矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 姿勢の悪さが「歯並び」に悪影響を与える
-->
矯正歯科
2017.12.19

姿勢の悪さが「歯並び」に悪影響を与える

はじめに

美しい歯並びを保つためには、日頃の歯磨き習慣やオーラルケアが大事…なんて思われていますが、実はそれと同等に重要だと言われるのが常日頃の姿勢です。猫背になっている人ほど歯並びが悪い傾向にある、と言われるほどに姿勢と口内環境は大きな関係があります。今回は、姿勢と歯並びについてご紹介します。


歯並びはどのように変わっていく?
歯並びはどのように変わっていく?

今回は「姿勢の悪さが歯並びに悪影響を与える」というテーマですが、そもそも歯並びはどのようにして変わっていくものなのでしょうか?通常、歯が動くというと歯列矯正のことを想像するかもしれませんが、歯並びは特に歯列矯正などしていなくても、日常生活のちょっとした癖などが影響して少しずつ変動していく可能性があります。これは数年単位でゆっくりと動いていくものであるため、なかなか自分では気がつかないことが多く、明らかに違和感を持つような大きな変化として現れて始めて実感した、というケースが多々見受けられます。

歯並びが変化する理由は様々。かみ合わせの悪さ、歯ぎしりする癖、歯周病、親知らずが生えたことによる圧力などが主な原因となりますが、これらは全て口内で起きる現象です。それだけでなく、頬杖をつく、前傾姿勢になってデスクワークをする、身体の重心が片方に寄った状態で長時間作業をする、などと言った日常的な姿勢が口の中にまで影響を及ぼすこともあります。歯は長い時間圧力をかけると弱い力でもあっても少しずつ移動してしまう性質を持つため、日頃の姿勢によって歯並びが大きく変わってしまうこともあるのです。年単位で変動した歯並びは、やはり歯列矯正によって年単位の治療が必要になりがちであるため、自分の癖と口内の状態を把握して、出来る限り改善できるよう心がけましょう。

日頃の癖が歯並びに影響している可能性大!

癖といっても様々なものがありますが、歯並びと姿勢に関してよく言われるのは寝相です。人は1日のうち1/3~1/4ほどの時間を寝て過ごしますが、睡眠中に横を向いて寝る、うつ伏せになって寝る方は、睡眠時間中ずっと一定方向に力が加わってしまうため、仰向けに寝る人とくらべて歯並びが悪くなりやすい傾向にあるようです。また、無意識に歯を食いしばる癖がある人や、睡眠中の歯ぎしりも歯並びが悪くなる一因。睡眠中の歯ぎしりは、ストレスをためやすい人、神経質な人ほど起こしやすいと言われますが、心当たりがある方は歯医者で相談をする、または歯ぎしり用のマウスピースを購入してみると良いでしょう。

他にも、日常的な癖としては左右どちらかの歯ばかりで食べ物を噛むケースでも注意が必要です。無意識下で行う行動だからこそ癖と言えますが、その積み重ねによって口内のバランスが崩れ、その崩れは顔の歪み、骨格の歪み、姿勢の悪化に連鎖的に繋がり、より口内バランスが悪くなっていく悪循環におちいってしまいます。歯並びと姿勢は相関関係にあるとも言えるため、どちらか片方を改善するのではなく、両者ともに意識して改善していくことが理想的でしょう。

歯並びが良くなれば姿勢が良くなるだけじゃない!
歯並びが良くなれば姿勢が良くなるだけじゃない!

人によって歯並びは大きく変わりますが、外科手術が必要になるほどに崩れた状態でなければ歯医者で行う歯列矯正によって美しい歯並びが実現できます。さきほど、歯並びが悪くなれば姿勢も悪くなる、とご説明しましたが、逆に歯並びが良くなれば姿勢も少しずつ改善されていく可能性があります。常日頃から姿勢が悪いと、肩こりや頭痛を引き起こしやすい、疲れが溜まりやすい、口呼吸になってしまいがちで脳に酸素が届きにくい、などと言ったマイナスポイントが目白押し。そんな悪循環から抜け出すためにも、美しい歯並びは理想的と言えます。

また、基本的なことですが美しい歯並びはそれだけで自分の自信となります。歯並びのコンプレックスによって人前で笑いにくくなったり、会話が苦痛になるケースがありますが、そんな自分を歯列矯正によって変えると、途端に自信がみなぎり性格まで明るく変わる、なんて話も聞きます。特に幼少期から思春期にかけては人格形成にまで影響する問題であることから、歯列矯正を子どもの頃に行っておくことは望ましいのです。

また、咬み合わせがよくなることで運動能力が向上することもあります。世界的なスポーツ選手は、まるで映画スターのような美しい歯並びをしていることが多々ありますが、あれは決して偶然の産物ではありません。よく、重い物を持つ時や瞬間的に力を入れる時には奥歯を強く噛み締めることがありますが、カッチリとした咬み合わせになっていれば、歯を噛み締めた時に効率よく力を発揮できるようになります。また、さきほどご説明したように歯並びは姿勢も含めた身体的なバランスにも影響するだけでなく、呼吸に起因する思考力にも影響を及ぼします。ボディバランスや思考力が大事なスポーツ選手にとって、歯並びは決して無視できない大切なポイントと言えるのです。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション