矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正にかかる期間は?「長引く人」と「早く終わる人」の違い
-->
矯正歯科
2018.01.19

歯列矯正にかかる期間は?「長引く人」と「早く終わる人」の違い

はじめに

鏡を見るたびにがっかりしてしまうガタガタの歯、カメラに向かい思い切り笑顔を作れない。そんなコンプレックスを抱えている方は、多いかもしれません。そのコンプレックスを解消してくれるものの1つに歯列矯正があります。歯列矯正を行うことで、綺麗な歯並びを手にすることが出来るのです。もちろん歯の状態など個人差がありますが、歯列矯正とはどのくらいの期間を要するのでしょうかご存知でしょうか?今回は「長引いてしまう人」と「早く終わる人」には、どのような違いがあるのかについてもお話ししたいと思います。


まずは歯科選びをしっかりと行う
まずは歯科選びをしっかりと行う

歯列矯正とは、長い期間を要するものです。その期間内にきちんと歯科に通うためには、第一に通いやすい場所にあることが必須条件となるでしょう。車や電車で数時間もかけて通わなければならないような場所にあったら、どうしても足が遠のいてしまいますよね。治療中の通院はとても大切なことです。そのことを頭に入れて歯科を選んでいきましょう。そして信頼出来る歯医者さんかどうかというのも、とても重要なことです。歯列矯正は長期にわたるために、歯医者さんとは長いお付き合いとなっていきます。加えて、保険が効かず高額な出費となるので、信頼出来るかどうか、ということはとても大切です。
それでは、歯科を選ぶにあたり、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?
院内が清潔であるのはもちろんのこと、「インフォームコンセント」は歯科矯正に限らず治療を受けるに当たりとても重要なことでしょう。「インフォームコンセント」というのは、歯医者さんが患者さんに対して、これから受ける治療の内容や方法、その意味や効果、そして欠点や予想、金額をしっかりとわかりやすく説明して、そのうえで治療するかどうかの同意を得るものになります。一度きりの説明では理解するのが難しく、理解してもどの治療法するのかを決めることが出来ないという場合にでも、そのたびにしっかりと説明を行う、それをインフォームコンセントと言います。歯医者さんとの相性もあるので、ご自身で見極めていただかなければならないでしょう。

歯列矯正にかかる時間は?

治療の期間については、歯の状態や治療方法によって大きく個人差が出てきます。子供の歯はまだ固まっていないので、動きやすく矯正がしやすいです。しかし、大人になってからの矯正は歯が固定されてしまっているために、動かすのに時間がかかってしまいます。歯の状態によっても治療方法が異なってきますが、「部分矯正」といって気になる箇所だけ矯正するものは、およそ3カ月~1年かかります。全体的に修正をするのであれば、最も一般的な「ワイヤー矯正」です。他にも「マウスピース矯正」や、二つ以上の治療を組み合わせた「ハーフリンガル矯正」などがあり、ワイヤー矯正の中にも、金属を目立たせない透明や白で出来ているものや、裏側に器具を装着するものもあります。矯正期間はおよそ1年~3年といった感じでしょう。
あくまでもこちらは目安となっていますのでインフォームコンセントと検査で、歯医者さんと相談をして決めていただきたいものです。矯正の種類によっては早く終わるものや、周囲から気づかれにくいなどという利点もありますが、滑舌が悪くなる、痛みがあるなどという難点も潜んでいることもあります。また、矯正が終わっても保定期間といって別の器具を装着する期間が残されています。こちらは約1年~3年でしょう。この期間も考慮し治療にあたっていきましょう。

「長引く人」と「早く終わる人」の違い
「長引く人」と「早く終わる人」の違い

最初の検査で虫歯や歯周病が見つかった場合には、まずそちらの治療を優先させなければなりません。現在、虫歯や歯周病の方はやはりその分、期間が長引いてしまうのは仕方のないことです。それから喫煙は治療期間に大きく関係してきます。矯正治療を遅らせるだけではなく、治療自体を台無しにしてしまうリスクを孕んでいます。歯が固くなり、動かしにくくなることと、血流が悪くなるために出血や腫れに気づきにくく、虫歯や歯周病に自分で気づかないというケースが多く見られます。
矯正後の保定期間の過ごし方についても違いがでてきます。矯正が終わったからといって安心してしまい、必要な装置を装着せずに過ごしてしまうと、歯が元の状態に自然と戻っていってしまいます。
食べ物をしっかりと噛むこともとても大切です。歯に刺激が与えられるので、歯が動きやすくなります。装置をつけていると痛みがあったり、噛むことが難しかったりするかもしれませんが、意識して良く噛むことを心掛けてください。ただ、あまり固いものを噛むと装置が外れたりズレたりするので、注意が必要です。
そして当たり前のことですが、歯医者さんに言われたことはしっかりと守り実践していきましょう。例えば、保定期間中の装置などは、最初は24時間つけていくものですが、徐々に時間や日数を減らしていくものとなります。そういった決まりを守っていくことが矯正の期間を長引かせない秘訣になるでしょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション