矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > ワイヤー矯正とは?治療の流れや器具の種類を徹底解説!
-->
矯正歯科
2018.01.7

ワイヤー矯正とは?治療の流れや器具の種類を徹底解説!

はじめに

歯列矯正に欠かせないワイヤー矯正。1度は聞いたことがあるかもしれませんが、その内容についてはよくわからないものかもしれません。今回は、器具の種類や治療の流れまで徹底的に解説をしていきましょう。


ワイヤー矯正の方法と種類
ワイヤー矯正の方法と種類

ワイヤー矯正は、ブラケットという器具を歯に装着しその器具にワイヤーを通していきます。このワイヤーの力で歯を無理なく動かし矯正を行っていきます。ブラケットというものは、金属で出来ているため外側に装着するとあまり見栄えが良くないといったデメリットがありますが、裏側に装着する方法や、透明なプラスチックやセラミックで出来ているものもあります。ただ、その場合は値段が高くなってしまうことと、矯正を行う期間が少し伸びてしまうことになります。

■金属ブラケット(メタルブラケット)
歯の表面に装着するブラケットが金属になっていて、比較的費用が安く違和感が少ないものになっています。ただ、ワイヤーが目立つという難点があります。

■審美ブラケット(セラミック、プラスチックブラケット)
ブラケットが透明や白の目立たないもので出来ています。ワイヤーも白くすることにより見栄えの面では最も優れていますが、金額が高くなってしまうことと治療の期間が長くなってしまいます。

■セルフワイヤーブラケット
ワイヤーが見えてしまうといった難点がありますが、最も痛みが少なく、治療期間が短いものとなっています。

治療の流れと期間

治療においてまず大切なのは、歯科に通い続けることが出来るかどうかです。引っ越しの予定がある方などは長期に渡り治療を受けることが出来ないため、期間などをしっかりと把握した上で矯正の治療を始めていきましょう。

①ワイヤー矯正を行っていく流れとしては、まず、歯科での検査や歯医者さんによるカウンセリングを行っていきます。ここで、どのようなことが気になっているかということや希望を歯医者さんに伝え、どういった治療をしていくべきなのかをしっかりと相談してください。そして、虫歯や歯周病があった場合にはその治療を優先していくことになります。また歯の状態によっては抜歯も必要になるでしょう。親知らずなどは、ほとんどの場合に抜いてしまうことになります。

②その後はプラークコントロールです。プラークコントロールというのは、ブラッシングの指導になります。矯正中は歯磨きが通常より複雑になり、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなってしまうため、日常のケアはとても大切になってきます。その後で歯のクリーニングも行っていきます。

③精密検査が行われます。これは診察方針を決めるために資料が必要なためです。内容は、口の中の写真、横顔や口全体のX線写真となっています。

④その精密検査を元にして、これからの治療方針と期間、料金についての説明となります。十分な理解を得た後に治療を開始していきます。期間は個人差がありますが、だいたい2年から3年といったところです。

⑤いよいよ治療の開始です。診察期間中は一般的には1~2カ月に1度歯科に通い、調整や処置を行っていきます。

⑥治療が終わったとしても、保定期間というものが必要となります。これは矯正が済んでも歯が動きやすい状態にあるために、リテーナーというものを装着してもらうことになります。ようやく治療が終わってもまた新しい装置を渡されるなんて…という方も多いかと思いますが、これは後戻りを防ぐために絶対に必要なものなのです。

リテーナーとはなにか
リテーナーとはなにか

リテーナーというのは上記でもお伝えした通り、せっかく矯正した歯が元に戻ってしまうのを防ぐための装置です。そして元の状態になってしまうことを、「後戻り」と言います。もし、リテーナーを使わなかった場合は、治療期間は2倍になってしまいます。治療期間をなるべく短縮させるためにはとても大切なものなのです。最初は24時間装着しなければなりませんが、徐々に時間は短縮され、日数を減らしていくことになります。期間としては個人差がありますが、1年から3年といったところでしょう。

■床タイプ(しょうタイプ)
歯の表面をワイヤーで固定し、内側にプラスチックのプレートをつけているものです。取り外しも簡単で歯磨きもしやすいタイプとなっています。難点は、口を開けると針金が目立ってしまうことと発音を妨げる、という点でしょう。

■ワイヤータイプ
歯の裏に細い針金を接着して固定するため、取り外しが出来ないタイプになっています。目立たないというメリットがありますが、虫歯や歯肉炎・歯周炎のリスクが高くなるので、日頃のケアをしっかりと行うことと、定期的な歯科でのクリーニングを受けることが大切です。

■マウスピースタイプ
透明なマウスピースタイプのリテーナーです。透明なので目立ちませんが慣れるまでは唾が飛び散ったり、発音が難しく、雑菌が繁殖しやすくなってしまうという難点があります。専用の洗剤で定期的なお手入れが必要となります。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション