろくなっていたために外した衝撃で大きく欠けてしまったことも考えられます。

もしも歯が欠けてしまった場合の対処法

では、もしも矯正器具を外した際に歯が欠けてしまった場合、どのような対処や治療をおこなうのでしょうか。

■表面のエナメル質が剥がれてしまっている場合
ブラケットを外した際に、歯の表面のエナメル質が一緒に剥がれてしまった場合、エナメル質の表面構造を正常に戻してあげることが大切です。もしもわずかな量で正常範囲内であれば、唾液やフッ素に含まれる成分によって「再石灰化」がおこなわれて自然に歯の表面が修復されるため、フッ素を塗布するなどして様子をみて大丈夫です。

■小さく欠けてしまった場合
先端部分などが小さく欠けてしまったような場合には、ギザギザになっている部分を滑らかに丸めるよう調整するだけで済むことがあります。また、小さいくぼみのような欠け方であれば、「コンポジットレジン」という歯科用のプラスチックのような材料で埋めて治療することもあります。

放置してしまうと先端部分であればさらに大きく欠けてしまったり、くぼみは汚れが付きやすくなって虫歯が進行してしまったりすることもありますので、早めに処置することがほとんどです。

■歯の神経が死んでしまっている場合
歯の欠け方が大きい場合、神経が露出して保存ずることが難しく、神経が死んでしまうこともあります。また、歯が矯正力で動いたことにより、その刺激で歯の根っこが吸収されたりすることもあります。

神経が死んでしまった場合や、歯がグラグラしてしまっている場合でも、できるだけ自分の歯を残す処置をします。根っこの清掃をして残存させるか、グラグラしている場合は周辺の歯と連結させて安定できるかどうか固定します。

歯列矯正で歯が欠けることに関して注意しておくことはある?
歯列矯正で歯が欠けることに関して注意しておくことはある?

では、歯科矯正をしているときにどうしても起こる歯や顎の骨への負担にできる対策はあるのでしょうか。そこでできるだけ負担をかけないように注意すべき点や、生活の中でおこなえる工夫などをご紹介します。

■歯が当たっている部分は注意が必要
もともと歯ぎしりをするクセがあったり、矯正で動かす過程で歯が当たる部分があったりする場合には、上下の歯が必要以上に接触しないように意識するだけでも効果があります。食いしばりや歯ぎしりしないでおくことに意識を向けてみてください。

歯ぎしりの傾向がある方は、神経が欠け方によって死んで割れてしまうこともあるので注意しておきましょう。また、もしどうしても食事の時などに当たってしまう場合は、歯科医師に必ず相談しましょう。

■歯の表面を酸から守る
歯の表面に付けているブラケットは複雑な形をしているため、歯との接面に汚れが残りやすくなってしまいます。隙間から虫歯が進行する可能性もありますし、歯の表面にあるエナメル質事態が酸によって溶かされて弱くなることも考えられます。

歯磨きは細かくすみずみまで行きわたらせるようにしましょう。タクトブラシという、先の細いブラシを使うのがおすすめです。また、酸の強い飲食物を控える工夫もエナメル質が溶かされることを予防する効果が期待できます。

■矯正治療開始前に歯科医師と相談を
矯正中はさまざまなことが要因で歯が欠ける原因になってしまうことがあります。もともと食いしばりや歯ぎしりがあったりする場合は、歯科矯正に入る前の問診で担当医に申し出ておきましょう。事前に伝えておけば対策をとってくれたり、工夫を指導してくれたりします。歯磨きや食事など、日常生活の中で工夫できることに取り組むことが大切です。

まとめ

矯正治療では、歯の表面に装置を接着させるため、歯の表面に少なからず何らかの負担はかかります。また、歯並びが乱れているものを整えるのには徐々にしか動かせないため、動く過程の中で歯と歯がぶつかる場所が出ることも致し方ありません。

歯への負担を少なくするための工夫や生活習慣に気を付けながら過ごしたりするためにも、事前に歯が欠ける可能性に関してのリスクを周知しておきましょう。そして、矯正治療を始める前に伝えることが重要で、歯科医師と相談・確認しておくことが最小限のリスクに抑えることができます。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション