矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 矯正治療が必要になる可能性が高い方の特徴
-->
矯正歯科
2016.08.4

矯正治療が必要になる可能性が高い方の特徴

矯正治療が必要な人とは?

矯正治療とは歯科で言うなら、歯並びを適切な位置へと動かすことを言います。この矯正治療が必要になる人とはどういった人でしょうか?ここでは矯正治療をすることをおすすめする人の特徴を挙げていきます。

まず1つ目が、食べ物がしっかりと噛めない人です。食べ物がしっかりと噛めないと食事が満足に出来ませんし、何より食事を楽しめませんよね。

2つ目は、歯と歯の間が空いている人は食べカスがたまりやすく、虫歯になりやすくなります。また虫歯だけに留まらず、歯周病になった場合には歯茎に炎症が起きたりするなど重篤化する原因にもなります。

3つ目は、あごの関節に負担がかかるということです。過度な負荷がかかり続けると、顎関節症になる可能性が高まります。しっかりと食べ物を噛めないということは均等に噛むことが出来ず、偏った噛み方を続けた結果、顎関節症につながります。

こうなってしまうと、口を大きく開けることが出来なくなり、食べ物を噛んだり会話に支障が出てきたりする可能性が出てきます。

4つ目は、歯並びが悪いことで発音に支障が出てくることです。歯の間から空気が抜けると正しく発音することが出来ず、会話が成り立たなくなってしまうかもしれません。

5つ目は受け口です。正式には反対咬合と言われ、下の歯が前よりも飛び出ている状態を指します。

6つ目は、出っ歯でです。5つ目とは反対に、前歯が飛び出ている状態を指します。正しくは上顎前突と言います。なお著しく歯が出ている場合は口を完全に閉じることが出来ず、口呼吸の原因になったりドライマウスになったりします。

以上のように6つほど挙げていきましたが、これは大きく分類したものなので複数の症例が合わさった歯並びもあります。このような特徴がある人は早急に矯正治療を始めた方が賢明です。

子供の時から矯正治療をした方がいいか?
子供の時から矯正治療をした方がいいか?

乳歯は生え替わるものだから、歯並びが悪くても気にしなくていいと思いますか?実は乳歯の生え方で永久歯がどのように生えてくるかが決まります。

加えて現代の食生活では固いものより柔らかい食べ物が増えたことで、子供の時に顎を十分に鍛えることが出来ません。その結果、永久歯が生える時に顎が発達していないと永久歯のスペースが確保出来ず、正しくない歯並びにつながる要因になってしまうのです。また、悪い歯並びのまま食べ物を正しく噛めない状態が続くと、顎や肩の筋肉バランスが崩れて、肩こりや頭痛、姿勢の悪さにつながってしまいます。それに加えて、幼い頃からの指しゃぶりや爪を噛む癖、口呼吸をする、物を飲み込む時に前歯の裏を舌で突き出す癖がある場合からも歯並びが悪くなる要因につながります。

特に子供の時に歯並びが悪いと同級生にからかわれたり、「変な歯だ」などと指摘されたりが続くと、歯並びの悪さがコンプレックスへとつながります。そして、自然な笑顔ができない、元気がなくなるなどの要因になります。歯並びが悪いことで口内の問題から、全身の発育や健康、心にまで悪影響を及ぼしてしまうことになるのです。

因みに矯正治療の費用は、健康保険が適用されず自費扱いになりますが、大人で矯正治療をするより子供のうちに矯正治療をする方が費用的に少なく済みます。子供の一生を左右しかねない歯並びの問題を、出来るだけ早期に矯正治療をしてあげることが大切です。

子供の矯正治療を始める時期
子供の矯正治療を始める時期

具体的に子供の矯正治療の始める時期としては6歳から10歳の頃、乳歯から永久歯へと生え揃う前が適切です。これを一期治療、もしくは骨格矯正と言います。この段階では舌の動かし方に癖がある場合は舌の動きを正す矯正装置を使ったり、顎を広げる矯正装置を使ってあらかじめ顎の環境を整えることを行います。

