矯正歯科 コラム
矯正歯科
2018.02.25

歯列矯正中は必須!歯のクリーニングの必要性

はじめに

歯列矯正を受けていると、何かと歯についてデリケートになってしまうものです。長い歯列矯正の矯正中、みなさんは「歯のクリーニング」についてきちんと考えることができるでしょうか。デリケートな歯をきちんと矯正するためには、歯のクリーニングが重要なのです。そこで、矯正中にどんな理由で歯のクリーニングが重要なのかということについて解説します。


矯正治療の方法によって異なる歯の清潔さの維持
矯正治療の方法によって異なる歯の清潔さの維持

矯正治療中であっても、歯磨きによって歯の清潔さを維持することは重要です。歯を動かしている最中ということで、特に歯と歯の間に食べかすが挟まりやすいため、この点にも注意して丁寧に歯磨きを続ける必要があります。ですが、歯列矯正の方法次第では、これが難しくなってしまうのです。矯正は大きく分けると「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」に分けられます。ワイヤー矯正は器具によって歯にワイヤーを固定し、ワイヤーの力によって矯正を行います。マウスピース矯正の場合は透明なマウスピースを装着することで少しずつ歯を動かします。
この2つの矯正器具の大きな違いとしては「取り外しの可否」です。ワイヤー矯正は、歯医者でなければ取り外すことができません。一方でマウスピース矯正の場合は患者さん自身で簡単に取り外すことができます。つまりマウスピース矯正の場合は歯磨きの時に取り外してきちんと歯が磨けるのに対して、ワイヤー矯正は器具を取り付けた状態で歯磨きをしなければなりません。もちろん、器具は歯磨きの邪魔になってしまいます。

ワイヤー矯正の歯磨きの難しさ

ワイヤー矯正の場合、器具を装着したまま歯磨きをしなければなりません。これがとにかく歯磨きをしづらくしてしまうのですが、だからと言って歯磨きを疎かにしてはいけません。もし歯磨きが疎かになってしまうと、せっかく矯正した歯の健康を損なうことになりかねないのです。ワイヤー矯正の器具を取り付けていることによって厄介なのは「矯正器具や歯との間に食べかすが残りやすい」ということです。特に矯正器具との間の食べかすは虫歯の原因になる可能性が高いです。もちろん歯磨きで取り除くことができれば良いのですが、矯正器具と歯の間は狭く、通常の歯ブラシではなかなかきれいな状態を維持できないのです。しかし、歯の清潔さを維持できなければ厄介なことになります。もし、ワイヤー矯正中に虫歯や歯周病になってしまった場合、矯正治療が完了するまでこれらを見つけても治療することができないのです。つまり矯正中に虫歯や歯周病になった場合、せっかく歯並びを整えたのに虫歯や歯周病にさらされてしまっているということになります。ワイヤー矯正は数年かけて行う事が多く、その間に虫歯や歯周病が進行してしまうのです。

歯医者で歯のクリーニングを受けよう!
歯医者で歯のクリーニングを受けよう!

普通に歯磨きするだけでは、矯正器具によって邪魔されている部分がきれいに磨けません。無理に力を入れて磨こうとしても、歯や歯茎、矯正器具を傷つけてしまうだけです。無理なことはせずに、ここはプロの手に任せてみてください。
矯正治療中は、定期的に器具の調整をしてもらうために歯医者に通院します。歯医者では、プロの手による歯のクリーニングを利用できます。器具の周囲に溜まってしまっている汚れも、歯医者であれば簡単に取り除くことができます。
ただし、だからといって歯磨きを怠ることはいけません。自宅での歯磨きが、歯の清潔と健康を守る基本的な方法です。とは言え普通の歯ブラシだけではなかなか矯正中の歯をきれいにすることは難しいです。そこで、「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」といった、狭いところをきれいにするグッズを活用することをお勧めします。もちろんこれらを使用しても完全に汚れを取り除くことは難しいので、自宅では最大限の努力をして、それでも残った汚れは歯医者でクリーニングを受けて取り除いてもらってください。

歯のクリーニングは矯正治療中だけで良い?

歯のクリーニングによって矯正治療中の歯の清潔さを維持できることは理解できたかと思います。では、矯正治療中でなければ歯医者で歯のクリーニングを受けなくて良いのかと言えば、それは大きな間違いです。
矯正治療中でなくても、きちんと歯磨きできていない可能性は高いのです。歯磨きが正しくできていないと、同じ箇所に磨き残しが発生しやすいです。蓄積してしまった汚れは「歯石」となり、通常の歯磨きでは取り除けないほど頑固な汚れになってしまうのです。
そのため、歯医者で歯のクリーニングを利用することによって、通常の歯磨きでは取り除けない硬くなってしまった歯石を除去してもらうことができます。また、正しい歯磨きの方法を知ることによって、自宅での歯磨きの効果を高めることができます。このように、矯正治療中でなくても歯の健康と清潔を守るために、歯医者で歯のクリーニングを受けることは重要な事なのです。