矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 金属アレルギーでも大丈夫?安全に歯列矯正をする方法
-->
矯正歯科
2017.12.16

金属アレルギーでも大丈夫?安全に歯列矯正をする方法

はじめに

できることならば、誰もが美しい歯並びを手に入れたいものですが、特別なケアや努力をしないで整った歯並びを保つことはなかなか難しいです。歯並びを修正する歯列矯正は、口内の状態に応じて様々な手法での治療が可能となっていますが、その中にはどのような方法があるでしょうか?今回は、金属アレルギーの方でも安全に行える歯列矯正についてご紹介します。


金属アレルギー持ちでも無理なく行える歯列矯正
金属アレルギー持ちでも無理なく行える歯列矯正

現代社会では、ありとあらゆる場所に金属が使用されているため、重度の金属アレルギーの方にとっては日常生活を送るだけでも大変な場面が多々あります。使用する製品の素材を吟味する必要があるだけでなく、化粧品やピアスといった装飾品にも目を光らせなくてはなりませんが、これは治療器具に使われる金属でも同様です。歯列矯正の場面では、治療器具として金属製ワイヤーと器具を用いて歯を動かすブラケット矯正が代表的な方法であったため、金属アレルギーを持つ方にとってはかなりハードルの高い治療となっていました。

しかし、近年では主流派であったブラケット矯正の他に、金属を一切使用しない歯列矯正が人気となっており、金属アレルギー持ちの方でも無理のない矯正が可能となりました。その代表的手法とされるのがマウスピース矯正。これは、歯にマウスピースを装着して、理想的な歯並びに矯正していくという方法であり、主にプラスチックを素材としたマウスピースが使用されています。他にも、歯を削り、その部分にセラミックで作られた人工歯を被せて矯正するのがセラミック矯正です。こちらはブラケット矯正やマウスピース矯正よりも短い期間での矯正が可能であるだけでなく、歯列矯正に付きものとなっている痛みやストレスが非常に少ない点で人気となっています。このように、現在では金属アレルギーを持つ方でも歯列矯正は難しい話ではないのです。

金属アレルギー持ちでも歯列矯正は安全にできる?

マウスピース矯正だけに限らず、歯列矯正全般に言える話ですが、歯列矯正はある程度のリスクを伴います。それは治療中の痛みであったり、ストレスであったり、または歯周病や虫歯にかかる可能性が向上することも含めて、口内環境が大きく変わるのです。歯医者では、それぞれの治療方針で歯列矯正を行いますが、事前にじっくりとメリット・デメリットについて相談し、その上で自分が望む方法で矯正するのが大事です。

矯正の代表的手法であるブラケット矯正は、わずかな歯の移動から大掛かりな矯正まで、様々な場面に対応した矯正方法であるため、デメリットはあるにしても今持って多くの人が選ぶ矯正方法です。さきほどは金属アレルギー持ちの方はブラケット矯正のハードルが高い、とご説明しましたが、金属アレルギーを持つ方全てが金属製ワイヤーを使用したブラケット矯正ができないか、というとそういうワケではありません。人によって金属アレルギーの程度の差はあるため、まずはパッチテストによってアレルギーの性質を調べ、その上で治療方針を決めていくのが一般的です。その結果、非金属製の器具を用いたり、アレルギー症状が出にくい金属を用いて矯正を行うだけでなく、さきほどもご紹介したマウスピース矯正などで対処していく場合もあります。ブラケット矯正を選ぶならば、金属製ワイヤーを用いた矯正が効率的とされているため、自身の金属アレルギーについて前もって知っておくことが大事になります。

マウスピース矯正なら金属アレルギーを持つ人でも大丈夫…だが?
マウスピース矯正なら金属アレルギーを持つ人でも大丈夫…だが?

マウスピース矯正では、主にプラスチック素材のポリエチレンで作られたマウスピースが使われています。これは軽く頑丈に作られており、透明なマウスピースを歯に被せるようにして矯正を進めていきます。目立たず、そして自分の意志で取り外しが可能なマウスピース矯正は、子どもから大人まで幅広い人間に対応した矯正方法であり、最初から最後まで金属を使わないため、金属アレルギーを持つ人にもオススメです。ブラケット矯正で必要になる費用は平均100万円前後と言われていますが、マウスピース矯正は平均80万円程度と若干安く、また治療期間自体もブラケット矯正より短くすむ傾向にあります。

ただし、マウスピース矯正を望んでいたとしても、歯の大幅な移動が必要なケースではマウスピース矯正では効果的な矯正にはなりません。マウスピース矯正は、中程度までの歯の移動に使える矯正方法であり、それ以上の矯正が必要と認められた場合は従来方式のブラケット矯正が最も信頼性の高い矯正として選択されやすいです。時には抜歯や顎回りの外科手術も含めた矯正治療が行われることもありますが、これにより治療費を安く抑えられる可能性もあります。基本的に歯列矯正は保険適用外であるため、少なくとも30万円程度はかかってしまうもの。大掛かりな矯正ともなれば200万円近い費用も必要となりますが、外科手術が必要になるケースでは保険を使っての治療が可能になることもあります。保険が使えるだけで治療費はグッと安くなるため、あらゆる可能性を含めて検討してみましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション