矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正で自信のある笑顔を取り戻そう!
-->
矯正歯科
2017.12.28

歯列矯正で自信のある笑顔を取り戻そう!

はじめに

人と会話する時や笑う時に、歯並びが自分で気になってしまう、歯並びをどう思われているのか気になる、という経験はないでしょうか?歯並びは生活習慣でどんどん変わっていってしまうものであり、日頃のオーラルケアだけでは美しく整えるのが難しいものです。思いきり笑いたい、美しく見られたい、という方にとって口元の美しさは重要なポイント。そこで、今回は自分に自信を持つために行う歯列矯正のメリットについてご紹介します。


歯並びの美しさは笑顔をより魅力的にする
歯並びの美しさは笑顔をより魅力的にする

とある調査で、人が笑顔になった時にどこに注目するか?という項目で約半数の人は目、口に注目する、と回答しました。それだけ目元と口元は顔の印象を決める大きな重要な部分であり、笑顔になった時はその印象がより強調される傾向にあるようです。特に、人と会話する時はその口元に注目されることもありますが、美しく輝いた白い歯、綺麗に整った歯並びならばより自分に自信をもって、笑顔で会話ができることでしょう。

歯並びが気になる、自分の歯並びにあまり自信がない、と考える人は少なくありません。にもかかわらず、歯列矯正は費用面や生活面で負担になるため、なかなか治療には踏み切れないという人が大多数。実に8割の人が歯列矯正の経験がないという調査結果が出ています。日本では、歯並びの悪さは1つの身体的特徴程度に思われがちですが、これが欧米諸国では大違い。歯並びが悪い、八重歯や出っ歯があるとそれだけで育ちが悪い、セルフコントロールができない人間、と見なされる傾向にあり、国際化が進む現代社会においてはそれだけでマイナスポイントとなってしまう可能性もあります。歯列矯正は、上記した明るく自信に満ちた笑顔を手に入れられる、といった見た目の問題だけでなく、運動能力や健康にも少なからず影響を及ぼします。次の項目からは、歯列矯正の具体的なメリットについてご紹介します。

歯列矯正3つのメリット

歯列矯正には、大きく分けて3つのメリットが挙げられます。先ほどもご説明しましたが、最大のメリットと言われるのが外見的美しさの向上です。歯並びにコンプレックスがある、大きな口を開けて笑えない、という方にとって、自分の歯並びは何にも耐え難い苦痛となりますが、そんな方の悩みを解決する歯列矯正は大きなストレス解消に繋がります。身体的な問題を乗り越えたことで自分に自信が持てるようになり、全く違和感なく笑顔を作れるようになった、ポジティブに物事を考えられるようになった等の報告もされています。特に、10代の頃は見た目で悩んでしまい、それが性格に影響してしまうことも多々ありますが、そんなマイナス循環を断ち切るための1つの方法ともなる歯列矯正です。

次に挙げられるメリットが口内ケアのしやすさの向上。歯がボコボコに並んでいたり、歯間の隙間が大きいとそこに汚れや食べかすが残りやすくなり、歯磨きの手間が増えてしまう可能性が非常に高いです。しかし、歯列矯正によってしっかりと歯並びを整え、歯間の隙間を埋めるように歯が配列されれば歯磨きがたやすくなり、歯周病や虫歯予防にも効果的です。

さらに、3つ目のメリットとして挙げられるのが噛み合わせの良化です。歯列矯正によってかっちりと歯が噛み合わせられるようになると、食事の際にしっかりと食べ物を噛み締められるようになり、唾液の分泌がよくなります。唾液の分泌は口臭や虫歯など、口内の様々な問題を解決する効果を持ち、口内トラブルを未然に防ぐという面でも歯列矯正はオススメできます。また、スポーツをする人は力を発揮する瞬間、激しく動く瞬間に歯を食いしばることが多々ありますが、噛み合わせが良くなると力を入れやすくなる、瞬発力が向上するなどといった運動能力にも影響します。見た目が大事な芸能人だけでなく、スポーツ選手にも美しい歯並びを持つ人が多い理由は、身体能力に少なからず影響を及ぼすからなのです。

目立たない方法もアリ!歯列矯正の種類とは?
目立たない方法もアリ!歯列矯正の種類とは?

歯列矯正というと、かつてはブラケット(金属製ワイヤーを通すための金具)を1つずつ動かしたい歯に装着して行うのが代表的な方法であり、歯医者に行けばまずほとんどがブラケットを使用しての矯正となっていました。現在も主流派として行われるブラケット矯正ですが、これは矯正治療中であることが一目でわかってしまうこと、発音がしづらくなるケースがあること、治療中に痛みを伴うことがあること、などと言った問題点もあります。歯の裏側にブラケットを装着して行う裏側矯正という手法もあるため、見た目の問題はある程度回避できますが、スポーツをする人や金属アレルギーの人にとっては敬遠されがちな矯正方法となっています。

しかし、現在歯医者で使用される矯正方法はこれだけではありません。透明なマウスピースを歯にかぶせて少しずつ歯並びを矯正していくマウスピース矯正、歯を削ってそこにセラミックを被せるセラミック矯正などがあり、目立たないお手軽な矯正方法として人気を集めつつあります。マウスピース矯正は大幅な歯列矯正には適さない治療方法ですが、ブラケット矯正に比べて遥かに目立たないということに加えて、いつでも取り外しが可能という大きなメリットを持ちます。また、歯を削ってそこにセラミックの人工歯をかぶせるセラミック矯正は、ブラケット矯正やマウスピース矯正が1年から2年ほどの治療期間が必要になることに比べて、約半年程度と短期間での治療が可能です。さらに、セラミック矯正は歯並びだけでなく、歯の色を変えることも容易であるため、より美しい歯と歯並びを求める方にとってオススメの歯列矯正と言えます。どの矯正方法にもメリット、デメリットが存在するため、自分の口内状態を確認し、治療方針をよく歯医者で相談した上で歯列矯正を行いましょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション