矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 歯列矯正中の悩み・・・矯正器具で出来てしまう口内炎の対処法
-->
矯正歯科
2018.02.22

歯列矯正中の悩み・・・矯正器具で出来てしまう口内炎の対処法

はじめに

矯正器具を取り付けていると、さまざまな弊害に苦しむことがあるかもしれません。多く見られる悩みの一つに「矯正器具が原因で口内炎になった」と言うものが挙げられます。ひどい口内炎だと痛みで日常生活にも支障が出る可能性がありますよね。そこで、矯正器具による口内炎の対処法について解説します。


矯正器具による口内炎
矯正器具による口内炎

矯正器具が粘膜や舌に接触することでできる口内炎は「カタル性口内炎」に分類されます。カタル性口内炎は、物理的な接触によって引き起こされる口内炎であり、矯正器具以外にも入れ歯や歯の被せ物を原因としてカタル性口内炎が引き起こされることもあります。
矯正器具による口内炎は、特に「装置を初めて装着した時」や「矯正器具を調整、交換した時」に発生しやすいです。器具を口の中に装着し続けなければならないためリスクは避けられませんが、慣れてくると口内炎のリスクも下がる傾向にあります。

歯列矯正中の口内炎を予防するには?

慣れればリスクが下がるとは言え、取り付け時のリスクの高さや口内炎発生のリスクについてもやはり警戒したいところでしょう。歯列矯正による口内炎の発生リスクを下げる方法としては「ワックス」を使用するという方法があります。
このワックスは矯正治療用のものであり、みなさんが想像するようなワックスというよりも「粘土」に近いものです。この粘土状のワックスを矯正器具が粘膜に接触して口内炎を引き起こしている部分に使用します。これによって矯正器具と粘膜が直接接触することを防止して、口内炎への刺激の緩和と再発予防に役立ちます。
それではワックスの具体的な使用法について解説します。まずは、口の中と手をきれいにしておきます。準備ができたら、必要量(矯正器具の接触部分が十分に隠れる程度でOK)だけワックスをちぎって丸めます。次に、ワックスを使用する部分の水分をティッシュなどで取り除いておきます。矯正器具と、その周辺の水分も取り除いておきましょう。あとは、ワックスで覆いたい部分にワックスを軽く押し付け、矯正器具のでこぼこにワックスが入り込むくらいに押し付けて完了です。
矯正用ワックスは、市販されているものもありますが歯医者さんでも売っています。そのため、まずは治療を受けている歯医者さんに相談して、矯正用ワックスを購入するとよいでしょう。

歯医者ではどんな対処法があるの?
歯医者ではどんな対処法があるの?

第一の対策は矯正用ワックスを使用することですが、それだけでは十分に口内炎への対策ができないこともあります。そんなときは、やはり歯医者さんの力を借りるのが一番です。
歯医者さんでできることは、矯正器具を調整することです。患者さんの口の中の状態に合わせて、矯正器具を調整します。これでも改善しない場合は、矯正器具自体を見直す必要があるかもしれません。
症状次第で適用が異なるのですが、ワイヤー矯正とは異なる「マウスピース矯正」を利用するという方法です。マウスピース矯正は透明なマウスピースを装着することで歯の矯正を行います。金属製ではないので、接触によって口内炎が生じる心配はありません。取り外しもできるので利便性も高いのですが、ワイヤー矯正ほど歯を動かす力は無いので重度の不正咬合にはマウスピース矯正が適さない可能性があります。
本来であれば、多少の傷みは矯正治療につきものであると理解すべきではあります。しかし、矯正器具による口内炎が生活に悪影響を及ぼすレベルであれば、きちんと対処することが必要になるでしょう。

口内炎を悪化させないためには?

いくら対策しても、口内炎が発生すること自体は完全に無くすことは難しいでしょう。そのため、予防ではなく「悪化を防ぐ」という観点で口内炎と向き合ってみましょう。
まずは「口の中を清潔にしておく」ことです。これは矯正治療中において重要なことでもありますが、口の中をきれいにしておけば細菌の増殖を押さえて、口内炎が悪化するのを防ぐことができます。歯についても虫歯や歯周病の脅威から歯を守ることができます。
次に「免疫力を高める」ことです。疲労やストレスなどで免疫力が低下してしまうと口内炎が生じてしまいます。発生した部位によっては矯正器具と接触して症状が悪化することがあります。そうならないように、体の免疫力は高い状態をキープできるようにしてください。
最後は「薬を使用する」ことです。ドラッグストアなどで、口内炎用の薬が市販されています。最近は口内炎の薬と言ってもさまざまなタイプが有り、軟膏タイプやスプレータイプ、貼るタイプの薬もあります。矯正器具との接触を防ぐためにも、口内炎を覆ってしまう貼るタイプの薬を使ってみてはいかがでしょうか。
口内炎は、矯正器具を原因とせずに発生することもあります。すると口内炎のリスクが倍以上に膨れ上がることになります。そのため、無用なトラブルを増やさないためにも口内炎の原因になる「免疫」や「栄養」には十分注意してください。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション