矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > スポーツ上達のカギは「歯並び」にあった!?
-->
矯正歯科
2017.12.7

スポーツ上達のカギは「歯並び」にあった!?

はじめに

世界の舞台で活躍する超一流アスリートは、身体能力に秀でていることは皆共通していますが、多くの方がまるで映画スターのような美しい歯並びを持つ傾向にあります。これは偶然ということではなく、実は歯とスポーツには大きな関係性があるのです。そこで今回は、スポーツに密接に関わる歯並びについてご紹介します。


ボディバランスや瞬発力に影響する歯並びの良し悪し
ボディバランスや瞬発力に影響する歯並びの良し悪し

スポーツは日頃のトレーニングや練習で培われた経験、そして己の肉体が何と言っても資本。これはアマチュア、プロを問わず、スポーツに関わる人ならば誰もが当たり前のように認識しています。筋肉の付け方や基礎体力、ボディバランスはもちろん大事ですが、実はそのボディバランスや瞬発力に大きく影響しているのが歯並びです。
歯のかみ合わせが悪いと身体の重心が自然とズレてしまい、バランスの良い肉体を保つのが難しくなります。左右のボディバランスが均一に近ければ近いほど理想的な肉体と言われますが、ただトレーニングで筋肉や骨格に気をつけるだけでなく、歯列矯正をしてまで歯並びを美しく整えるアスリートは珍しくないのです。体操やフィギュアスケートならば、見た目の美しさも得点に影響することがありますが、同時にボディバランスもとても大事な要素。そして、野球やサッカー、テニスといったポピュラーなスポーツでも安定した体幹を備えていれば、より安定したパフォーマンスを発揮できるようになるのです。

力を入れる時に人間は歯を食いしばる傾向にある

スポーツ中だけに限らず、人は力を入れて重い物を持ち上げる時や踏ん張る時は思い切り歯を食いしばる傾向にあります。歯を食いしばる動作によって人は全身の筋力を瞬間的に向上させますが、それと同時に歯には強い負荷がかかります。思い切り噛み締めた時、歯には成人男性で約30kgもの力が加わると言われており、奥歯ならば100kg近くの負荷がかかることもあるのです。
この時、歯のかみ合わせが良ければしっかりと力を伝えられるようになりますが、歯並びが悪いと本来伝えられるパワーをロスしてしまう可能性が出てきます。と同時に、歯を食いしばる癖がある人は競技中に何度も歯に負荷がかかりますから、歯の状態が悪くなっていくことがあります。たとえば、野球ではバットをスイングする瞬間、ボールを投げる瞬間に歯を食いしばることがありますが、この動作を何年も続けているとそれだけで歯はすり減っていきます。そのため、一流アスリートは頻繁に歯医者に通い、歯並びを含めたオーラルケアを欠かさない人が多いのです。

強い負荷がかかる歯を保護するマウスガード
強い負荷がかかる歯を保護するマウスガード

先にお伝えした通り、歯を食いしばった時には非常に強い負荷がかかりますし、身体的接触があるサッカーやラグビーなどのスポーツや、格闘技をやっている方であれば時として歯を損傷してしまうことも少なくありません。
歯は一生ものですから、次々に失ってしまっては取り返しのつかないことになりますし、できることならば無用な負担はかけたくないでしょう。そんな方々にとって、スポーツ中の歯を保護するためのアイテムとしてオススメできるのがマウスガードです。
マウスガードは歯にかかる衝撃を吸収するような柔らかめの素材で作られた保護アイテムであり、こちらはスポーツショップやネット通販でも購入が可能となっています。しかし、既製品は必ずしも自分の歯に適合するとは限りません。できることなら、歯医者で自分専用のマウスガードを製作してもらうと、つけ心地も良くしっかりとフィットした、高い保護効果のマウスガードが期待できます。

アスリートでも可能なマウスピース矯正

スポーツにおける歯並びの大切さをご紹介してきましたが、スポーツ中だと歯列矯正ができない、とお考えの方もいらっしゃるでしょう。事実、主流を占めていた金属製ワイヤーを歯の表面に取り付ける方法の歯列矯正は、金属で口内を怪我する可能性もあるためスポーツ中に適した矯正方法とは言えず、また目立ってしまうことも一因となって敬遠する人も多いです。
歯の裏側に金属製ワイヤーを取り付ける、比較的目立たない歯列矯正方法もありますが、付けていることが気になって集中できない、衝撃で外れてしまったら怖い、という声もあるなど、やはりアスリートにとってあまりオススメはできない矯正方法です。
しかし、近年広がりつつあるマウスピース矯正は、歯に被せるようにしてマウスピースを装着するだけの矯正方法です。一度取り付けたら付けっぱなしの金属製ワイヤー方式と異なり、マウスピース矯正は自らの意思で着脱が可能となっているため、激しい接触のあるスポーツをする時、または食事をする時だけ取り外して他の時間は付けておく、という使い方が可能となっています。しかも、使用するマウスピースは透明素材で作られているため、日常生活では非常に目立ちにくいというメリットもあります。このため、小中高と学生スポーツに打ち込んでいる期間でも無理なく歯列矯正できるマウスピース矯正がオススメと言えるのです。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション