矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正と虫歯治療、どっちの治療を優先すべき?
-->
矯正歯科
2018.01.16

歯列矯正と虫歯治療、どっちの治療を優先すべき?

はじめに

歯というものは放っておいても自然に治癒するものではありません。虫歯、歯周病、歯並びの悪さ、それらは全て歯科に通い治療を受けることで、改善されていくものなのです。ただ、どうしても歯科に通うのが億劫だったり、忙しくて後回しにしてしまったり…または、子供の頃から苦手であまり行きたくない、という方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし虫歯や歯周病、歯並びの悪さは見栄えが良くないことだけではなく、口臭や頭痛、腰痛、自律神経の乱れなど様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。意を決して歯医者さんへ行くのなら、すべてきれいに治療してしまいたいものでしょう。
では、虫歯や歯周病と歯列矯正は、どちらを優先させて治療するべきだと思いますか?同時に治療出来るものなのでしょうか?


虫歯と歯列矯正、どちらを優先するべき?
虫歯と歯列矯正、どちらを優先するべき?

歯列矯正をする際には、基本的に虫歯治療を優先していきます。歯列矯正を行う際には、その前に虫歯や歯周病などの検査を行っていきますので、見つかった場合は治療や処置、抜歯などの可能性も考えられます。また、矯正中は歯磨きがしづらいために、虫歯なってしまう可能性も高く、もし虫歯になってしまったときには、矯正装置を取り外して先に虫歯の治療をしなければなりません。
矯正による歯の移動は、神経がない歯の場合はあまり問題はありませんが、歯や歯の周囲が健康かどうかということが最も重要です。いずれにせよ、歯列矯正を行う際に歯科での検査を受ける必要があります。

差し歯が入っている場合はどうなる?

差し歯が入っているからといって、歯列矯正に支障はありません。歯列矯正というのはワイヤー矯正などで、少しずつ歯を動かして治療を行っていくものです。その時にブランケットという装置を歯に装着しますが、接着剤を使用するため、差し歯にも取り付けることが可能です。ただ、セラミックの場合は、天然の歯と比べて接着力がやや劣ってしまいます。もし、セラミックの部分が何度も外れてしまうようなら、奥歯であればバンドという輪っかを装着し、前歯なら差し歯に穴を開けることで、改善を図っていくことが出来ます。ただ、差し歯に穴をあけた場合は、矯正終了後に新たに差し替える必要があるます。隣り合ったり連結している場合や、欠損部を挟んでいるブリッジの場合は、一度外したり連結している部分を遮断する必要があるので、歯医者さんに相談して最良の方法を選びましょう。

矯正中の虫歯を避けるために
矯正中の虫歯を避けるために

上記でお伝えした通り、矯正中は歯ブラシが行き届かずにどうしても虫歯になりやすいものです。では、どうすればいいのか?それは事前に歯医者さんからブラッシングの指導があるので、その指導をしっかりと守って実行してください。特に寝る前のブラッシングはとても重要です。睡眠中は唾液の量が減少するために、歯垢が口の中に残りやすくなってしまいます。就寝前の食事も控えましょう。間食を減らし、糖を摂取する回数を減らすことも必要です。ジュースなどの糖分の多い飲み物を好んで飲まれている方は、なるべく水やお茶などに変えるようにしましょう。食後にキシリトールガムを噛むこともお薦めしています。唾液には強い殺菌作用がありますので、ガムを噛むことで唾液の分泌をうながしていきます。キシリトールには虫歯菌の活性を弱めていく効果もあります。

歯列矯正のタイミングはいつがいい?

歯列矯正を行うのであれば、もちろん早いにこしたことはありません。特に子供のうちに行う歯列矯正は、欠損部分が少なく歯が動きやすいというメリットがあるために、大人になってからよりも期間が短く済むのです。とはいえ、大人になってからでも遅くはありませんよ!ただ、どちらも数年間にわたり、歯科に通院する必要があるために、引っ越しの予定などがないかということも考慮する必要があるでしょう。通院できる範囲であれば問題ありませんが、遠方で通うのが困難になってしまうと途中で歯科を変えたりしなくてはなりませんよね。矯正装置を外した後も、後戻り、といって歯が元に戻ってしまうことが起こるためそれで終わりではありません。別の器具を装着し、定期的に通院をする必要があるのです。もちろん、装着する装置や歯並びの状態などがありますので、ご家族や歯医者さんと相談してどのタイミングで歯列矯正を初めていくのかをしっかりと考えてください。

装置を一時的に外すのは可能か?

歯列矯正をためらう理由として、「器具が目立つからイヤだ」ということがあるかもしれません。結婚式や成人式、人生の晴れの場でブリッジが口元から覗いている、というのは避けたいものですよね。その場合は、ブランケットという装置を外すか、またはその装置に通してあるワイヤーを外すことができます。虫歯の治療を先に行ったので予定がずれてしまった、なんて場合でも安心ですね。また、出産や試験などの際には、矯正装置が負担にならないよう調整をすることも可能です。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション