矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > マウスピースを使った歯列矯正がメリットだらけ!
-->
矯正歯科
2017.12.10

マウスピースを使った歯列矯正がメリットだらけ!

はじめに

「芸能人は歯が命」なんてCMがかつて一世を風靡しましたが、美しい歯と歯並びはそれだけで第一印象を良くするもの。
ナチュラルに美しい歯並びをお持ちの方は大変羨ましい限りですが、歯並びは歯医者さんで歯列矯正することによって整えることが可能です。今回は、そんな歯列矯正でもマウスピースを使った矯正についてご紹介します。


マウスピース矯正ってどんな矯正方法?
マウスピース矯正ってどんな矯正方法?

一般的に歯列矯正はワイヤーを使用して行うものが一般的でしたが、海外発祥の新たな歯列矯正として注目を集めるのがマウスピースを利用した矯正です。マウスピースと言えば、楽器にも同じ名称のものが使われますが、今回ご紹介する矯正用のマウスピースはどちらかと言うとスポーツで使用するタイプのマウスピースに近いものです。
歯の上から被せるようにしてマウスピースを装着し、理想的な歯列になるよう矯正していくのがマウスピース矯正です。
比較的症状が軽めの歯列矯正に用いられることが多く、従来方式のワイヤーやブラケットで矯正した後の仕上げに使われることもあります。あまりに歯並びが悪い状態や、外科手術が必要になるような大幅に歯列を矯正するケースではマウスピース矯正を行えないこともありますが、ほとんどの方にとって効果的な矯正方法として、歯列矯正の新たな選択肢となりつつあります。

マウスピース矯正最大のメリットは目立たないこと

歯並びが気になるから歯列矯正をしたいけれど、歯列矯正って思いっきり目立つからちょっと恥ずかしい、なんて思ったことはないでしょうか?
従来方式の歯列矯正では、金属製のワイヤーを歯の表面に取り付け徐々に歯列を矯正していくために、ひと目見ただけで歯列矯正中ということがわかってしまうデメリットがありました。多くの人が歯列矯正をためらう理由の1つとして挙げる「見た目の問題」は、歯列矯正における最大のマイナスポイントとも言えますが、マウスピース矯正ならば透明なマウスピースを歯の上から被せるだけなのでまず目立つことはありません。

歯列矯正の期間は1年から2年ほどかかるのが一般的ですが、長期間にわたって歯列矯正のワイヤーを取り付けることは心身ともに負担ともなることもあります。
そんな中、マウスピース矯正は見た目の問題をクリアし、さらに着脱が非常に簡単であるというのもポイントです。食事をする時や歯磨きする時は取り外しが可能であるため汚れがつきにくく、またワイヤー矯正に比べて歯にかかる負担が少ない、装着時の不快感が少ないというのも大きなメリットとして挙げられます。

今まで歯列矯正ができなかった人にもオススメのマウスピース矯正
今まで歯列矯正ができなかった人にもオススメのマウスピース矯正

従来方式の金属製ワイヤーを使用した歯列矯正は、当然のことながら24時間、寝ても覚めても付けっぱなしです。これが思わぬストレスともなり、また自分の意志で着脱できないのも少し不便です。
前記したように、自身で取り外しができる点がマウスピース矯正のメリットですが、これによって今まで歯列矯正ができなかった人にとっても矯正が可能となりました。
一例を挙げると、激しい身体的接触のあるスポーツや格闘技では金属製ワイヤーで歯列矯正をしていると、口内に思わぬ衝撃がかかった時に矯正器具でケガをする可能性も出てきます。
また、トランペットのような楽器を演奏する方にとっても金属製ワイヤーが邪魔になることがあり、そのような方にとって歯列矯正はしたくてもできないものとされていました。加えて、金属アレルギーを持つ方にとっても歯列矯正は難しいものであり、ハードルの高いものとして認知されてきました。しかし、マウスピース矯正は金属を一切使うことなく、また自由に取り外しができるためにスポーツをする方や楽器演奏をする方にもオススメできます。

マウスピース矯正の費用と期間はどの程度?

従来方式の歯列矯正に比べてマウスピース矯正は比較的安価で歯列矯正が可能です。歯列矯正を行う範囲や、元の歯列の歪み具合によっても費用は大きく異なりますが、金属製ワイヤーを使った歯列矯正が平均70万円~100万円程度に対して、マウスピース矯正は平均40~60万円程度での治療が可能となっています。
また、動かす歯の本数が少ないケースでは1本あたり15万円程度での矯正も可能であるなど、比較的気軽に始められる治療と言えます。
治療期間も口内の状態に応じて変わってきますが、マウスピース矯正では短ければ3ヶ月程度、歯を動かす距離が大きければ2年近くは見ておく必要があります。この時に注意したいのが、マウスピース矯正では矯正の段階によってマウスピースそのものを変えていく必要がある、ということです。
当然、矯正期間が長くなればそれだけマウスピースを何個も作ることになり、必然的に治療にかかる費用は増えていきます。そんなケースでは、金属製ワイヤーを使った矯正と同等か、それ以上に治療費がかかることもあります。メリットは非常に多いマウスピース矯正ですが、自身の口内の状態と治療期間を考えた上で選択するようにしましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション