矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正の治療方法はさまざま!歯の状態によって選びましょう
-->
矯正歯科
2018.01.22

歯列矯正の治療方法はさまざま!歯の状態によって選びましょう

はじめに

歯並びが悪いと、見た目が悪いだけでなく虫歯のリスクが高まるなど健康的なデメリットも伴います。それを治療するためには「歯列矯正」をするわけですが、今ではさまざまな矯正治療方法が確立しています。そこで、歯医者さんで受けられる歯列矯正の種類について解説します。


歯列矯正の種類
歯列矯正の種類

歯並びの悪さを改善するための歯列矯正には、大きく分けると「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」に分類されます。それぞれ、矯正のためにどのような器具を用いるかで分類されます。
「ワイヤー矯正」は、ワイヤーの引っ張る力で歯並びを改善します。従来の歯列矯正のイメージであり、金属製の器具を歯に装着しているのを見かけたことがあると思います。多くの歯医者さんでうけることができる矯正方法ですが、さらに細かく分けると「表側」と「裏側」があります。それぞれ、歯のどちら側に装置を取り付けるかの違いがあります。これを組み合わせる方法もあり、目立たない矯正治療として活用されています。
「マウスピース矯正」は、マウスピースを装着することで歯並びを改善します。治療期間中、複数のマウスピースを交換しながら装着して、徐々に歯並びを改善していきます。マウスピースは基本的に透明な素材で作られているため、目立つこと無く矯正治療を進められるというメリットがあります。マウスピース矯正にもさらに種類があり、費用や交換頻度などが異なります。

症状によって適切な治療法が異なる

歯列矯正の方法は様々ですが、歯並びによって矯正方法の選び方は異なります。基本的に担当医のアドバイスを基本として選ぶことになると思いますが、いくつか例を上げて解説します。
重度の不正咬合であり、歯を動かす距離が長い人の場合はワイヤー矯正が適しています。ワイヤー矯正は歯を動かす力が強く、重度の不正咬合の治療に用いられることが多いです。裏側矯正やハーフリンガル(上下の片方だけ裏側矯正)の場合、表側矯正と比較して利用可能な症例が限られます。
不正咬合の程度が軽度であり、あまり歯を動かすこと無く矯正できる場合はマウスピース矯正がお勧めです。ワイヤー矯正でも治療できるケースが多いですが、マウスピース矯正は「自宅で取り外し可能」という大きなメリットがあります。外す時間が長いと十分な効果を得られないことも多いのですが、食事や歯磨きの時など任意のタイミングで簡単に取り外し出来るので、矯正治療中のデンタルケアがしやすいという特徴があります。
出っ歯などで、とにかく見た目を改善したいという場合は「部分矯正」が適しています。部分矯正は文字通り歯並びの一部分だけ矯正することで、見た目の改善を行います。この方法では全体のかみ合わせの悪さを改善することには適していませんが、出っ歯のように他人から見える位置の歯並びの悪さ、その見た目だけでも改善したいという場合に利用できます。

矯正治療に求める要望によって異なる治療法
矯正治療に求める要望によって異なる治療法

症状だけでなく、矯正治療を受ける患者さんの要望・希望によっても適切な矯正治療方法が異なります。症状によって選べる方法はある程度制限されますが、矯正治療の満足度を高めるためにも知っておくべき情報を解説します。
矯正治療で多くの患者さんが気にしているのは「見た目」です。金属製の器具を用いるワイヤー矯正の場合、歯に銀色という目立つ色合いであるため、どうしても他人の目が気になってしまうでしょう。これを改善する方法がいくつかあり、例えば「目立たない色の器具を用いるワイヤー矯正」や「他人には見られない位置に器具を取り付ける裏側矯正」「透明な素材でできているマウスピース矯正」といった選択肢が考えられます。
次に「金属アレルギー」の問題です。金属アレルギーを持つ患者さんの場合、金属製の器具を用いることはできません。金属の器具を使わない矯正方法で治療することが可能です。
他にも「費用」での選び方もあります。矯正治療は基本的に数十万円から、時に100万円を超える治療費がかかることもあります。少しでも費用を抑えたい場合は部分矯正を選択したり、ワイヤー矯正であれば最も費用がかからない金属製の表側矯正を選ぶことになります。

歯医者さん選びも重要

矯正治療を始めるにあたっては、利用する矯正治療の方法だけでなく「治療を受ける歯医者さん選び」も重要です。歯列矯正には、担当する歯科医師の技量が問われます。そのため、同じ治療法でも歯医者さんの選び方一つで治療結果も大きく異るということなのです。
失敗しない歯医者さんの選び方としては、まず「日本矯正歯科学会の認定医がいる」ということです。全国の歯科医師の約3%しかいないとされるほど難しい試験を突破しなければならないため、質の高い矯正治療を受けられる可能性が高いです。第二に「ホームページを確認する」ことです。ホームページで歯列矯正について扱っているページを見て、紹介している症例数の多さや治療内容・料金等の説明が充実していることを確認してみましょう。治療内容や料金については、カウンセリングで実際に説明を受けて、デメリットなどのマイナス情報まできちんと説明してくれれば安心できる医師といえるでしょう。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション