矯正歯科 コラム
矯正歯科
2018.01.4

他の治療法で挫折した人こそマウスピース歯列矯正がオススメ!

はじめに

老若男女問わず、できることならば健康な歯をいつまで経っても保ち続けていたいもの。ですが、日々の生活を通して歯や歯並びが少しずつ変化していく人もいるため、ただ歯磨きをしているだけで美しい歯並びを保つのは難しいのです。そこで、今回は歪んだ歯並びを美しく整える歯列矯正の1つであり、新たな治療方法として注目されるマウスピース矯正についてご紹介いたします。


痛み、違和感、ストレスが歯列矯正には付きものであったが?
痛み、違和感、ストレスが歯列矯正には付きものであったが?

歯列矯正と言うと、代表的な治療法として挙げられるのがブラケット(金属製ワイヤーを通す装置)を歯に装着して行う歯列矯正です。この方法で行う歯列矯正は、口を開けば歯列矯正をしていることが一目瞭然であり、特に女性にとっては美観を損なう、歯列矯正中とわかってしまう、などの理由から敬遠されることも多々ありました。さらに、ブラケットを使用した歯列矯正では矯正による違和感や痛みが発生することが多く、器具の周囲には汚れが付着しやすくなるため、虫歯などにより一層注意する必要も出てきます。歯の裏側にブラケットを装着する方法で矯正を行えば、見た目という面では良いかもしれませんが、やはり痛みや口内の違和感という問題は避けられません。

加えて、口内に金属製の装置を取り付けるために、金属アレルギーの方にとってはとても選択できる治療方法ではありません。また、スポーツをする人や吹奏楽をする人にとっては、それらの活動時にブラケットが邪魔になることがあります。ブラケットを四六時中、寝ても覚めても装着しておかなければならないこと自体もそうですが、時には勝手に外れてしまうこともあり、「ブラケットを装着している」というだけで大きなストレスになりかねないのです。では、これらの問題に対して新たなアプローチをしたマウスピース歯列矯正とはどのようなものなのでしょうか?次の項目からはマウスピース矯正についてご説明します。

マウスピース矯正最大のメリットは目立たないこと

マウスピース歯列矯正とは、その名の通り口内にマウスピースを装着して少しずつ歯の並びを矯正していく方法のことを言います。メリットは様々ですが、そのうち最も大きなメリットと言われるのが目立たないことです。マウスピース矯正で使用するマウスピースは透明タイプのものであり、ぱっと見ただけでは歯列矯正をしているとはわからないほど。金属製ワイヤーが否応なしに目立ってしまうブラケットと比べるとその差は歴然であり、痛みや違和感も少なく、また金属アレルギーの方にとっても安心して使える魅力があります。

さらに、矯正で使うマウスピースは自分の意志で取り外しが可能です。これがブラケットを使用する歯列矯正だと、一度ブラケットが外れてしまうとわざわざ歯医者に行って再度取り付けてもらわなければなりません。しかし、マウスピースならば歯磨きする時、食事をする時は一時的に外して、他の時間は装着しておく、という自由な使い方も可能となっています。目立ちにくく、取り外し可能な自由さも人気のマウスピース矯正ですが、この矯正方法は決められた装着時間(概ね1日15~20時間)を守らないと効果が発揮されないため、しっかりとセルフコントロールすることが重要です。

どんな人にマウスピース矯正はオススメ?
どんな人にマウスピース矯正はオススメ?

歯並びは悪いより美しいほうが顔全体の見栄えも良くなるもの。ですが、思い立ったその時にはなかなか歯列矯正ができない、という方もいるはずです。たとえば、就職活動を前にした就活生の方々。歯列矯正は、治療完了まで概ね1年~2年程度の期間が必要となりますが、歯列矯正が終わらないうちに就活期間に入ってしまう、というパターンもあるでしょう。実は、口内にブラケットを付けた状態では発音がしづらくなることもあるため、ブラケットによって顔全体のイメージが低下するだけでなく会話そのものに違和感が出てしまう可能性があります。また、接客業に携わる方にとって顔や雰囲気はとても大事。ブラケットをつけての接客はあまり好ましくないとされているため、どうしても目立ってしまう歯列矯正方法は選択しづらいのです。

上記の方々にとって、マウスピース歯列矯正はぴったりの矯正方法と言えます。矯正をする人にとっても、周囲の人にも違和感を与えないため、ごく自然に振る舞うことができるのはマウスピース矯正ならではのメリットでしょう。また、マウスピースは取り外しができるため、ハードなスポーツをする人であればスポーツ中はマウスピースを外しておくことも可能です。これがブラケットを使用した矯正だと、スポーツをするたびに口内のブラケットが外れてしまわないか不安になるところですが、そのような不安から解消されるのもマウスピース矯正のメリットと言えます。

このように、多くのメリットが挙げられるマウスピース歯列矯正ですが、あまりに歯並びが悪いケースではマウスピースのみでの矯正はできません。まずはブラケットで歯を動かし、その上で仕上げとしてマウスピース矯正を行う、という合体型の治療方法などもあるため、歯医者としっかりと相談した上で治療方法を決めることが大事です。