矯正歯科 コラム
トップページ > コラム > 矯正歯科 > 「子供のうちに治療しておけばよかった」早めの矯正治療のススメ
-->
矯正歯科
2018.03.7

「子供のうちに治療しておけばよかった」早めの矯正治療のススメ

はじめに

最近では、大人になってから歯列矯正を行う人も増えています。あるアルケート調査によると、大人になってから矯正を行った人の半数以上が「子供のころから自分の歯並びが気になっていた」けれど、実際に矯正はしなかったという回答が得られました。これには様々な理由が挙げられますが、子供のころから長い間ずっと歯並びにコンプレックスを感じながら生活をするのは望ましいことではないでしょう。今回は、早めに歯列矯正を行うメリットについてお話しいたします。


なぜ子供のころに治療しなかった?
見なぜ子供のころに治療しなかった?

上でお話ししたように、半数以上の人が長い間「歯並びが気になる」と思っていながら矯正をしなかった理由は何なのでしょうか?
最も多い答えは、「親に相談しなかった」または、「相談しても治療には至らなかった」というものです。言い出せなかった子供の気持ちを考えると、親の方から子供の歯並びを気にしてあげる必要があるのかもしれませんね。
一方、約4割の人は、治療したいとは思わなかったという回答でしたが、その理由として、「矯正装置が目立つ」「費用が高い」「治療の痛み」などが挙げられました。確かに、歯の表面に目立つワイヤーをつけて痛い思いをしながら矯正するぐらいなら治療はしたくないと思ってしまうのも理解できますね。

目立たない装置がある!

歯列矯正には様々な方法があり、目立たないで治療を行える方法もあります。子供の頃は、矯正といえば目立つものだと認識していた人も多いと思いますが、
歯の裏側に矯正器具をつける裏側矯正や、目立たないマウスピースを使用するマウスピース矯正なら気づかれにくいでしょう。このような方法は1970年代から90年代に普及したため、子供の頃には知らなかったという人も多いかもしれません。

もっと早く治療しておけばよかった!
もっと早く治療しておけばよかった!

大人になってから歯列矯正を行った人の7割以上の人が、「もっと早く治療をしておけばよかった」と感じているようです。この結果からも、多くの人が矯正後の歯並びに満足していると言えるでしょう。その理由としては、「歯磨きがしやすくなった」「食事がしやすくなった」ということに加え、「笑顔に自信が持てるようになった」「コンプレックスが解消された」ということが挙げられるようです。歯並びが整うといことは、精神的にもプラスに働くことがわかりますね。
自分の子供の歯並びが気になっていても、小さいうちから器具をつけて矯正させるのはかわいそうかな…と思ってしまうのが親心かもしれません。しかし、子供のうちに矯正治療を行うメリットは沢山あります。

見た目が綺麗になるだけじゃない!

子供のうちに歯並びを整えると、以下のようなメリットがあります。
■早く矯正が終了できる
骨がしっかり固まって固定されている大人の歯は、移動させるのに時間がかかってしまったり、やっと移動させても元に戻ってしまったりしてしまうことがあります。それに比べて、骨がまだ柔らかい子供のうちに行えば、矯正期間が短く済むことがあります。
■歯周病や虫歯になりにくくなる
歯並びが整っていると、歯磨きがしやすくなり磨き残しが少なくなります。
■全身に良い影響が期待できる
噛み合わせが良くなると、食事をしっかり噛んで食べることができ消化を助けることができます。また、しっかり噛みしめることができると運動するときにも力を発揮することができます。さらに、噛むことは脳の発達を助けることにも繋がります。
■話すこと、笑うことに自信が持てる
歯並びは発音にも大きく関係しているので、放っておくと滑舌が悪くなってしまいます。子供が自分の滑舌の悪さを気にして話すことが億劫になってしまうことは良くないでしょう。毎日笑顔で過ごせるように、また、自信を持って会話できるようにしてあげたいものですね。

子供の矯正で最適な時期は?

子供の歯を矯正する時期は、目安として永久歯に生え変わる時と永久歯が生えそろったタイミングで行うと良いでしょう。子供の歯は、個人差はありますが6歳前後に乳歯から永久歯に生え変わります。ちょうど乳歯と永久歯が混ざっているこの時期には、永久歯がすべて綺麗に生えてくることができるように顎の状態を調整しておきます。そして、永久歯が生えそろう12歳前後に、大人の矯正と同じような方法で歯を理想の位置へ移動させていきます。歯の状態によっては、顎を調整しただけで歯を動かす必要がなくなったり、顎の調整は行わない場合もあり、成長に適した方法で進めていきます。
また、乳歯のうちに歯医者さんで口内の様子を見てもらうこともよいでしょう。噛み合わせや舌の動かし方などをチェックしてもらっておくと安心です。
もちろん、この時期を過ぎてしまったからといって諦める必要はありません。歯医者さんに相談することで歯の状態にあった方法を見つけてもらえるはずです。歯列矯正は早めに行うことで得られるメリットが沢山あるのです。

<サイト運営会社>
株式会社デンタルプロモーション