その後は永久歯が生え揃うまで定期的な経過観察をします。永久歯に全て生え替わってから矯正治療を始めた場合は、歯列を整えるスペースが確保できないために抜歯をしなければならないことがあるのです。そのため子供のうちから矯正治療を始めることでしっかりとした永久歯を維持することにもつながります。

顎が順調に育った場合は永久歯が生える時期には、永久歯同士に隙間が出来ます。この隙間があることでこれから生えてくる永久歯のスペースが保たれ、顎がきちんと成長している証拠なのです。反対にこの段階で全く隙間がなく、ピッタリと綺麗に永久歯が並んでいる状態だと問題です。

次の段階としては13歳からの永久歯が全て生えそろってから、矯正装置を使って本格的な矯正治療へと進みます。これを二期治療、歯列矯正と言います。この段階ではよく見かける金属製のワイヤーやブラケットを使った矯正治療を始めますが、目立たなくする透明なブラケットや舌側に矯正装置を付けたりと患者の要望に基づいて矯正方針が決まります。

小児歯科だけではなく、小児矯正歯科を専門としている歯科医院もあります。矯正治療には長い期間がかかるため患者のお子さんはもちろん、親御さんと互いに根気強く矯正治療を行っていくことが何よりも大切になっていきます。

日本の矯正治療の現状

自分の歯並びが悪くても気になりませんか?初対面で歯並びが悪い人に対しての印象は残念ながら悪くなります。日本人は世界各国から見てもあまり歯並びに関心があるようには見られず、特に外国人から見た日本人は歯並びが悪い状態なことが不思議に思うそうです。ある統計によると、日本に住む外国人100人に日本人の歯並びについて質問したところ、歯並びが良いと答えた割合が4%にとどまり、76%が歯並びが悪いと答えたそうです。ですので海外に旅行で行く方や仕事で海外へ行く方は良く見られたいと思う場合は、矯正治療を終えてから海外へ行くことをおすすめします。

また日本人は歯並びが悪いことには関心があるものの、矯正治療をしようとする意識が低いようです。具体的な数値を挙げると元々歯並びが悪い人の割合がそれぞれ200人に対し、日本は61%でアメリカは58%と変わりませんでした。

しかし、矯正治療率はそれぞれ120人に対し、日本が21.3%に対しアメリカは50%と大きく異なります。『歯並びが悪く未治療の人のうち、矯正治療をしたい』と思う人はそれぞれ200人に対し、日本で54.2%に対してアメリカは79.3%と、アメリカと比較すると矯正治療率・治療意向ともに低い結果があるようです。

更に『自身の歯並びについて歯科医に相談したことがある』という質問には、日本が23.5%に対してアメリカは67.5%と、日本では歯科医への相談が一般的にされていない実態が明らかになりました。

この調査結果では、日本人は矯正装置に対してネガティブなイメージが強く、『矯正装置をつけることに心理的な抵抗がある』と答えた割合がそれぞれ200人に対し、日本は63%と多くアメリカの24%と大きく異なります。また矯正治療中のイメージについて、『歯並びが良くなっていくのが嬉しい』と答えた割合が、アメリカは76%に対し、日本はわずか37%と日本人が矯正治療に良いイメージを持っていないことが分かります。

『どのような装置なら矯正治療をやりたいか』という質問には、目立たない装置や違和感が少ない装置が望ましいと答える割合が多いようです。現在は目立たない矯正装置があることを認知していないがために、ネガティブなイメージが先行していることが浮き彫りとなりました。

このように本来は矯正治療をする必要がある人がそれを自覚せず、また歯科医に相談が出来ずにいる現状があります。矯正治療に対する正しい知識を身につけると共にこれらの記事を参考にしていただきたいと思います。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション