矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 成長途中に子どもの歯におすすめ!「床矯正」を選ぶメリット
-->
矯正歯科
2018.02.1

成長途中に子どもの歯におすすめ!「床矯正」を選ぶメリット

はじめに

せっかく生えてきた子供の永久歯が不揃いであれば心配になってしまうものですよね。まだまだ日本は歯に対する意識は低いのかもしれませんが、外資系の企業などでは就職するときの面接で、「歯並びがいいかどうか」ということまでチェックするそうです。歯並びが良くないということで面接が不利になってしまうなんて、もったいないことですよね。それだけに限らず、歯並びがいいということは、なんとなく育ちの良さを感じさせるものかもしれません。しかし「歯列矯正」というものは、違和感や痛み、好きなものが食べられない、というようなストレスをともなうこともあります。そこで、成長途中の子どもの歯におすすめできる「床矯正」についてお話ししたいと思います。


「床矯正」とはどんなもの?
「床矯正」とはどんなもの?

聞き慣れない言葉かと思いますが、これは、「しょうきょうせい」と読みます。子どもの成長を利用し、顎を広げたり、顎の成長を良くしていくものですが、マウスピースのようにかぶせるものになっています。マウスピース矯正と違うところは、ネジが裏側についているので、日にちを決めて自分で調節ができるようになっていることです。素材はプラスチックだけではなくワイヤーも装着されているため、マウスピース矯正よりも、しっかりと矯正が行っていけるようになっています。これは一般的に使われるブランケットという装置とは異なり、抜歯をする歯を矯正しなくて済む可能性が高くなるので、余計な手間を防ぐことが出来ると言えるでしょう。では、床矯正のメリットとは、具体的にどのようなことなのでしょうか。

床矯正のメリット

一般的な矯正方法であるワイヤー矯正というものは、ブランケットという特殊な装置を歯にとりつけて、ワイヤーを通して歯を動かしていくというものになります。もちろん、自分での取り外しが不可能なため、外れたりズレたりしてしまった場合や調節するときには歯科で行う必要があります。このブランケットという装置は、固いものや粘り気のあるものを食べたときに、ズレたり、外れたり、時には壊れてしまったり…というデメリットが存在します。初期の段階では痛みや違和感を伴うので、お粥やスムージーのよう流動食や、柔らかいものしか口にすることが出来なくなってしまうかもしれません。粘り気のあるキャラメル、歯にこびりつくチョコレート、肉や、繊維の多い野菜…矯正期間中にこれらを食べることが出来なくなってしまうというのは、子どもにとって相当なストレスとなってしまうかもしれません。また、ブランケット装着中は、歯ブラシも行き届きにくくなってしまうので、虫歯にもなりやすくなってしまいます。虫歯になってしまった場合には、いったん装置を外し歯科で虫歯の治療を受けなければなりません。そのため、矯正の期間が延びてしまうことになるでしょう。その点、床矯正は自分で外すことが可能なため、食事や歯磨きのときには取り外すことができ、いつも通りに食事を楽しむことが出来るのです。成長期の子どもにとって、これは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

長く外しっぱなしはだめ!
長く外しっぱなしはだめ!

床矯正は、自分で取り外しが可能なために、子どもの場合は置き忘れてしまったり、外した時になにかの拍子で壊してしまうという可能性が考えられます。もちろん、外している間は何も効果はありません。時間が経ってしまえば、その矯正装置が合わなくなってしまう可能性もあるでしょう。そのようなことにならないために、外したときにはしっかりと専用のケースに保管する、決められた期間は守るということに気をつけていただきたいです。また、あまりに痛みが強い場合も外すことが可能ですが、やはりこちらも長時間外したままになってしまうと装置が合わなくなってきてしまうので注意が必要でしょう。いずれにしても、歯列矯正とは多少の痛みや違和感を伴うもの。歯医者さんの説明をしっかり受け、きちんと理解をした上で行っていくことが重要です。また床矯正は強い力が加わり続けることで、ワイヤーが折れてしまうということがあります。歯ぎしりがある、噛む合わせの力が強い、などの場合は適してないと言えます。床矯正を舌で動かしてしまうと壊れてしまう原因となるで、こちらも注意が必要ですね。あと注意しなければいけないのは、調整するためのネジを回し忘れてしまうということです。忘れてしまえばもちろん、矯正の効果はなくなってしまうでしょう。

使えるタイミングとは?

床矯正に最も適したタイミングは、前歯が永久歯に生え変わった時です。特に上下の、前歯の四本が生えそろった時が最も効果的なタイミングと言えるでしょう。前歯というのは一番歯並びの良し悪しがはっきりする場所です。この歯が生えてきたときに「おや?」と思うことも多いのではないのでしょうか。ただ、顎が狭くて歯が生えてこない場合があります。やはり、この場合にも顎を広げる矯正が必要となってくるので、その場合も歯医者さんに相談が必要です。永久歯への生え変わりが進みすぎると、床矯正は出来なくなってしまいます。そうなってしまうと床矯正のタイミングは完全に逃してしまったと言えるでしょう。また、すべてのケースに対応しているというわけではないので、床矯正プラス抜歯、またはワイヤー矯正という可能性も考えられます。それは歯医者さんの診察でしっかりと相談する必要がありますね。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション